Googleセーフサーチを無効にする方法

4 方法:iPhoneの場合Androidの場合パソコンの場合別のブラウザを使う

このwikiHowでは、Googleセーフサーチをパソコンやモバイル端末で無効にする方法をご紹介します。セーフサーチとは、露骨な表現が検索結果に表示されるのを防ぐサービスです。残念ながら、一部の地域では、法律によりセーフサーチの適用が強制されています。また、インターネットサービスプロバイダ(ISP)の中には、セーフサーチの設定を無効にしているプロバイダもあります。そのような場合、他のブラウザを使ってみることはできますが、自分でGoogleセーフサーチを無効にすることはできません。

1
iPhoneの場合

  1. 1
    Googleを開きます。白い背景に色の付いた「G」が表示されたGoogleアプリのアイコンをタップしましょう。アイコンをタップすると、Google検索エンジンが開きます。
  2. 2
    画面の左上にある「設定」
    Android7settings.pngというタイトルの画像
    アイコンをタップします。
    • Googleのウェブサイトが開いた場合は、まず、画面下部のGoogleのロゴをタップしましょう。
  3. 3
    下にスクロールして、「プライバシー」セクションにある 検索の設定 をタップしましょう。
  4. 4
    画面の上部付近にある「最も関連性の高い検索結果を表示」ボックスにチェックを入れましょう。
    • 既にこのオプションにチェックが入っていれば、セーフサーチは無効になっています。
  5. 5
    ページの下部にある青い 保存 ボタンをタップします。ボタンをタップすると、設定が保存され、設定ページを終了します。
  6. 6
    画面の右上にある 完了 をタップしましょう。Google検索エンジンのページに戻ります。
  7. 7
    検索を実行しましょう。任意の検索キーワードで検索を行い、セーフサーチが無効になっているかどうか確認します。以前よりも露骨な表現を含む検索結果(または以前とは異なる検索結果)が表示されていれば、セーフサーチが無効になっています。
    • 露骨な表現を含む内容が表示されない場合、お使いのISPやお住まいの地域によって、露骨な表現を含む検索結果がブロックされている可能性があります。ISPへ問い合わせるか、VPNやプロキシを使用して、ブロックされているコンテンツをパソコンで確認しましょう。

2
Androidの場合

  1. 1
    Googleを開きます。白い背景に色の付いた「G」が表示されたGoogleアプリのアイコンをタップしましょう。アイコンをタップすると、Google検索エンジンが開きます。
  2. 2
    画面の右下にある をタップしましょう。メニューが表示されます。
  3. 3
    メニューの中にある 設定 をタップします。設定 をタップすると、設定ページが開きます。
  4. 4
    設定ページの真ん中にある アカウントとプライバシー をタップします。
  5. 5
    青い「セーフサーチフィルタ」のスイッチ
    Android7switchon.pngというタイトルの画像
    をタップしましょう。
    スイッチがセーフサーチが無効になったことを示す灰色
    Android7switchoff.pngというタイトルの画像
    に変わります。
    • 既にスイッチが灰色になっていれば、セーフサーチは無効になっています。
  6. 6
    検索を実行しましょう。画面の下部にある虫眼鏡のアイコンをタップして、任意の検索キーワードで検索を行い、セーフサーチが無効になっているかどうか確認します。以前よりも露骨な表現を含む検索結果(または以前とは異なる検索結果)が表示されていれば、セーフサーチが無効になっています。
    • 露骨な表現を含む内容が表示されない場合、お使いのISPやお住まいの地域によって、露骨な表現を含む検索結果がブロックされている可能性があります。ISPへ問い合わせるか、VPNやプロキシを使用して、ブロックされているコンテンツをパソコンで確認しましょう。

