PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

Facebook上の友達から、投稿の閲覧を一部制限されていないでしょうか。確認してみましょう。「制限」と「ブロック」は違います。制限リストに入れられたユーザーは、ブロックリストに入れられた場合と違い、Facebook利用者でないすべての人に公開された公開設定の投稿や、共通の友達のページ上の投稿を見ることができます。

ステップ

  1. 1
    友達のプロフィールページにアクセスする 制限リストに入れられているかを直接聞くのがはばかられる場合は、プロフィールページにアクセスしてみるのがよい方法です。
  2. 2
    プロフィールのトップページの空白スペースを探してみる この空白スペースは、たいてい友達のみ閲覧可の投稿と、公開設定の投稿の途切れ目を表しています。もし制限リストに入れられていたら、友達のみ閲覧可の投稿が見られずに、空白スペースのみが見えるでしょう。[1]
    • 公開設定の投稿がなされたタイミングによっては、制限リストに入れられていても空白スペースが確認できない場合があります。
  3. 3
    すべての投稿が公開設定であるかどうかを確認する 公開設定の投稿は、空白スペースの下にあります。投稿日時の表示の右に公開設定を表す地球のマークがあれば、友達のみ閲覧可の投稿ではないということです。
    • これは、ユーザーがあなたを制限リストに入れているということではなく、公開設定のみの投稿を行っているという可能性もあります。
  4. 4
    急に投稿が見られなくなる もし、以前には見ることができた写真などのコンテンツが急に見られなくなった場合は、制限リストに入れられた可能性があります。
    • ユーザーが投稿を削除したという可能性もあります。
  5. 5
    共通の友達に、あなたの友達のタイムラインを見てみるように頼む もし友達のみ閲覧可の投稿や写真が見られなくなっても、友達はただ古い情報を削除したか、アカウントをロックし、あなただけではなくFacebook上のすべての友人の閲覧を制限し、プライバシーを保護したのかもしれません。それを確かめるために、友達のタイムラインを共通の友達に見てもらい、あなたが見られない投稿を見ることができるか確認してもらうことができます。
    • その友達が最近なにも投稿していないように見える場合は、共通の友達にその友達が最近Facebookに投稿したかをただ聞くだけで、簡単に確認ができるでしょう。
  6. 6
    制限リストにいれたかどうか聞いてみる 制限リストの設定メニューはカスタムリストの近くにあるので、間違って制限リストに入れてしまったという可能性もあります。
    広告

ポイント

  • もしFacebookから利用制限をかけられている場合、アカウントにログインできなくなります。もし何かの間違いにより制限をかけられている場合はFacebookに問い合わせをすることができます。
広告

注意事項

  • もし友達に制限リストに入れられていることがわかっても、理由を強く問いただすのはやめましょう。
広告

関連記事

インスタグラムで写真に音楽を付けるインスタグラムで写真に音楽を付ける
Facebookライブ動画配信を見るFacebookライブ動画配信を見る
Facebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認するFacebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認する
インスタグラムに問い合わせるインスタグラムに問い合わせる
Twitterアカウントを休止するTwitterアカウントを休止する
フェイスブックにリンクを投稿するフェイスブックにリンクを投稿する
Facebookの投稿をシェアしてくれた人を調べるFacebookの投稿をシェアしてくれた人を調べる
Snapchatで友達がオンラインかどうかを知るSnapchatで友達がオンラインかどうかを知る
Facebookで友達にブロックされているか、または友達がアカウントを停止しているかを知るFacebookで友達にブロックされているか、または友達がアカウントを停止しているかを知る
Pinterestに写真をアップロードするPinterestに写真をアップロードする
リツイートを削除するリツイートを削除する
Facebookで非表示にした投稿を見るFacebookで非表示にした投稿を見る
誕生日のお祝いに応える誕生日のお祝いに応える
Twitterでフォロワーを削除するTwitterでフォロワーを削除する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 この記事は5,185回アクセスされました。
このページは 5,185 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告