Excelのシートからデータベースを作成する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:Microsoft Accessを使うサードパーティ製のデータベースソフトウェアを使う

このwikiHowでは、Microsoft Excelのスプレッドシートのデータを使ってデータベースを作成する方法をご紹介します。データベースは、Microsoftのデータベース管理ソフトウェアであるAccessに直接インポートするか、Excelのデータをほとんどのデータベースソフトウェアで動作するフォーマットにエクスポートして作成します。Microsoft Accessは、Microsoft Officeスイートに含まれるソフトウェアで、販売されているのは、Windows版のみです。

1
Microsoft Accessを使う

  1. 1
    Microsoft Accessを開く A」と書かれた赤いアイコンがAccessです。Accessを開くと、テンプレートページが開きます。
    • Accessは、Excelと一緒に使用するように設計されており、Microsoft Office Professionalに同梱されています。対応OSは、Windowsのみです。
  2. 2
    ウィンドウの左上にある 空のデータベース をクリックする
    • 別のテンプレートを使用してAccessデータベースを作成したい場合は、使用したいテンプレートを選択しましょう。
  3. 3
    確認画面が表示されたら 作成 をクリックする 作成 ボタンは、ポップアップウィンドウの右下にあります。ボタンをクリックすると、Accessデータベースが開きます。
  4. 4
    Accessウィンドウ上部のメニューバーにある 外部データ タブをクリックする
  5. 5
    「外部データ」ツールバーの左端にある 新しいデータソース をクリックする クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  6. 6
    ドロップダウンメニューの中の ファイルから を選択する ファイルから を選択すると、ポップアウトメニューが表示されます。
  7. 7
    ポップアウトメニューの中の Excel をクリックする クリックすると、インポートウィンドウが開きます。
  8. 8
    ウィンドウの右上にある ブラウズ をクリックする
  9. 9
    Excelスプレッドシートを選択する Excelスプレッドシートを保存しているフォルダに移動し、開きたいExcelスプレッドシートをクリックします。
  10. 10
    ウィンドウの右下にある 開く をクリックする
  11. 11
    データの転送方法を指定する 以下のいずれかのオプションの左側にあるラジオボタンをクリックしましょう。
    • 現在のデータベースの新しいテーブルにソースデータをインポートする - 新しいデータベースにテーブルがない場合、または既存のデータベースに新しいテーブルを追加したい場合は、このオプションを選びましょう。新しいテーブルを作成すると、Accessでデータソースの編集ができます。
    • レコードのコピーを次のテーブルに追加する - 既存のデータベースを使用していて、データベースの中のテーブルにデータを追加したい場合は、このオプションを選びましょう。既存のテーブルに追加すると、Accessでデータソースの編集ができます。
    • リンクテーブルを作成してソースデータにリンクする - このオプションを選ぶと、データベース上にハイパーリンクが作成され、ExcelでExcelデータベースが開きます。この方法を選択した場合、Accessでデータソースを編集することはできません。
  12. 12
    ウィンドウの下部にある OK をクリックする
  13. 13
    シートを選択する ウィンドウの上部で、選択したExcelドキュメントからインポートしたいシートの名前をクリックしましょう。
    • Excelでは、デフォルトで「シート1」「シート2」「シート3」という名前の3つのシートがワークブックに作成されます。3つすべてのシートにデータがある場合、一度にインポートできるシートは1つのみで、1シートのインポートが完了したら、「外部データ」タブに戻り、残りのシートについて同じ手順を繰り返さなくてはなりません。
    • Excelでは、シートを削除したり、追加したり名前を編集することができ、行なった変更内容は、Accessのデータベースに表示されます。
  14. 14
    ウィンドウの右下にある 次へ をクリックする
  15. 15
    見出し行を有効にする Excelのシートの1行目(「A」列など)に列見出しがある場合は、「先頭行をフィールド名として使う」ボックスにチェックを入れます。
    • Access上で新たな列見出しを作成したい場合は、チェックボックスのチェックを外しましょう。
  16. 16
    次へ をクリックする
  17. 17
    必要に応じて、スプレッドシートのカラムやフィールドを編集する スプレッドシートから変更を加えずにすべてのフィールドをインポートしたければ、この手順はスキップして先に進みましょう。
    • フィールドを変更するには、変更したい列見出しをクリックして、フィールド名、データ型、インデックスの有無を変更します。
    • インポートしたくないフィールドであれば、「このフィールドをインポートしない」ボックスにチェックを入れましょう。
  18. 18
    次へ をクリックする
  19. 19
    データベースの主キーを設定する 適当な主キーを設定するには、デフォルトのまま、Accessが自動的にキーを設定するようにしましょう。
    • 「次のフィールドを主キーに設定する」を選択し、このオプションの横にあるテキストボックスにフィールド名を入力して自分で主キーを自分で設定するか、「主キーを設定しない」を選ぶことも可能です(推奨されていません)。
  20. 20
    次へ をクリックする
  21. 21
    名前を追加する 「インポート先テーブル」テキストボックスにシートの名前を入力しましょう。
    • データベースのデフォルト名のままにしておく場合、この手順はスキップします。
  22. 22
    ウィンドウの右下にある 完了 をクリックする
  23. 23
    ウィンドウの右下にある 閉じる をクリックする 閉じる をクリックすると、インポートウィンドウが閉じ、データベースが作成されます。
    • Accessにデータベースのインポート操作を保存しておきたい場合は、「インポート操作の保存」ボックスをチェックして、ウィンドウを閉じましょう。

