Facebookは10億人以上のソーシャルネットワークを構築しました。その中には、他人を思いやるつもりが無い人たちもいます。他人の情報を入手したり、個人情報を盗んだり、酷い時には他人の評判を落とそうとするのです。そのような略奪者から身を守るにはどうしたら良いでしょうか?Facebookを安全に使用する方法をいくつかご紹介します。

ステップ

  1. 1
    なぜ偽装アカウントを見つけることが重要かを知ります。まず何よりも、偽のアカウントを使っている人は、ほぼ間違いなく詐欺師です。そういった人たちと付き合いたいと思う場合は別ですが、そうでなければあなたの人生には必要のない人たちです。
    • 詐欺師は友達のように、または異性として興味があるかのように近づいてきます。しかし、友達申請の目的は、初めは単に人の心を弄ぶというたわいのないものかもしれませんが、後々お金や商品、財産という大きなものが狙われる可能性もあります。
    • 詐欺師が、他人を操作するためにあなたの個人情報や大切な情報を盗もうとしている可能性もあります。
  2. 2
    知らない人と話さないようにしましょう。少なくとも、どのようにつながっているのかがハッキリしない知らない人からの友達申請には慎重になりましょう。わからない場合は、次のことを確認します。
    • 相手に質問しましょう。なぜ友達になりたいのか?自分のことをどうやって見つけたのか?共通の知り合いは誰か?友達申請してきた人の名前をクリックすると、共通の友達がいるかどうかを確認できます。いた場合は、その友達に連絡します。もしいなければ、要注意です。
  3. 3
    その人について調べます。多少は楽しめる作業かもしれません。また、あなたの「友達」になるはずの人は本当に悪い人だとわかるかもしれません。以下の事柄を調べましょう。
  4. 4
    プロフィールを細かく見ます。書いてあることの辻褄が合っているか、それとも実際には信じられないような大げさなことが書いてあるかを見ます。
    • たとえば、教授やCEOであると書いてあるのに、非常に若い人の写真が載っているかもしれません。過度に誇張されたプロフィールは、通常の「自分を良く見せる」以上に、単純に怪しく見えるのではないでしょうか?このような場合、自身の感覚を信じましょう。書いてあることが本当かどうか証拠を見せてもらうこともできます。向こうがあなたに近づいてきているのですから、あなたには相手が本物かどうか確かめる権利があります。
  5. 5
    プロフィール写真を見ます。ひとつだけでしょうか?完璧すぎたり、加工したりしていませんか?以前に見たことはありませんか?写真が良すぎるから、または写真が修正されているからと言って必ずしも怪しいわけではありませんが、誰にもばれないと思って魅力的な写真をGoogleから拾ってきた可能性もあります。以下を試してみましょう。
  6. 6
    オンラインで名前を検索して、見つかるかどうかを確認します。名前が一般的なものである場合にはあまり効果がありませんが、珍しい名前であれば、興味深い検索結果がいくつか出てくるかもしれません。
    • よくある名前の場合は、場所、おおよその年齢、またはプロフィールから収集できるその他の情報などを追加します。
    • その人はタグ付けされていますか?Facebookのシェアの一環として、通常、実在の人物ならあちこちでタグ付けされています。
  7. 7
    友達をチェックします。その人物の友達は海外の人ですか、それとも地元の人ですか?友人が地元にいるほど、その人は本物である可能性が高くなります。友だちリストに地元の友だちがほとんどいなくて、海外の人が多くなればなるほど疑わしくなります。
    • 地元の友人がいない場合、実在の人ではなく偽のアカウントである可能性が高くなります。そしてこの人物は魅力的な若い女性のふりをして「写真を見ました。素敵ですね」というようなメッセージを送ってきます。
  8. 8
    リクエストをブロックします。相手に良い印象を持たない場合、簡単な解決方法があります。友達申請を拒否するだけでなく、完全にブロックしましょう。
    • その人のFacebookの名前をクリックして、タイムラインに移動します。カバー写真の右下にある、メッセージ設定をクリックします。
    • 相手があなたに連絡するのをブロックすることもできますし、危険を感じたり、相手が不正または違法な活動をしていると思ったら、Facebookに報告することができます。
  9. 9
    「お試し期間」を作りましょう。友達の友達の友達の友達申請を承認したり、音楽や料理、ダンスなど何であれ趣味が同じだからと言って友達になってしまうという(あまりよくない)習慣があるのであれば、偽装アカウントに遭う可能性があります。
    • この方法ですばらしいつながりを築くこともできますが、まず最初に知っている人に、リクエストしてきた人の保証をしてもらうようにしましょう。それが不可能な場合は、いいねやコメント、写真などを急に毎日沢山送ってくるなどの不自然な行動に注意します。
    • ほとんど知らない人の場合は、急にズケズケと土足で踏み込んでくるようなことはせず、ゆっくりと丁寧に距離を縮めるはずです。
    • 1週間か2週間してもその新しい友達に違和感を覚えるなら、友達から外しましょう!
  10. 10
    相互につながった偽装アカウントに気を付けましょう。かつては、たくさんの友達がいてお互いにコメントし合って保証し合っていれば、その人は本物と思って良いこともあったでしょう。しかし、今ではもう事情が違います!
    • 1人が多数の偽装Facebookアカウントを使ってさまざまな人のふりをし、その全員がお互いを保証し合うことで、すべての偽装アカウントから実在の人と友達になろうとするケースが増えています!
    • 有名な例では、ニュージーランドのナタリア・バージェスの事件が挙げられます。この人物はたくさんの偽装アカウントを使い、多くの若い男性を騙しました。それはすべて、彼女が愛情に飢えていたがための犯行でした。[1] 悲しいことに、この種の詐欺師は他のSNSやウェブサイトも含め、長い時間をかけて偽装アカウントを作り、その偽の人格が「本物」であるという印象を与えます。
  11. 11
    矛盾点を探して、記録します。詐欺師の巧妙な嘘に狙われてしまっても、それは最終的には解明されていきます。複数の偽装Facebookアカウントを一度に運営している人物に最も顕著に見られるのが、やがて話が混ざってしまい失敗するということです。
    • 質問への答えやコメントでの齟齬に気づいたら覚えておいて、他にも矛盾していることがないか警戒します。
  12. 12
    その人物が何かおかしなことや「キャラクターに合わない」ことを言ったら、再度確認します。たとえば、大人が10代のふりをしている場合、10代の若者が良く知るはずの無い時代の出来事を話すかもしれません。もしくは、なりすましている人物が知らないはずの出来事について、知り過ぎていることがわかるかも知れません。
    • 誰もがうっかり間違えることがあるので、怪しい人物が言うことに注意しましょう。完璧な人はいません。最終的には、あなたの勘が正しかったということを示唆する発言をするでしょう。
  13. 13
    愛、好意、ロマンスが永遠だという告白には警戒しましょう。一度も会ったことのない人、何百キロも離れたところに住んでいる人、自分のことをほとんど明かさない人があなたを好きになったと言ったら疑いましょう。人の人生や気持ちをもて遊ぶのが大好きな詐欺師は、しばしばこういうことをします。本当にオンラインで恋に落ちたとしても、本当の自分を見せるのが怖い(もしくは実生活でパートナーがいる)ということもあります。また、お金やセックス、ドラッグなどを求めていることもあります。
    • オンラインであなたを愛しているという人に対して何かを感じ始めたら、自分の感情や動機を考えてみましょう。あまりに唐突すぎる、気味が悪い、恐ろしい、不愉快など、自分の感覚を信じて、偽の友達を削除しましょう。
    • セクシーな写真を求められたら、すぐに疑いましょう。偽装アカウントは、無料でポルノ素材を集めるのに使われ、写真はその後オンライン上に拡散されます。
  14. 14
    友達から削除しましょう! Facebookの友達でいるのが疑わしい、確信が無い、気持ち悪いと思う人物とは、つながりを断ちましょう。その人物は本当の友達や家族ではありませんし、将来的に大きな問題をもたらす可能性もあります。
    • Facebookの他の友達が偽装アカウントと友達になっていることが分かったら、警戒するよう教えてあげましょう。詐欺師のやり方のひとつは、あなたの友達と友達になり、つながりをより「本物らしく」見せることです。
    広告

