Excelで見出しを追加する方法

3 パート:行や列を固定して常に表示させる複数ページに見出し行を印刷するテーブルにヘッダーを作成する

Excelで見出しを作成するにはいくつかの方法があり、方法によって使用目的が少し異なります。見出しの行を固定すると、ページを下にスクロールしても画面上に常に見出しを表示させることができます。複数のページで同じ見出しを表示させたい場合は、特定の行や列を各ページに印刷するよう設定することができます。データがテーブルにまとめられていれば、見出しを使って簡単にデータの抽出ができるようになります。

パート 1
行や列を固定して常に表示させる

  1. 1
    「表示」タブをクリックする シートを下にスクロールしてもデータの行が常に見えるようにしたい場合は、行を固定しましょう。
    • 固定した行をすべてのページに印刷するよう設定することもできます。ワークシートが複数のページにまたがる場合、非常に便利な機能です。詳細な方法については、次のステップを確認しましょう。
  2. 2
    固定したい行や例の内側にあるセルを選択する Excelでは、行や列が常に表示されるよう、行や列を固定する設定を行うことができます。行や列を固定するには、固定しないエリアの角にあるセルを選択しましょう。
    • 例えば、1行目と1列目を画面上で固定したければ、B2のセルを選択しましょう。選択したセルよりも左側にある列と上にある行が固定表示されます。
  3. 3
    「ウィンドウ枠の固定」ボタンをクリックして、「ウィンドウ枠の固定」を選択する これで、選択したセルの上の行と左の列が固定表示されるようになります。例えば、B2のセルを選択すると、1行目と1列目が画面上で固定されます。
  4. 4
    見出し行に装飾を加える(任意) セルのテキストを中央寄せにする、太字にする、背景色を追加する、セルに下線を付けるなどの装飾を加え、固定した行を目立たせましょう。こうすることで、ワークシートのデータを読む時に、見出しに気付きやすくなります。

パート 2
複数ページに見出し行を印刷する

  1. 1
    「ページレイアウト」タブをクリックする ワークシートが複数のページにまたがっていて、印刷が必要な場合、全ページの先頭に印刷する行を設定することができます。
  2. 2
    「印刷タイトル」ボタンをクリックする 「印刷タイトル」ボタンは、「ページ設定」のセクションにあります。
  3. 3
    データを含むセルを印刷範囲として設定する 「印刷範囲」テキストボックスの横にあるボタンをクリックし、印刷したいデータがある範囲をドラッグして選択します。この範囲には、行や列見出しを含めないようにしましょう。
  4. 4
    「タイトル行」の横にあるボタンをクリックする ボタンをクリックすると、固定の見出しとして扱いたい行を選択できます。
  5. 5
    見出しにしたい行を選択する 選択した行が印刷される全ページの先頭に表示されます。複数ページにまたがる大きなワークシートの読みやすさを保つのに効果的です。
  6. 6
    「タイトル列」の横にあるボタンをクリックする ボタンをクリックすると、各ページで固定表示したい列を選択できます。ここで選択する列は、前のステップで選択した行と同じように、印刷される全ページに表示されます。
  7. 7
    ヘッダーまたはフッターを設定する(任意) 「ヘッダー/フッター」タブをクリックして、ヘッダーまたはフッターを印刷するページに設定しましょう。ページの上部に企業名や文書名を含めたり、ページの下部にページ番号を挿入したりできます。これにより、ワークシートのページを整理しやすくなります。
  8. 8
    ワークシートを印刷する 設定が完了したので、ワークシートを印刷することができます。列や行見出しを設定したデータや「ページ設定」ウィンドウで選択したセルが印刷されます。[1]

パート 3
テーブルにヘッダーを作成する

  1. 1
    テーブルに変換したいデータを選択する データをテーブルに変換すると、テーブルを使ってデータを操作できます。テーブルの特徴の1つは、見出し行を設定できることです。ここでの見出しは、ワークシートの見出しや印刷される見出しとは異なるものであることに注意しましょう。
  2. 2
    「挿入」タブをクリックして、「テーブル」ボタンをクリックする 正しい範囲を選択していることを確認しましょう。
  3. 3
    「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」ボックスにチェックを入れて、「OK」をクリックする これにより、選択したデータでテーブルが作成されます。選択範囲の先頭行が自動的に見出し行に変換されます。
    • 「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」を選択しなかった場合、既定の名前で見出し行が作成されます。セルを選択すると、見出しの名前を編集できます。
  4. 4
    見出しのオンとオフを切り替える 「デザイン」タブをクリックして、「見出し行」ボックスにチェックを入れたり、外したりして、見出し行の表示と非表示を切り替えましょう。「見出し行」ボックスは、「デザイン」タブの「テーブルスタイルのオプション」セクションにあります。[2]

ポイント

  • 「ウィンドウ枠の固定」は、一度設定すると「ウィンドウ枠固定の解除」に変わります。よって、行および列が既に固定されている場合は、同じオプションを再びクリックして、現在の設定を解除します。「ウィンドウ枠の固定」を再度クリックすると、新しい位置でセルを固定します。
  • 「ウィンドウ枠の固定」オプションを使用する際に生じるエラーの多くは、見出し行のすぐ下ではなく、見出し行そのものを選択してしまうことによって起こります。想定していない結果になった場合は、「ウィンドウ枠の固定」オプションを解除し、1行下の行を選択して、再度「ウィンドウ枠の固定」オプションを選択してみましょう。

記事の情報

カテゴリ: パソコン・電子機器

他言語版:

English: Add Header Row in Excel, Español: añadir un encabezado en Excel, Português: Adicionar uma Linha de Cabeçalho no Excel, Deutsch: Eine Kopfzeile in Excel einfügen, Italiano: Aggiungere una Riga di Intestazione in Excel, 中文: 在Excel中添加标题行, Nederlands: Vaste rijen en kolommen maken in Excel, Русский: добавить строку с заголовками в Excel, Français: ajouter une ligne de titres sous Excel, Bahasa Indonesia: Menambahkan Baris Header dalam Excel, العربية: إضافة صف ترويسة في إكسل, ไทย: ใส่ Header ในโปรแกรม Excel, Tiếng Việt: Chèn dòng tiêu đề trong Excel, हिन्दी: एक्सेल में हेडर रो (Header Row) जोड़ें

このページは 282 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?