この記事では、Microsoft Excelでセル内に表示されるデータを短くする方法を紹介します。この方法を実践するには、はじめにデータ全体(短縮されていないデータ)をセルに入力しておく必要があります。

方法 1 の 3:
LEFT関数およびRIGHT関数を使って文字を切り出す

  1. 1
    Microsoft Excelを開く 既にデータを入力済みのファイルがある場合は、それをダブルクリックして開くことができます。さもなければ、この時点で新しいワークブックを開き、データを入力する必要があります。
  2. 2
    切り出す文字を表示したいセルを選択する この方法は、スプレッドシート内に入力済みの文字に対して活用できます。
    • ここで選択するセルは、切り出す文字が表示されているセルとは別のセルであることに注意しましょう。
  3. 3
    選択したセルにLEFT関数またはRIGHT関数を入力する LEFT関数およびRIGHT関数に記述する内容は同じですが、LEFT関数ではセル内の文字を左から表示し、RIGHT関数では右から表示するという違いがあります。LEFT関数は「=LEFT(セル名, 表示する文字数)」、RIGHT関数は「=RIGHT(セル名, 表示する文字数)」と記述します(「」は入力しません)。例えば、[1]
    • =LEFT(A3, 6)の場合は、選択したセルにセルA3の最初の6文字が表示されます。A3のセルに「Cats are better」と書かれている場合は、左から文字が切り出されて、選択したセルに「Cats a」と表示されます。
    • =RIGHT(B2, 5)の場合は、選択したセルにセルB2の最後の5文字が表示されます。B2のセルに「I love wikiHow」と書かれている場合は、右から6文字が文字が切り出されて、選択したセルに「kiHow」と表示されます。
    • 半角スペースも1文字として数えられることに注意しましょう。
  4. 4
    関数を記述し終えたらEnterを押す 選択したセルに、切り出された文字が自動的に表示されます。
    広告

方法 2 の 3:
MID関数を使って文字を切り出す

  1. 1
    切り出す文字を表示したいセルを選択する ここで選択するセルは、切り出す文字が表示されているセルとは別のセルでなければなりません。
    • まだExcelにデータを入力していない場合は、まずデータを入力する必要があります。
  2. 2
    選択したセルにMID関数を入力する MID関数は、選択したセルの文字の始めと終わりの部分を切り離します。MID関数は、「=MID(セル名, 開始位置, 表示する文字数)」と記述します(「」は入力しません)。例えば、
    • =MID(A1, 3, 3)の場合は、セルA1の左から3番目の文字を最初の文字として、3文字が表示されます。A1に「racecar」と入力されている場合は、そこから切り出されて選択したセルに表示される文字は「cec」です。
    • 同様に、=MID(B3, 4, 8)の場合は、セルB3の左から4番目の文字を最初の文字として、8文字が表示されます。B3に「bananas aren't people」と入力されている場合は、そこから切り出されて選択したセルに表示される文字は「anas are」です。
  3. 3
    関数を記述し終えたらEnterを押す 切り出された文字が選択したセルに表示されます。
    広告

方法 3 の 3:
文字を複数の列に分割する

  1. 1
    分割したい文字が入っているセルを選択する セルの幅よりも文字の数が多いセルを選択しましょう。
  2. 2
    データをクリックする [データ]はExcel画面一番上のツールバーにあります。
  3. 3
    区切り位置を選択する [区切り位置]はデータタブ内の[データツール]の項目欄にあります。
    • この機能によって、Excelのひとつのセルに入っているデータを複数の列に分割できます。
  4. 4
    スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータを選択する [区切り位置]をクリックすると、「区切り位置指定ウィザード - 1/3」という画面が開きます。この画面には、[カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドことに区切られたデータ]と[スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ] の2つのオプションがあります。 最初のオプションでは、タブやカンマなど文字があるところで各フィールド(セル内の各データ)が区切られます。データベースなどの他のアプリケーションからデータをインポートする場合は通常、これを選択します。2番目のオプションの[スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ]とは、フィールドが各フィールド間にあるスペースによって、列内で揃えられていることを意味します。
  5. 5
    次へをクリックする 画面に3つのオプションが表示されます。区切り線を作成したい場合は、テキストを区切りたい位置をクリックします。区切り線を削除したい場合は、その線をダブルクリックします。区切り線の調整をしたい場合は、その線をクリックし、データに合わせてドラッグします。
  6. 6
    次へをクリックする 画面に複数のオプション(「G/標準」、「文字列」、「日付」、「削除する」)が表示されます。セルを通常とは異なる形式に整える必要がなければ、このページは飛ばすことができます。
  7. 7
    完了をクリックする これで、テキストが2つ以上のセルに分割されます。
    広告

関連記事

How to

Wordで文字を曲げる

How to

Word文書をPowerPointに変換する

How to

メモ帳をExcelに変換する

How to

PowerPointをWordに変換する

How to

Microsoft Officeを別のパソコンに移行する

How to

PowerPointのファイルサイズを縮小する

How to

Excelでシートをリンクさせる

How to

Excelで引き算をする

How to

タブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストする

How to

2つのExcelファイルを比較する

How to

ワードパッドで表をすばやく作成する

How to

2ページ目以降のヘッダーを削除する

How to

Microsoft Outlookで不在時の自動応答を設定する

How to

ExcelをWordに変換する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。
カテゴリ: オフィス
このページは 200 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告