ポイント

  • オンラインで発信することや、ほとんど知らない人に話す内容に注意しましょう。非常に思いやりのある態度で接し、あなたについて十分に情報を得たらそれを元に脅迫してくる輩もいます。よく知らない人には、オンラインでどんなに仲良くなったとしても私生活の詳細を伝えず、一般的な内容に終始するようにしましょう。
  • 怪しい人物がFacebookの友達とオフラインでやり取りした証拠を探します。ただし、複数のFacebookアカウントを持っている場合、これさえも偽装できることを覚えておきましょう。
  • その人物が記載している個人のWebサイト、SNSページなどへのリンクをチェックして、辻褄が合うかどうか確認します。
  • 金銭、財産、または個人情報を盗む目的でアカウントを偽装している可能性はありますが、「あなた自身」がターゲットの場合もあることを覚えておきましょう。身体の安全のために、関わるの相手を慎重に選ぶのは非常に大切なことです。

広告

注意事項

  • 10代の子供には注意が必要です。実際に存在しない人物とオンラインで関係性を持つターゲットにされやすいのは若者です。詐欺師は自己満足やその他の利己的な理由のために喜んで親切にし、若者は理想の人と思い込んで恋に落ちるのです。
広告

必要なもの

  • Facebookアカウント

関連記事

How to

インスタグラムで写真に音楽を付ける

How to

Facebookライブ動画配信を見る

How to

インスタグラムに問い合わせる

How to

Twitterでフォロワーを削除する

How to

Facebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認する

How to

Facebookで友達にブロックされているか、または友達がアカウントを停止しているかを知る

How to

Pinterestに写真をアップロードする

How to

フェイスブックにリンクを投稿する

How to

Twitterアカウントを休止する

How to

Facebookメッセンジャーでアーカイブしたメッセージを見る

How to

Facebookで制限リストに入れられているかどうかを知る

How to

Snapchatで友達がオンラインかどうかを知る

How to

WhatsAppでひとつのメッセージを複数の連絡先に送信する

How to

Snapchatで相手にブロックされたかどうか確かめる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む54人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 511 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告