Excelでデータを比較する方法

この記事には:2つの列を比較する2つのワークブックを並べて比較する2つのワークシートの違いを比較する

この記事では、同一ワークシート内の2つの列から異なる2つのExcelファイルに至るまで、Excelで異なるデータセットを比較する方法を紹介します。

1
2つの列を比較する

  1. 1
    空白の列のセルを選択して比較を開始する ワークシート内の2つの列を比較する場合は、比較結果を空白の列に出力するようにします。必ず、比較している2つの列のデータと同じ行から始めるようにしましょう。
    • 例えば、比較したい2つの列がA2とB2から始まっている場合は、最初にC2を選択しましょう。
  2. 2
    最初の行に比較式を入力する 以下のように、A2とB2を比較する式を入力します。比較する列のデータが異なるセルから始まる場合は、式中のセルの値を変えましょう。
    • =IF(A2=B2,"一致","不一致")
  3. 3
    セル右下隅の四角形(フィルハンドル)をダブルクリックする 前のステップで入力した式が以降のセルに適用されます。その際に、式中の値は各セルに合わせて自動的に調整されます。
  4. 4
    一致不一致確認する 一致不一致を見れば、2つのセルに同じデータが入っているかどうかを確認できます。この方法は、文字列、日付、数字、時刻などのデータの比較に適用できます。ただし、ローマ字の大文字と小文字の区別はないことに注意しましょう(「RED」と「red」は同一とみなされます)。[1]

2
2つのワークブックを並べて比較する

  1. 1
    比較したい最初のワークブック開く Excelの「並べて比較」機能を利用すれば、2つの異なるワークブック(Excelファイル)を同一画面に表示することができます。こうすることで、2つのワークシートを同時にスクロールすることもできるようになります。
  2. 2
    2つ目のワークブックを開く パソコンでは、2つのExcelファイルが開かれた状態になります。
  3. 3
    いずれかのワークブックで表示タブをクリックする
  4. 4
    並べて比較をクリックする  並べて比較は、リボン内の[ウィンドウ]の項目内にあります。これをクリックすると、2つのワークブックが同一画面上に上下に並べて表示されます。
  5. 5
    整列をクリックして並べ方を変更する
  6. 6
    左右に並べて表示を選択してOKをクリックする 一方のワークブックが左側、もう一方が右側に表示されます。
  7. 7
    一方のワークブックをスクロールし、もう一方もスクロールする 「並べて比較」機能を有効にすると、2つのワークブックでスクロールが同期します。これにより、2つのワークシートをスクロールしながら、簡単に見比べることができるようになります。
    • [表示]タブ内の[同時にスクロール]をクリックすれば、スクロールの同期を無効にすることができます。

3
2つのワークシートの違いを比較する

  1. 1
    比較したい2つのシートを含むワークブックを開く ここで紹介する比較式を利用するには、2つのシートが同一のワークブックに入っている必要があります。
  2. 2
    +ボタンをクリックして新しい空白のシートを作成する  +ボタンは画面一番下、開いているワークシートの右側にあります。
  3. 3
    新しいワークシートのセルA1にカーソルを合わせる
  4. 4
    比較式を入力する 前のステップで選択した新しいワークシートのセルA1に、以下の式を入力するかコピーして貼り付けましょう。
    • =IF(Sheet1!A1<> Sheet2!A1, "Sheet1:"&Sheet1!A1&" vs Sheet2:"&Sheet2!A1, "")
  5. 5
    セル右下隅の四角形(フィルハンドル)をクリックしてドラッグする
  6. 6
    フィルハンドルを下にドラッグする 選択した2つのワークシートのデータが入っている範囲までフィルハンドルを下にドラッグします。例えば、選択したワークシートの27行目までデータが入っている場合は、フィルハンドルを27行目までドラッグします。
  7. 7
    フィルハンドルを右にドラッグする フィルハンドルを下にドラッグした後は、選択した2つのワークシートのデータが入っている範囲までフィルハンドルを右にドラッグします。例えば、選択したワークシートのQ列までデータが入っている場合は、フィルハンドルをQ列までドラッグします。
  8. 8
    不一致のセルを確認する ここまでのステップで、新しいワークシートに渡ってフィルハンドルをドラッグしたら、選択した2つのワークシート間でデータの不一致があるセルが全て判明します。データの不一致があるセルには、そのセルに入っている1番目のワークシートのデータと2番目のワークシートのデータが表示されます。
    • 例えば、Sheet1のA1が「リンゴ」でSheet2のA1が「ミカン」である場合は、この比較式を利用すると、Sheet3のA1に「Sheet1:リンゴ vs Sheet2:ミカン」と表示されます。[2]

記事の情報

カテゴリ: オフィス

他言語版:

English: Compare Data in Excel, Español: comparar datos en Excel, Deutsch: Daten in Excel vergleichen, Português: Comparar Dados no Excel, Italiano: Confrontare i Dati con Excel, 中文: 在Excel中比较数据, Nederlands: Gegevens vergelijken in Excel, Русский: сравнивать данные в Excel, Français: comparer des données dans Excel, Bahasa Indonesia: Membandingkan Data di dalam Excel, ไทย: เปรียบเทียบข้อมูลใน Excel, العربية: مقارنة البيانات في برنامج مايكروسوفت اكسل, Tiếng Việt: So sánh dữ liệu trong Excel, 한국어: 엑셀에서 데이터 비교하는 방법

このページは 220 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?