PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

Gmailに別のアカウントを追加することには多くの利点があります。そのひとつは便利であることです。例えば、仕事用とプライベート用のアカウントを別々に持っている場合は、それらを統合することができます。そうすることで、休暇中や休日にサインインすることなく、仕事用のアカウントを確認することができます。Gmailをアカウントに追加することは、非常に合理的ですぐにできます。また、アカウントを切り替える手間も解消されます。

ステップ

  1. 1
    Gmailにログインする パソコンのブラウザを開いて、Gmailのウェブサイト(www.gmail.com )に行きましょう。仕事用またはプライベート用のメールアドレスとパスワードを入力してアカウントにログインし、Gmailの受信トレイを開きましょう。
  2. 2
    [設定]に行く Gmailの受信トレイを開いたら、画面右側にあるギアのアイコンを探してクリックします。ドロップダウンメニューが表示されたら、オプション一覧から[設定]を選択して次に進みます。
  3. 3
    再度パスワードを入力する パスワードの再入力は、アカウントの安全のために、重要な設定を変更しようとしているのが本人であることを確認するための措置です。画面の指示に従ってパスワードを入力し、[ログイン]をクリックして次に進みましょう。
  4. 4
    [アカウントとインポート]に行く 再びログインした後は、以前の設定ページは表示されず、新しい設定ページが表示されます。この新しいページでは、設定がそれぞれのカテゴリーに分類されています。[アカウントとインポート](4つ目のカテゴリー)をクリックして新しい設定を開きましょう。
  5. 5
    設定ページで変更を行う 新しい設定一覧が表示されたら、ページの真ん中くらいまで下にスクロールしたところで、[他のアカウントでメールを確認]という項目を探します。その項目にある[メールアカウントを追加する]というリンクをクリックしましょう。すると、ポップアップ画面が表示されます。
  6. 6
    新しいアカウントを追加する 前のステップで表示されたポップアップ画面で、現在のアカウントに追加したいGmailアドレスの入力を求められます。テキストボックスをクリックして、他のアカウントのメールアドレスを入力しましょう。入力したら、[次のステップ]ボタンをクリックします。すると、新しい画面が開きます。
  7. 7
    入力したメールアドレスを再確認する 前のステップの最後に開いた新しい画面の一番上に、[よろしいですか?]というメッセージが表示されます。このメッセージは、情報を正しく入力したかの確認を促すためのものです。間違いがないことを確認してから、[メールを送信してアクセスを許可]をクリックしましょう。さもなければ、他人にアクセス許可を与えてしまう可能性があります。
  8. 8
    追加を承認する プライベート用アカウントを仕事用アカウントに追加したら(またはその逆を行ったら)、もう一方のGmailアカウント(追加されたアカウント)にログインして、追加を承認するだけです。ログインしたら、メールの受信トレイを確認し、新規追加を承認するためのリンクを含むメールを探しましょう。そのリンクをクリックすれば完了です。
    広告

関連記事

Googleに問い合わせをするGoogleに問い合わせをする
Googleドキュメントを保存するGoogleドキュメントを保存する
画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
Discordで動画を送るDiscordで動画を送る
2台のルーターを接続する2台のルーターを接続する
ページリダイレクトをブロックするページリダイレクトをブロックする
トレントのダウンロード速度を上げるトレントのダウンロード速度を上げる
画像のURLを取得する画像のURLを取得する
YouTube動画の年齢制限を回避するYouTube動画の年齢制限を回避する
リンクをコピーアンドペーストするリンクをコピーアンドペーストする
携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する
YouTubeでチャンネル登録者を削除するYouTubeでチャンネル登録者を削除する
GoogleドキュメントをダウンロードするGoogleドキュメントをダウンロードする
Google Chromeの背景を変更するGoogle Chromeの背景を変更する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,478回アクセスされました。
カテゴリ: インターネット
このページは 1,478 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告