PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

Microsoft Excelは情報の整理に最適なツールです。この記事では、基本的でありながら非常に役立つ機能であるデータをアルファベット順に並べ替える機能について紹介します。

方法 1 の 2:
アルファベット順に並べ替える

  1. 1
    見出し行のフォーマットを工夫する 見出し行は、列の見出しが記入されているワークシートの一番上の行です。ワークシートのデータが全てテキストデータである場合は特に、Excelが見出し行もデータの一部とみなして、一緒に並べ替えてしまうことがあります。これを防ぐには、以下の通りいくつかの方法があります。
    • 見出し行のフォーマットを工夫しましょう。例えば、テキストを太字にしたり、色を変えたりします。[1]
    • 見出し行に空白のセルがないことを確認しましょう。[2]
    • 以上の手段を試しても、まだうまく並べ替えることができない場合は、見出し行を選択し、画面一番上のリボンメニューを利用します。ホーム編集並び替えとフィルタユーザー設定の並び替え先頭行を見出しとして使用するの順にクリックしましょう。[3]
  2. 2
    アルファベット順に並べ替えたい列を選択する 並べたい列の見出し行をクリックするか、その上のアルファベット(A、B、C、Dなど)をクリックしましょう。
  3. 3
    [データ]タブを開く 画面一番上のメニューにある[データ]をクリックし、ワークシートの上のリボンメニューにデータオプションを表示します。
  4. 4
    [並べ替えとフィルター]の項目を探す リボンメニューは関連する項目ごとに区切られており、各区切りの下側に項目名が表示されています。[並べ替えとフィルター]という項目名を探しましょう。
    • データメニュー内に[並べ替えとフィルター]の項目が見当たらない場合は、[ホーム]タブに戻り、[編集]の項目内で[並べ替えとフィルター]を探しましょう。
  5. 5
    [A → Z]ボタンをクリックする アルファベット順に並べ替えるには、[並べ替えとフィルター]の項目にある[A → Z]ボタンをクリックするだけです。これにより、選択した列のデータがアルファベット順に並べ替えられます。ほとんどのバージョンのExcelでは、このボタンは[並べ替えとフィルター]の項目内の左上隅にあります。
    • アルファベットの逆順に並べ替えるには、代わりに[Z → A]ボタンをクリックしましょう。
    広告

方法 2 の 2:
ラストネームで並べ替える

  1. 1
    1つのセルにフルネームが入っている場合にこの方法を利用する 1つの列にフルネームが羅列されている場合は、そのままアルファベット順で並べ替えても、ファーストネームで並び替えられるだけです(※英語の名前はファーストネーム、ラストネームの順番であるため)。ここで紹介する方法を使えば、1つの列に入っているフルネームをファーストネームとラストネームの2つの列に分けることで、ラストネームで並び替えることができるようになります。[4]
  2. 2
    空白列を新しく挿入する フルネームが入っている列のすぐ右隣りに空白列を挿入しましょう。
  3. 3
    ファーストネームを抽出する関数を入力する 新しい列の一番上のセルに関数[ =LEFT(A1,FIND(" ",A1))]を入力しましょう。関数内の引用符(")の間には、半角スペースが入っていることに注意しましょう。この関数は、フルネームが入っている列を参照して、半角スペース前にある全てをコピーします。
    • 必要に応じて、関数内の参照列を表す「A」を両方とも、フルネームが入っている列の文字と置き換えましょう。
    • 関数内の参照行を表す「1」を両方とも、データを入力する行の数字に置き換えましょう。
  4. 4
    前のステップの関数を列全体にコピーする 新しい列の見出しをクリックして、先ほど入力した関数を列全体にコピー&ペーストしましょう。これにより、新しい列に全てのファーストネームが表示されます。
  5. 5
    ラストネーム用の列を作る ファーストームが入っている列の右に新しい列を挿入します。その列に以下の関数をコピー&ペーストしましょう。すると、新しい列にラストネームが表示されます。
    • =RIGHT(A1,LEN(A1)-FIND(" ",A1))
  6. 6
    ラストネームの列で並び替える 上で説明した方法で、ラストネームの列をアルファベット順に並び替えることができます。
    広告

ポイント

  • 画面一番上のリボンメニューが消えてしまった場合は、任意のタブをタブルクリックして再表示しましょう。[5]
  • この記事はExcel 2003以降のバージョン向けです。それ以前のバージョンのExcelを利用している場合は、記事中のメニュー項目の位置が異なる場合があります。
広告

関連記事

メモ帳をExcelに変換するメモ帳をExcelに変換する
Wordで文字を曲げるWordで文字を曲げる
Word文書をPowerPointに変換するWord文書をPowerPointに変換する
PowerPointをWordに変換するPowerPointをWordに変換する
Microsoft Officeを別のパソコンに移行するMicrosoft Officeを別のパソコンに移行する
ワードパッドで表をすばやく作成するワードパッドで表をすばやく作成する
ExcelでシートをリンクさせるExcelでシートをリンクさせる
2ページ目以降のヘッダーを削除する2ページ目以降のヘッダーを削除する
2つのExcelファイルを比較する2つのExcelファイルを比較する
タブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストするタブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストする
Excelで引き算をするExcelで引き算をする
Microsoft Outlookで不在時の自動応答を設定するMicrosoft Outlookで不在時の自動応答を設定する
ExcelをWordに変換するExcelをWordに変換する
PowerPointのファイルサイズを縮小するPowerPointのファイルサイズを縮小する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む15人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は3,762回アクセスされました。
カテゴリ: オフィス
このページは 3,762 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告