2
サードパーティ製のデータベースソフトウェアを使う

  1. 1
    Excelドキュメントを開く データベースに変換したいExcelドキュメントをダブルクリックしましょう。
    • ドキュメントをまだ作成していない場合は、Excelを開き、「空のワークブック」をクリックします。そして、次の手順に進む前にドキュメントを作成しましょう。
  2. 2
    ファイル をクリックする ファイルは、Excelウィンドウの一番上(Windowsの場合)、または画面の一番上(Macの場合)にあるメニューバーにあります。
  3. 3
    「ファイル」メニューの中の 名前を付けて保存 をクリックする
  4. 4
    ページの真ん中にある このPC をダブルクリックする 
    • Macでは、この手順をスキップします。
  5. 5
    ファイル形式を選択する 「ファイルの種類」(Windowsの場合)または「ファイル形式」(Macの場合)ドロップダウンボックスをクリックして、次のいずれかを選択しましょう。
    • コンピュータベースのデータベースアプリケーションを使用している場合は、「.CSV(カンマ区切りのテキストデータ)」形式をクリックしましょう。
    • Webベースのデータベースアプリケーションを使用している場合は、「.XML」形式をクリックしましょう。
      • ExcelドキュメントにXMLデータが含まれていない場合、XMLを選択することはできません。
  6. 6
    ウィンドウの下部にある 保存 をクリックする 保存 をクリックすると、指定した設定を使ってドキュメントが保存されます。
  7. 7
    使用しているアプリケーションで新しいデータベースを作成する この手順は、使用しているアプリケーションによって異なりますが、たいていは、アプリケーションを開き、「新規」(または「ファイル」 > 「新規」)をクリックして、画面上の指示に従います。
  8. 8
    インポート… ボタンの場所を確認する ファイル」オプションをクリックすると、インポート… ボタンが表示されることがよくありますが、データベースアプリケーションによって異なる可能性があります。
  9. 9
    Excelファイルを選択する Excelからエクスポートしたファイルの場所を確認して、ダブルクリックしましょう。
  10. 10
    データベースアプリの画面上の指示に従ってデータをインポートする
  11. 11
    データベースを保存する たいてい、Ctrl+S(Windowsの場合)または Command+S(Macの場合)を押すと、「保存」メニューが開きます。

ポイント

  • データベースを作成できる無料のオンラインデータベースのサイトが複数ありますが、ほとんどのサービスでは、アカウント登録が必要です。

注意事項

  • Excelデータは、想定通りきちんとデータベースに転送されない時があります。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: オフィス

他言語版:

English: Create a Database from an Excel Spreadsheet, Español: crear una base de datos a partir de una hoja de cálculo de Excel, Deutsch: Eine Datenbank aus einem Excel Arbeitsblatt erstellen, Português: Criar um Banco de Dados a Partir de uma Planilha do Excel, Italiano: Creare un Database da un Foglio di Calcolo di Excel, Français: créer une base de données à partir d'une feuille de calcul d'Excel, Русский: создать базу данных из электронной таблицы Excel, 中文: 创建一个Excel电子表格数据库, Bahasa Indonesia: Membuat Basis Data Dari Lembar Kerja Excel, Nederlands: Een database maken van een Excel spreadsheet, ไทย: สร้างฐานข้อมูลจาก spreadsheet ของ Excel, العربية: إنشاء قاعدة بيانات من جدول بيانات إكسل, Tiếng Việt: Tạo cơ sở dữ liệu từ bảng tính Excel, हिन्दी: एक्सेल स्प्रेडशीट से डेटाबेस तैयार करें (Create a Database from an Excel Spreadsheet), Türkçe: Excel Tablosundan Bir Veritabanı Nasıl Oluşturulur

このページは 667 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?