3
パソコンの場合

  1. 1
    Googleの検索の設定ページを開きます。ブラウザで https://www.google.com/preferences を開きましょう。
  2. 2
    ページの上部付近にある「セーフサーチをオンにする」ボックスのチェックを外します。
    • ブラウザでセーフサーチの設定がロックされている場合、パスワードの入力を求められたら、パスワードを入力する必要があります。
    • 「セーフサーチをオンにする」ボックスにチェックが入っていなければ、お使いのパソコンでセーフサーチは無効になっています。
  3. 3
    画面の真ん中にある「プライベート検索結果を使用する」ラジオボタンを選択します。この設定は、直接セーフサーチに関係ありませんが、関連のあるさまざまな画像が多く表示されるようになります。
    • ここでも、既に「プライベート検索結果を使用する」が選択されている場合、プライベート検索が有効になっています。
  4. 4
    下にスクロールして、画面の下部にある青い Save ボタンをクリックします。ボタンをクリックすると、設定が保存され、Googleに戻ります。
  5. 5
    検索を行いましょう。任意の検索キーワードで検索を行い、セーフサーチが無効になっているかどうか確認します。以前よりも露骨な表現を含む検索結果(または以前とは異なる検索結果)が表示されていれば、セーフサーチが無効になっています。
    • 露骨な表現を含む内容が表示されない場合、お使いのISPやお住まいの地域によって、露骨な表現を含む検索結果がブロックされている可能性があります。ISPへ問い合わせるか、VPNやプロキシを使用して、ブロックされているコンテンツを確認しましょう。

4
別のブラウザを使う

  1. 1
    Googleの代わりにBingを使いましょう。Googleセーフサーチが導入されて以来、露骨な表現を含むコンテンツを検索するため、多くの人が検索エンジンをBingに切り替えています。Bingでセーフサーチを無効にする手順は次の通りです。[1]
    • https://www.bing.com/ を開きます。
    • 右上の「」をクリックします。
    • セーフサーチ」をクリックします。
    • 「オフ」を選択します。
    • 保存」をクリックします。
    • 同意する」をクリックします。
  2. 2
    DuckDuckGo(ダックダックゴー)を使って、検索内容が記録されるのを防ぎましょう。DuckDuckGoは、閲覧履歴を記録しないプライベートな検索エンジンです。DuckDuckGoでセーフサーチを無効にする手順は次の通りです。
    • https://duckduckgo.com/ を開きます。
    • 右上の「」をクリックします。
    • Other Settings(その他の設定)」をクリックします。
    • 「Safe Search(セーフサーチ)」ドロップダウンボックスをクリックします。
    • Off(オフ)」をクリックします。
    • 下にスクロールして、「Save and Exit(保存して終了)」をクリックします。
  3. 3
    deviantArt(デヴィアントアート)に登録して、人物画を描くための露骨な表現を含む画像を探しましょう。性的ではないポーズのヌード画像やさまざまな体型の人のヌード画像を探しているのであれば、deviantArtの利用が適しているかもしれません。ただし、成人向けの内容を表示する設定を有効にする前に、メールアドレスを使った会員登録が必要です。[2]

ポイント

  • 多くの国で、すべての検索に対するセーフサーチを完全に無効にすることができなくなりました。以前は、他の国のGoogleページを使って、セーフサーチを回避することができましたが、現在、Googleは、他の国のGoogleページが使用されていることを検知してセーフサーチを有効にする施策をとっているようです。
  • 一部のISPは、ISPのアカウントコントロールパネルで「不正な通信からの保護」などのオプションを有効にした場合、セーフサーチフィルタを強制的に適用します。セーフサーチフィルタが適用されているかどうかは、海外のVPNサービスを使ってgoogle.comに接続し、セーフサーチを無効にできるかテストすることで確認できます。VPNを使ってgoogle.comに接続し、セーフサーチを無効にできれば、ISPがGoogleのフィルタリングサービスを使用して、自動的に検索内容をリダイレクトしていると考えられます。

注意事項

  • Googleアカウントのパスワードがわからなければ、アカウントに対して設定されたセーフモードを無効にすることはできません。

記事の情報

カテゴリ: インターネット

他言語版:

English: Turn Off Google Safesearch, Español: desactivar Google SafeSearch, Português: Desativar o Google Safesearch, Italiano: Disattivare il Filtro Safesearch di Google, Deutsch: Google Safesearch abschalten, Nederlands: Google SafeSearch uitschakelen, Русский: отключить безопасный поиск google, 中文: 关闭Google安全搜索, Français: désactiver Google Safesearch, Bahasa Indonesia: Menonaktifkan Google Safesearch, العربية: إلغاء خاصية البحث الآمن بجوجل, हिन्दी: गूगल सेफसर्च (Google Safesearch) बंद करें, Čeština: Jak vypnout Google bezpečné vyhledávání, ไทย: ปิด SafeSearch ในกูเกิล, Tiếng Việt: Tắt tính năng Tìm kiếm an toàn của Google

このページは 88 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?