この記事では、Gmailでメールを送信してから数秒間以内に送信を取り消す方法を紹介します。送信の取り消しは、デスクトップ版のGmailとiPhoneおよびiPad向けのGmailアプリで行うことができます。AndroidのGmailでは、メールの送信を取り消すことはできませんが、送信前確認の設定を有効にすることができます。

方法 1 の 3:
デスクトップ版Gmail

  1. 1
    Gmailを開く パソコンのウェブブラウザを開き、「https://www.gmail.com 」に行きます。既にログインしている場合は、Gmailの受信トレイが表示されます。
    • まだGmailにログインしていない場合は、入力画面にメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。
  2. 2
    必要に応じて[送信取り消し]機能を有効にする 新バージョンのGmailを利用していない場合は、以下の操作を行って[送信取り消し]機能を有効にする必要があります。
  3. 3
    + 作成をクリックする [+ 作成]はGmailの受信トレイの左上にあります。
    • 旧バージョンのGmailでは、[作成]をクリックしましょう。
  4. 4
    送信先と件名を入力する [To]の欄に送信先のメールアドレスを入力してからTab を押し、件名の欄に任意の件名を入力します。
  5. 5
    メール本文を入力する メール本文のテキストボックスに、好きなように文章を入力しましょう。
  6. 6
    送信をクリックする [送信]は画面一番下にある青いボタンです。これをクリックすると、メールが送信されます。
  7. 7
    取り消し確認メッセージが表示されている最中に取り消しをクリックする 取り消し確認メッセージは、画面左下(新バージョンのGmail)または画面一番上(旧バージョンのGmail)に表示されます。
    • デフォルトの設定は、送信の取り消し可能時間は5秒間(新バージョンのGmail)または10秒間(旧バージョンのGmail)です。
  8. 8
    未送信のメールを確認する 送信が取り消されたメールは、下書きメッセージとして開きます。ここからメッセージを編集または削除することができます。
  9. 9
    メールの送信取り消し可能時間を変更する 新バージョンのGmailを利用していて、取り消し可能時間を5秒よりも長くしたい場合は、以下のように設定を変更しましょう。
    広告

方法 2 の 3:
iPhone版Gmailアプリ

  1. 1
    Gmailを開く 白い背景に赤字で「M」が書かれているGmailアプリのアイコンをタップしましょう。既にログインしている場合は、Gmailの受信トレイが表示されます。
    • まだGmailにログインしていない場合は、入力画面にメールアドレスとパスワードを入力してログインする必要があります。
    • 残念ながら、Android版のGmailでは、メールの送信を取り消すことはできません。
  2. 2
    作成ボタン
    Android7edit.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    作成ボタンは画面右下隅にある鉛筆のアイコンです。これをタップすると、新規メッセージが作成画面が開きます。
  3. 3
    送信先のメールアドレスを入力する [To]の欄にメールの送信相手のアドレスを入力しましょう。
  4. 4
    件名と本文を入力する [件名]の欄にメールの件名を入力し、本文の入力欄に好きなようにメッセージを入力しましょう。
  5. 5
    送信アイコン
    Android7send.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    送信アイコンは画面右上隅にあります。これをタップするとメールが送信されます。
  6. 6
    表示中に[元に戻す]をタップする [元に戻す]は画面右下隅に表示されます。
    • メールの送信取り消し可能時間は5秒間です。
  7. 7
    未送信のメールを確認する 送信が取り消されたメールは、下書きメッセージとして開きます。ここからメッセージを編集または削除することができます。
    広告

方法 3 の 3:
Androidで送信前確認を設定する

  1. 1
    Gmailを開く 白い背景に赤字で「M」が書かれているGmailアプリのアイコンをタップしましょう。既にログインしている場合は、Gmailの受信トレイが表示されます。
    • まだGmailにログインしていない場合は、入力画面にメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。
  2. 2
    ボタンをタップする ボタンは画面左上隅にあります。これをタップするとメニューが表示されます。
  3. 3
    下にスクロールして設定をタップする [設定]オプションはメニュー一番下にあります。これをタップすると設定メニューが開きます。
  4. 4
    全般設定をタップする [全般設定]は設定画面にあります。
  5. 5
    下にスクロールして送信前に確認するをタップする [送信前に確認する]は画面一番下にあります。このオプションを有効にすることで、全てのメールの送信前に確認が行われるようになり、メールの誤送信を防止できます。
    • このオプションの右側にチェックマークが入ってる場合は、送信前確認は既に有効になっています。
    広告

ポイント

  • 新バージョンのGmailには、一定時間経過後(最低1日)に受信者の受信箱からメールが消える「自動消滅」機能があります。

広告

注意事項

  • 取り消し可能時間を5秒以上に設定すると、[送信]ボタンをクリックしてからメールが相手に届くまでに顕著な遅延が発生します。
  • 残念ながら、「送信取り消し」時間経過後にメールの送信を取り消す方法はありません。
広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

画像のURLを取得する

How to

2台のルーターを接続する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

Outlookで投票ボタンを使う

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

閲覧履歴を確認する

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 749 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告