PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、Microsoft Excelで非表示になっている列を表示する方法を紹介します。この方法は、Windows版のExcelでもMac版のExcelでも利用できます。

ステップ

  1. 1
    Excelファイルを開く Excelファイルをダブルクリックするか、Excelのアイコンをダブルクリックしてホーム画面からファイル名を選択しましょう。これによって、列が非表示になっているExcelファイルが開きます。
  2. 2
    非表示になっている列の両側の列を選択する  Shiftキーを押しながら、列の上にあるアルファベットをクリックします。非表示になっている列の左側の列のアルファベットをクリックしてから、右側の列のアルファベットをクリックしましょう。正しく選択できれば、選択した列がハイライト表示されます。
    • 例えば、列Bが非表示になっている場合は、 Shiftキーを押しながら列Aをクリックし、続いて列Cをクリックします。
    • Aを再表示したい場合は、関数バー左側にある[名前ボックス]に[A1]と入力して列を選択します。
  3. 3
    ホームタブをクリックする [ホーム]タブはExcel画面の左上、緑色のリボンの下にあります。これをクリックすると、緑色のリボンの下にホームツールバーが表示されます。
  4. 4
    書式をクリックする [書式]は、ホームツールバー右端にある[セル]のセクションにあります。これをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。[1]
  5. 5
    非表示/再表示を選択する [非表示/再表示]オプションは、[書式]のドロップダウンメニュー内、[表示設定]の項目名の下にあります。これを選択すると、ポップアップメニューが表示されます。
  6. 6
    列の再表示をクリックする [列の再表示]は、非表示/再表示メニューの一番下の方にあります。 これをクリックすると、選択した2つの列の間にある列が直ちに再表示されます。
    広告

ポイント

  • 再表示の操作をしても表示されない列がある場合は、列の幅が0または小さな値に設定されている可能性があります。列の幅を広げるには、右隣りの列との境界にカーソルを合わせて、列をドラッグして幅を広げます。
  • ワークシート上で非表示になっている全ての列を再表示したい場合は、列Aの左、行1の上にある[全選択ボタン](黒い長方形のボタン)をクリックします。続いて、この記事に記載の操作を行って、選択した列を再表示しましょう。
広告

関連記事

メモ帳をExcelに変換するメモ帳をExcelに変換する
Wordで文字を曲げるWordで文字を曲げる
Word文書をPowerPointに変換するWord文書をPowerPointに変換する
PowerPointをWordに変換するPowerPointをWordに変換する
Microsoft Officeを別のパソコンに移行するMicrosoft Officeを別のパソコンに移行する
ワードパッドで表をすばやく作成するワードパッドで表をすばやく作成する
ExcelでシートをリンクさせるExcelでシートをリンクさせる
2ページ目以降のヘッダーを削除する2ページ目以降のヘッダーを削除する
2つのExcelファイルを比較する2つのExcelファイルを比較する
タブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストするタブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストする
Excelで引き算をするExcelで引き算をする
Microsoft Outlookで不在時の自動応答を設定するMicrosoft Outlookで不在時の自動応答を設定する
ExcelをWordに変換するExcelをWordに変換する
PowerPointのファイルサイズを縮小するPowerPointのファイルサイズを縮小する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 この記事は1,112回アクセスされました。
カテゴリ: オフィス
このページは 1,112 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告