Excelで簡単なマクロを作成する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:マクロを有効にするマクロを記録するマクロを使用する

この記事では、Excelで簡単なマクロを作成する方法を紹介します。

パート 1
マクロを有効にする

  1. 1
    Excelを開きましょう。マクロを有効にする方法は、Excel 2010、2013、2016と同様です。MacのExcelでは少し違いがありますが、それについても説明をします。
  2. 2

    ファイルタブをクリックしましょう。

    • MacのExcelでは、「Excel」メニューをクリックします。
  3. 3

    オプションをクリックしましょう。

    • MacのExcelでは、「環境設定」メニューをクリックします。
  4. 4

    リボンのユーザー設定をクリックしましょう。

    • MacのExcelでは、「作成」の「リボンとツールバー」をクリックします。
  5. 5
    右側に表示されたリストの中の開発にチェックを入れましょう。
    • MacのExcelでは、「タブとグループタイトル」リストに「開発」があります。
  6. 6

    OKをクリックしましょう。開発タブがタブリストの一番端に追加されます。

パート 2
マクロを記録する

  1. 1
    マクロの一連の流れを確認しましょう。マクロを記録する時は、行ったクリックや操作が全て記録されます。そのため、たった1つの間違いで全てが台無しになってしまうこともあります。記録しようとしている操作を何度か確認すれば、失敗せず自信をもって記録を行えるでしょう。
  2. 2
    開発タブをクリックしましょう。
  3. 3

    マクロの記録をクリックしましょう。「マクロの記録」は、ツールバーの「コード」の中にあります。Alt+T+M+Rを押してマクロの記録を起動させることもできます(Windowsのみ)。

  4. 4
    マクロに名前をつけましょう。特に複数のマクロを作成する場合は、見つけやすい名前にしておきます。
    • マクロが実行する内容の詳細説明を追加することができます。
  5. 5

    ショートカットキー欄をクリックしましょう。マクロを簡単に実行するためのショートカットキーを設定します。これはオプション項目です。

  6. 6

    Shiftと文字キーを1つ押しましょう。この Ctrl+ Shift+1文字の組み合わせでマクロを実行します。

    • Macでは、 Opt+ Command+1文字の組み合わせです。
  7. 7

    マクロの保存先をクリックしましょう。

  8. 8
    マクロを保存したい場所をクリックしましょう。作成したマクロを現在のシートのみで使用する場合は、「作業中のブック」を選択します。他のシートでもマクロを使用したい場合は、「個人用マクロブック」を選択しましょう。
  9. 9

    OKをクリックしましょう。 マクロの記録が開始されます。

  10. 10
    記録したい操作を実行しましょう。実行した操作が記録され、マクロに追加されます。例えば、A2とB2のセルの合計をC7のセルに表示させた場合、今後このマクロを実行すると毎回A2とB2のセルの合計がC7のセルに表示されます。
    • マクロは複雑な内容にも対応し、他のOfficeソフトを起動することさえ可能です。マクロを記録している時は、Excel上で行った操作は全てマクロに追加されます。
  11. 11
    一連の操作が終わったら記録終了をクリックしましょう。 これにより、マクロの記録が終了し、保存されます。
  12. 12
    マクロ有効ファイル形式で保存しましょう。マクロを保持するため、ワークブックを特殊なマクロ有効ファイル形式で保存しましょう。
    • 「ファイル」をクリックし、「保存」を選択します
    • 「ファイル名」の下の「ファイルの保存形式」をクリックします。
    • 「マクロ有効ワークブック」をクリックします。

パート 3
マクロを使用する

  1. 1
    「マクロ有効ワークブック」を開きましょう。前回、マクロを実行せずにファイルを閉じてしまった場合は、編集を有効にするよう求められます。
  2. 2

    編集を有効にするをクリックしましょう。 マクロが有効になっているファイルを開くと、必ずExcelシートの上部に警告としてこのボタンが表示されます。自分自身のファイルなので信頼できますが、外部から入手したマクロ有効ファイルを開く時は用心しましょう。

  3. 3
    マクロを実行するショートカットキーを押しましょう。マクロを使用したい時、自分で設定したショートカットキーを使うとすぐにマクロを実行できます。
  4. 4
    開発タブのマクロをクリックしましょう。 現在のシートで使用できるマクロが全て表示されます。
  5. 5
    実行させたいマクロをクリックしましょう。
  6. 6

    実行をクリックしましょう。 選択中のセルまたは選択中の部分でマクロが実行されます。

  7. 7
    マクロのコードを確認しましょう。マクロのコードがどのように書かれているか知りたい場合は、作成したマクロのコードを表示し、加筆修正を加えることができます。
    • 開発タブの「マクロ」をクリックします。
    • 表示させたいマクロをクリックします。
    • 「編集」をクリックします。
    • 「Visual Basic Editor」でマクロのコードを確認します。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: オフィス

他言語版:

English: Write a Simple Macro in Microsoft Excel, Français: créer une simple macro dans Microsoft Excel, Italiano: Creare una Semplice Macro in Microsoft Excel, Español: crear una macro en Excel, Deutsch: Einfache Makros in Excel schreiben, Português: Escrever uma Macro Simples no Microsoft Excel, 中文: 在 Microsoft Excel 编写简单的宏, Русский: создать простой макрос в Microsoft Excel, Nederlands: Een eenvoudige macro in Excel schrijven, Bahasa Indonesia: Menulis Makro Sederhana di Microsoft Excel, العربية: كتابة وحدة ماكرو بسيطة في مايكروسوفت إكسل, ไทย: สร้าง Macro ง่ายๆ ใน Microsoft Excel, Tiếng Việt: Viết một macro đơn giản trong Microsoft Excel, हिन्दी: माइक्रोसॉफ्ट एक्सेल में सामान्य मैक्रो बनायें (Write a Simple Macro in Microsoft Excel), 한국어: 마이크로소프트 엑셀에서 간단한 매크로 작성하는 방법, Türkçe: Microsoft Excel'de Basit Bir Makro Nasıl Yazılır

このページは 297 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?