PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、意図的に利用解除したFacebookアカウントを再開する方法を紹介します。自分で利用解除したFacebookアカウントを再開するのは、再度ログインするのと同じくらい簡単な作業です。以前にFacebookアカウントを削除した場合は、復活させることはできません。また、不本意にFacebook側がアカウントを無効にした場合は、対応策がほとんどありません。ただし、「プロフィールの審査依頼」を送信してアカウントの復元を試みることは可能です。

方法 1 の 3:
スマートフォン上でアカウントを再開する

  1. 1
    Facebookを開く 紺色の背景に白い「f」の形があるFacebookアプリアイコンをタップします。
  2. 2
    Eメールアドレスを入力する 「メールアドレスまたは電話番号」の入力欄をタップし、Facebookのログイン時に使用するメールアドレスを入力しましょう。
    • 以前Facebookアカウントに電話番号を追加した場合は、この欄に電話番号を入力してもよいでしょう。
  3. 3
    パスワードを入力する 「パスワード」入力欄をタップし、Facebookにログインする際に使用するパスワードを入力しましょう。
    • パスワードを覚えていない場合は、作業を続行する前にパスワードをリセットする必要があります。
  4. 4
    ログインをタップする これはページ下部付近にある青いボタンです。
    • Androidでは、ここでログインをタップします。
  5. 5
    ニュースフィードが開くのを待つ メールアドレスとパスワードが正しく入力されていれば、通常通りFacebookアカウントが開きます。これで、Facebookアカウントが再開したことがわかります。
    • 正しい認証情報を入力してもFacebookにログインできない場合は、Facebook側がアカウントを無効化しています。この場合は「プロフィールの審査依頼」を送信し、アカウントの再開が可能かどうか試してみましょう。
    広告

方法 2 の 3:
デスクトップパソコン上でアカウントを再開する

  1. 1
    Facebookを開く パソコンのウェブブラウザで https://www.facebook.com/ を開きます。
  2. 2
    Eメールアドレスを入力する 「メールアドレスまたは電話番号」の入力欄に、Facebookのログイン時に使用するメールアドレスを入力しましょう。
    • 以前Facebookアカウントに電話番号を追加した場合は、この欄に電話番号を入力してもよいでしょう。
  3. 3
    パスワードを入力する 「パスワード」欄に入力します。
    • パスワードを覚えていない場合は、作業を続行する前にパスワードをリセットする必要があります。
  4. 4
    ログインをクリックする このボタンは、ログインセクションの右側にある青いボタンです。
  5. 5
    ニュースフィードが開くのを待つ メールアドレスとパスワードが正しく入力されていれば、通常通りFacebookアカウントが開きます。これで、Facebookアカウントが再開したことがわかります。
    • 正しい認証情報を入力してもFacebookにログインできない場合は、Facebook側がアカウントを無効化しています。この場合は「プロフィールの審査依頼」を送信し、アカウントの再開が可能かどうか試してみましょう。
    広告

方法 3 の 3:
「プロフィールの審査依頼」を送信する

  1. 1
    「個人用アカウントが停止された」ページを開く パソコンのウェブブラウザで https://www.facebook.com/help/contact/260749603972907 を開きます。このフォームを使用してFacebookアカウントの再開をリクエストすることができます。
    • 実際に審査の依頼を送信しても、Facebookが対応する保証はありません。
    • 特定のアカウント操作により無効化に至った場合は、アカウントの再開が不可能な場合があります。
  2. 2
    Eメールアドレスまたは電話番号を入力する ページ上部付近の「ログインに使用しているメールアドレスまたは携帯電話番号」の入力欄に、ログイン時に使用するメールアドレスまたは電話番号を入力します。
  3. 3
    氏名を入力する 「氏名」欄に、Facebookアカウントに表示される氏名を入力します。
    • Facebookの設定によっては、この欄に入力する氏名は本名とは異なる場合があります。
  4. 4
    身分証明書をアップロードする 「ID」欄の下にあるグレーのファイルを選択ボタンをクリックし、身分証明書の表面と裏面の画像ファイルを選択して開くをクリックしましょう。
    • パソコン上に写真付きの身分証明書の画像が保存されていない場合は、パソコンのウェブカメラなどで身分証明書の写真を撮影するか、カメラやスマートフォンからパソコンに転送する必要があります。
    • 身分証明書には、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、学生証などがあります。
  5. 5
    必要な詳細を追加する 「追加情報」の入力欄に、Facebook側がアカウントの再開を決定するのに役立つ可能性のある情報を入力しましょう。
    • この欄では、アカウントが無効化に至った状況や経緯を説明できるため、入力すると有利になるかもしれません。
    • 例えば、アカウントがハッキングされた場合にはこの欄に記入するとよいでしょう。
  6. 6
    送信をクリックする これはページ下部にある青いボタンです。これで、あなたの審査依頼がFacebookに送信され、再検討されます。Facebook側がアカウントを再開すると決定した場合は、2週間以内に実行されるでしょう。
    広告

ポイント

  • アカウントが無効になった場合でも、友達のFacebookの「友達リスト」上ではあなたの名前が表示されますが、友達があなたのページを訪問することはできません。
  • Facebookアカウントを削除してから14日以内に再度ログインした場合にも、アカウントが復活します。
  • アカウントを短期間無効にするのではなく、パソコンやその他のスマートフォン機器などから単純にログアウトすることもできます。
  • 自主的に利用解除したアカウントをFacebook側が削除することはないため、特定の日時までに再開することを心配する必要はありません。[1]
広告

注意事項

  • 電話番号、メールアドレス、ユーザーネーム、Facebookに登録した氏名を現在使用できない場合は、新たにアカウントを作成する必要があるかもしれません。
広告

関連記事

Facebookライブ動画配信を見るFacebookライブ動画配信を見る
Facebook Messengerでメッセージを削除するFacebook Messengerでメッセージを削除する
Facebookで友達を紹介するFacebookで友達を紹介する
フェイスブックに問い合わせるフェイスブックに問い合わせる
友達でないユーザーをFacebookグループに招待する友達でないユーザーをFacebookグループに招待する
Facebookでフォロワーを確認するFacebookでフォロワーを確認する
Facebookで生年月日を変更するFacebookで生年月日を変更する
Facebookでコピー&ペーストするFacebookでコピー&ペーストする
削除したFacebookメッセージを復元する削除したFacebookメッセージを復元する
Facebookでお知らせを削除するFacebookでお知らせを削除する
Facebook Messengerに連絡先を追加するFacebook Messengerに連絡先を追加する
Facebook MessengerをアンインストールするFacebook Messengerをアンインストールする
FacebookメッセンジャーアプリをインストールするFacebookメッセンジャーアプリをインストールする
Facebook Messengerのグループを削除するFacebook Messengerのグループを削除する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。
このページは 268 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告