この記事では、Microsoft Excelのワークシートで非表示になっている行(1行または複数の行)を表示する方法を紹介します。

方法 1 の 3:
非表示になっている全ての行を表示する

  1. 1
    Excelファイルを開く 使用したいExcelファイルをダブルクリックして開きます。
  2. 2
    [全選択]ボタンをクリックする 全選択ボタンは、ワークシートの左上隅(行1のすぐ上、列Aのすぐ左)にある三角形のボタンです。これをクリックすると、ワークシート全体が選択されます。
    • 任意のセルをクリックして、Ctrl+A(Windows)または Command+A (Mac)を押してもワークシート全体を選択できます。
  3. 3
    ホームタブをクリックする [ホーム]タブはExcelの画面一番上にある緑色のリボンのすぐ下にあります。
    • 既に[ホーム]タブが表示されている場合は、このステップを飛ばしましょう。
  4. 4
    書式をクリックする [書式]オプションは、Excelの画面右上にあるツールバーの[セル]のセクションにあります。これをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  5. 5
    非表示/再表示を選択する [非表示/再表示]オプションは[書式]のドロップダウンメニュー内にあります。これを選択すると、ポップアップメニューが表示されます。
  6. 6
    行の再表示をクリックする [行の再表示]はポップアップメニュー内にあります。これをクリックすると、ワークシート内で非表示になっている全ての行が直ちに表示されます。
    • Ctrl+S(Windows)または Command+S(Mac)を押せば、変更を保存することができます。
    広告

方法 2 の 3:
特定の行を再表示する

  1. 1
    Excelファイルを開く 使用したいExcelファイルをダブルクリックして開きます。
  2. 2
    非表示になっている行を探す 下にスクロールしながらワークシート左側の行の数字を確認します。数字が飛んでいる箇所がある場合は、飛んでいる箇所の間の行が非表示になっています(例:行23が行25のすぐ上にある場合は、行24が非表示になっています)。飛んでいる箇所の2つの数字の間には二重線が表示されます。[1]
  3. 3
    2つの数字の間の隙間を右クリックする これにより、ドロップダウンメニューが表示されます。
    • 例えば、行24が非表示になっている場合は、行23と行25の間の隙間を右クリックします。
    • Macでは、Controlを押しながらこの隙間をクリックすれば、ドロップダウンメニューを表示できます。
  4. 4
    再表示をクリックする [再表示]はドロップダウンメニュー内にあります。これにより、非表示になっている行が表示されます。
    • Ctrl+S(Windows)または Command+S(Mac)を押せば、変更を保存することができます。
  5. 5
    ある範囲内の複数の行を再表示する 複数の行が非表示になっていることに気づいた場合は、以下の操作によって、それらの行全てを再表示することができます。
    • Ctrl(Windows)または Command(Mac)を長押ししながら、非表示になっている行の上および下にある行の数字をクリックする
    • 選択した行の数字のうちのひとつを右クリックする
    • ドロップダウンメニュー内で[再表示]をクリックする
    広告

方法 3 の 3:
行の高さを調整する

  1. 1
    行の高さを調整する必要がある場合を理解する 行を見えなくする方法のひとつに、隠したい行の高さを低くして見えなくする方法があります。この方法によって隠れている行は、ワークシートの全ての行の高さを14.4(初期値)に戻すことで表示することができます。
  2. 2
    Excelファイルを開く 使用したいExcelファイルをダブルクリックして開きます。
  3. 3
    [全選択]ボタンをクリックする 全選択ボタンは、ワークシートの左上隅(行1のすぐ上、列Aのすぐ左)にある三角形のボタンです。これをクリックすると、ワークシート全体が選択されます。
    • 任意のセルをクリックして、Ctrl+A(Windows)または Command+A (Mac)を押してもワークシート全体を選択できます。
  4. 4
    ホームタブをクリックする [ホーム]タブはExcelの画面一番上にある緑色のリボンのすぐ下にあります。
    • 既に[ホーム]タブが表示されている場合は、このステップを飛ばしましょう。
  5. 5
    書式をクリックする [書式]オプションは、Excelの画面右上にあるツールバーの[セル]のセクションにあります。これをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  6. 6
    行の高さ…をクリックする [行の高さ]はドロップダウンメニュー内にあります。これをクリックすると、ポップアップ画面が開いて空白のテキスト入力欄が表示されます。
  7. 7
    行の高さの初期値を入力する ポップアップ画面のテキスト入力欄に14.4と入力しましょう。
  8. 8
    OKをクリックする ワークシートの全ての行に変更が適用されます。したがって、高さが低いために「見えなくなっていた」行が見えるようになります。
    • Ctrl+S(Windows)または Command+S(Mac)を押せば、変更を保存することができます。
    広告

関連記事

How to

XMLファイルを開く

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

EMLファイルを開く

How to

JPGをPDFに変換する

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

DVDプレーヤーを接続する

How to

キズの付いたCDを修復する

How to

Minecraftでアイアンゴーレムを作る

How to

ワイヤレスマウスを接続する

How to

winmail.datを開く

How to

2台のパソコンを接続する

How to

Word文書をJPEGに変換する

How to

AndroidでSMSを別の端末に移行する

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。
このページは 819 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告