F1は競争の激しいモータースポーツで、ドライバーになるには才能、そして貪欲に成功を目指す姿勢が不可欠です。夢のような職業に映る一方で、プロのレースドライバーになり、さらにF1という大舞台に参加するには何年も経験を積むだけでなく、多額の資金が不可欠となります。F1ドライバーになる方法が分かれば、リスクや魅力を比較したうえで挑戦すべきかどうかの判断を下すことができるでしょう。

方法 1 の 4:
運転できるようになる

  1. 1
    レーシングスクールに通う レーシングスクールがF1ドライバーになる最短方法です。ある程度年齢が上のレース未経験者に適しています。レーシングスクールでは、実際のフォーミュラカーが授業に用いられるほか、レーシング走行の基本についても学ぶことができます。こうしたクラスは、たった数時間でも多額の受講料がかかることもありますが、より大きな投資をする前にF1に関するある程度の知識を身につける方法としては、最も良心的な選択肢と言えるでしょう。[1]
    • レーシングスクールに参加するには、一般の運転免許が必要になります。また、未成年の場合は両親の承諾が必要になるでしょう。
    • マニュアル車の運転ができることが大前提です。
  2. 2
    レーシングプログラムに参加する こうしたプログラムは1~2週間かけて行われ、技術を向上させるための、より上級向きのクラスにあたります。F1ドライバーになることを目標としているのであれば、ライセンスを発給する機関認定のプログラムに参加する方法を模索しましょう。
  3. 3
    ライセンスを取得する レーシングスクールで課されているコースを完了すると、モータースポーツのライセンス発給機関に推薦状が送付されます。これによって、レーシングスクールが開催するレースに登録して参加する権利が得られます。[2]
  4. 4
    スクールが主催するアマチュアレースに参加する こうした初級向けのレースは、アマチュアのドライバーが技術を披露し将来のスポンサーを探す重要な機会となります。スクールによっては独自のレース大会を開催しています。中にはイベントのためにレーシングカーを提供する学校もあります。こうした大会で勝つことで奨学金やレースポイントを集め、次の階級(ランク)に進めるようになります。
    広告

方法 2 の 4:
階級を上げる

  1. 1
    カートレースに参加する カートレースは、例えば年齢が足らず免許をまだ取得することができない人にとって理想的なモータースポーツへの入口と言えるでしょう。現在活躍しているF1トップドライバーのほとんどが、カートレースから始めています。レーシングカートは高額なので、近隣にあるカート用サーキットで試しに挑戦してみましょう。[3]
  2. 2
    カートライセンスを取得する ライセンス発給機関によっては、レースに参加することで技術を向上させることができるよう、申請する初級者全員に初級カートライセンスを発給する場合もあります。より技術が求められるレースに参加できるようになるには、さらに高い階級のライセンスを取得しなければなりません。認定スクールでの試験に受かる、あるいは現在の階級で充分な技量を披露する、といった条件を満たさなければ進むことができないこともあります。[4]
  3. 3
    カートを購入する レースに参加するのであればカート本体が必要になります。レースの階級によって仕様に差異があるので、レーシングカーに乗れるようになるまでカートを複数台レンタルしたり購入する必要があるでしょう。[5]
  4. 4
    レースに登録する レースで良い成績を修めることが階級を上げていくことにつながります。成績が良いほど、昇級の時期も早まるでしょう。F1を目指しているのであれば、できる限り沢山のレースに参加し、昇級の機会を常に探すようにしましょう。
    広告

方法 3 の 4:
F1ライセンスを取得する

  1. 1
    2年間ジュニアシングルシーターに参加する F1ドライバーになるには、F1に似たレーシングカーで走行経験を積まなければなりません。F1に到達するために様々な経路がある中で、ジュニアシングルシーター参戦は必ず必要になります。[6]
  2. 2
    18歳になる F1ドライバーは18歳以上のライセンス保有者でなければなることはできません。若いドライバーでもF1に参戦できるだけの技術があると評価されることはもちろんありますが、年齢制限を満たさなければ実際に参加することはできません。年齢が満たない人はジュニアシングルシーターのレースに積極的に参加して経験を積み、ポイントを集めましょう。[7]
  3. 3
    40レースポイントを集める レースポイントは、ジュニアシングルシーターにおける成績や順位をもとに与えられます。3年間で40ポイント集めることができると、F1参戦に不可欠なライセンスを取得する資格を得ることができます。[8]
  4. 4
    F1マシンで累積300時間走行する レース用ライセンスを獲得するには、実際のF1マシンで充分な走行経験を積まなければなりません。こうした走行時間は練習走行、あるいはメーカーのテストドライバーとして走行することで蓄積されていきます。
    広告

方法 4 の 4:
F1に参戦する

  1. 1
    F1チームからのオファーを受ける アマチュアドライバーとして優秀な成績を修めると、既存のチームのオーナーからオファーを受けるかもしれません。こうしたチームは自動車メーカーが親会社となっていることが多く、スポンサーとして費用も負担しています。チームとの契約は一般的にシーズンごとに更新されます。[9]
  2. 2
    スポンサーを見つける F1ドライバーのほとんどが、レース以外の活動を支えるスポンサーと契約を結んでいます。スポンサーを見つけるには、レースで良い成績を修めるだけでなく、ファンや一般市民から好意的に見られていることが大切です。また、スポンサーのためにイベントや写真撮影に参加するといった義務が伴うこともあります。モータースポーツは非常にお金がかかるため、レース以外の収入源もできる限り確保しなければなりません。[10]
  3. 3
    持参金付きで「ペイドライバー」になる ペイドライバーとしてチームに参加するという方法も、F1を含む様々な階級のモータスポーツで見受けられます。この方法をとる場合、レース費用をチームに負担してもらうのではなく、ドライバー自らがスポンサー資金や自己資金を持参してチームに参加し、レース活動費に充てることになります。大半の新人F1ドライバーには難しい方法ではあるものの、潤沢な資金があるのであれば試してみる価値はあるでしょう。[11]
    広告

ポイント

  1. 洗練されたイメージを確立すると、ドライバーとしてのキャリア形成や、スポンサーから資金獲得といった点で有利になります。

広告

注意事項

  1. モータースポーツは非常にお金がかかります。F1に到達するまで多額の資金が必要になるということを覚悟して始めましょう。
  2. モータースポーツは怪我や衝突の危険が常に伴います。プロになることを目指す前に、こうした側面についてもよく考えてみましょう。
広告

関連記事

How to

スケボーでオーリーを習得する

How to

バーピーをする

How to

逆立ちする

How to

ドライバーショットを真っ直ぐ飛ばす

How to

ボウリングのスコアを上げる

How to

バキュームエクササイズで腹筋を鍛える

How to

インラインスケートをする

How to

菱形筋を伸ばす

How to

陸上競技大会のために準備する

How to

サッカーのオフサイドを理解する

How to

卓球を始める

How to

コントーショニストになる

How to

ランニングを始める

How to

サーフィンを始める
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 自動車 | スポーツ
このページは 576 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告