Gmailからファックスを送る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:WiseFaxを利用する

このウィキハウでは、Google Chromeの拡張機能と自分のGmailアカウントを使ってファックスを送る方法、およびGmailからファックスを送るのに既存のファックスサービスを利用する方法を紹介します。ただし、モバイル版Gmailからは送ることが出来ません。また、ファックスサービス経由の場合は、無料体験版以外は無料でファックスを送ることは出来ません。

WiseFaxを利用する

  1. 1
    Google Chromeを使用していることを確認します。今、Google Chromeを使っていない場合は、新しいChromeのウィンドウを開いてからこの記事に戻り、続けましょう。
  2. 2
    右のリンクをクリックして、 WiseFax extension pageに行きます。
  3. 3
    Chromeに追加をクリックします。 この青いボタンはWiseFax のページ上部にあります。
  4. 4
  5. 画面が開いたら拡張機能を追加をクリックします。これは画面上部付近にあります。そうすると、WiseFaxのインストールが始まります。
  6. WiseFaxのアイコンをクリックします。アイコンは、Chromeウィンドウの右上に青い右向きの矢印として現れます。新しいタブからWiseFaxのページを開くことが出来ます。
  7. ページ下部付近にあるドキュメントの選択をクリックします。エクスプローラー(Windows)またはFinder (Mac)が開き、ドキュメントを選択できます。
  8. ドキュメントを選択します。送りたいドキュメントを選択して開くをクリックすると、ドキュメントがWiseFaxのページにアップロードされます。
  9. ページ下部の続けるをクリックします。
  10. 自分のファックス番号を入力します。ファックス番号を入力し、続けるをクリックします。
  11. ページ上部付近のオプションからGoogleアカウントでログインをクリックします。
  12. アカウントを選択します。WiseFaxのログインに使用したいGmailのアドレスをクリックします。
    • 適切なアカウントでログインしていない場合は、入力窓が表示されたらEメールアドレスとパスワードを入力します。先に、ページ下部の別のアカウントを利用するをクリックする必要があるかもしれません。
  13. 必要なファックストークンを購入するをクリックします。ページ下部の青いボタンです。クリックするとポップアップウィンドウが表示されます。
  14. クレジットカードまたはデビットカードの情報を入力します。ポップアップウィンドウに、カード所有者名、カード番号、有効期限、セキュリティコード、請求書送付先を入力します。
    • 画面右上のその他の方法をクリックして、ペイパルAmazonを支払方法として選択することも出来ます。
  15. 画面右下角の支払をクリックします。先程入力した番号にファックスが送信されます。送信前に確認を求められることがあるかもしれません。
    • 支払の右側に支払額が表示されます(例:「100円」)。

既存のファックスサービスを利用する

  1. オンラインファックスサービスのアカウントを持つ。オンラインのファックスサービスに登録をしていない場合は、続きに進む前に登録する必要があります。
    • 無料体験版を利用する場合、後ほど課金されることのないように、体験期間満了前に必ず解約しましょう。
  2. Gmailを開きます。パソコンで https://www.gmail.com/ に行きます。すでにログインしている場合は、Gmailの自分の受信トレイを開きます。
    • ログインがまだの場合は、Eメールアドレスとパスワードを入力して進みます。
    • モバイル版のGmailからはファックスを送ることは出来ません。
  3. 作成をクリックします。Gmail受信トレイの左上にあるグレーのボタンです。
  4. ファックス番号と使用するファックスサービス番号を入力します。「To」のところに送信先の番号とファックスサービス(例:RingCentral)の番号を入力します。
    • 例えば、RingCentralを利用している場合、「To」のところに1234567890@rcfax.com のように入力します。
    • 海外へ送信する場合は、ファックス番号の冒頭に国番号を追加する必要があります。
  5. 送付状を添付します。「件名」のところに文字を入力します。送付状が必要ない場合は、空白のままにしておきます。
  6. ファックス送信する書類をアップロードします。Eメール作成画面の下部にあるクリップの形をしたアイコンをクリックして、送付する書類を選択し、開くをクリックしてアップロードします。
    • 文字のみのファックスを送る場合、Eメール作成画面の本文の部分に内容を書き込むことも出来ます。
  7. 送信ボタンをクリックします。Eメール画面の左下部にある青いボタンです。クリックすると、指定した送付先にファックスが送信されます。

ポイント

  • 主要なオンラインファックスサービスの大きな利点は、 ファックスの送受信に電話回線が不要だということです。

注意事項

  • ほとんどのオンラインファックスサービスには有償の利用申し込みが必要なので、使用料が発生します。まれに、一回に数枚送ることのできる無料のものがありますが、Gmailからは送ることが出来ません。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: パソコン・電子機器

他言語版:

English: Send Faxes from Gmail, Español: enviar faxes desde Gmail, Italiano: Inviare Fax da Gmail, Português: Mandar Faxes pelo Gmail, Русский: отправить факс через Gmail, Deutsch: Faxe von Gmail verschicken, Français: envoyer un fax avec Gmail, Bahasa Indonesia: Mengirim Faks dari Gmail, Nederlands: Een fax versturen vanuit Gmail, ไทย: ส่งแฟกซ์จาก Gmail, Tiếng Việt: Gửi fax bằng Gmail, 中文: 通过Gmail发传真, 한국어: 지메일에서 팩스 보내는 방법, العربية: إرسال فاكس باستخدام الجيميل, Türkçe: Gmail'den Nasıl Faks Gönderilir

このページは 307 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?