Google Chromeでウェブサイトをブロックする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

Google Chromeには、特定のウェブサイトをブロックする機能がありません。しかし、指定したウェブサイトをブロックするChromeアドオンをダウンロードできます。ウェブサイトをブロックするChrome向けの拡張機能やアドオンは、Chromeウェブストアからダウンロードできます。

方法 1 の 4:
Block Siteを使用する

  1. 1
    ChromeウェブストアのBlock Siteのページ https://chrome.google.com/webstore/detail/block-site-website-blocke/eiimnmioipafcokbfikbljfdeojpcgbh?hl=ja にアクセスします。
  2. 2
    「Chromeに追加」、そして「追加」をクリックして、アドオンのChromeへのインストールを確認します。拡張機能がChromeにインストールされ、アイコンがアドレスバーの右側に表示されます。
  3. 3
    Block Siteのアイコンをクリックし、Block Siteの「Settings(設定)」メニューを開きます。
  4. 4
    「List of blocked sites(ブロックされたサイトのリスト)」という見出しのフィールドにブロックしたいウェブサイトやURLを入力します。
  5. 5
    「Add Page(ページの追加)」をクリックします。これで、入力したURLがGoogle Chromeでブロックされ、その特定のウェブサイトへのアクセスを試みるたびに、エラーメッセージが表示されます。
    広告

方法 2 の 4:
Web Nannyを使用する

  1. 1
    ChromeウェブストアのNanny pageのページ https://chrome.google.com/webstore/detail/web-nanny/pbdfeeacmbjblfbnkgknimpgdikjhpha?hl=ja にアクセスします。
  2. 2
    「Chromeに追加」、そして「追加」をクリックして、Web NannyのChromeへのインストールを確認します。拡張機能がChromeにインストールされ、アイコンがアドレスバーの右側に表示されます。
  3. 3
    Web Nannyのアイコンをクリックし、Web Nannyの「Options(オプション)」メニューを開きます。
  4. 4
    「URLs」という見出しのフィールドにブロックしたいウェブサイトやURLを入力します。
  5. 5
    「Save URL(URLを保存)」をクリックします。これで、入力したURLがGoogle Chromeでブロックされ、その特定のウェブサイトへのアクセスを試みるたびに、エラーメッセージが表示されます。
    広告

方法 3 の 4:
StayFocusdを使用する

  1. 1
    ChromeウェブストアのStayFocusdのページ https://chrome.google.com/webstore/detail/stayfocusd/laankejkbhbdhmipfmgcngdelahlfoji?hl=ja にアクセスします。
  2. 2
    「Chromeに追加」、そして「追加」をクリックして、アドオンのChromeへのインストールを確認します。StayFocusdがChromeにインストールされ、アイコンがアドレスバーの右側に表示されます。
  3. 3
    ブロックしたいウェブサイトやURLをChromeで開きます。
  4. 4
    アドレスバーの右側にあるStayFocusdのアイコンをクリックして、「Block this entire site(このサイト全体をブロックする)」をクリックします。これで、このサイトがGoogle Chromeでブロックされ、その特定のウェブサイトへのアクセスを試みるたびに、エラーメッセージが表示されます。[1]
    広告

方法 4 の 4:
ウェブサイトブロッカー(Beta)を使用する

  1. 1
    Chromeウェブストアのウェブサイトブロッカー(Beta)のページ https://chrome.google.com/webstore/detail/website-blocker-beta/hclgegipaehbigmbhdpfapmjadbaldib?hl=ja にアクセスします。
  2. 2
    「Chromeに追加」、そして「追加」をクリックして、ウェブサイトブロッカーのChromeへのインストールを確認します。拡張機能がChromeにインストールされ、アイコンがアドレスバーの右側に表示されます。
  3. 3
    ブロックしたいウェブサイトやURLをChromeで開きます。
  4. 4
    アドレスバーの右側にあるウェブサイトブロッカーのアイコンをクリックして、「これでブロックする!」をクリックします。これで、このサイトがGoogle Chromeでブロックされ、その特定のウェブサイトへのアクセスを試みるたびに、エラーメッセージが表示されます。
    広告

ポイント

  • ウェブサイトをブロックするアドオンをインストールし、特定のウェブサイトをブロックしたい時間を指定して、仕事中に気が散るのを防ぎましょう。例えば、午前8時から午後5時までの間、FacebookやYouTubeで時間を浪費しないようにウェブサイトをブロックしたい場合は、アドオンの設定メニューでその時間帯を指定します。
  • ウェブサイトをブロックするアドオンを使って、子供がアダルトサイトやその他の不適切なサイトにアクセスするのを防ぎましょう。アドオンの中には、パスワードを設定する機能が付いたものもあり、ブロックされた特定のサイトにアクセスする際は、パスワードを入力する必要があります。あるウェブサイトへの子供のアクセスは禁止したいけれど、大人のアクセスは許可したい、という場合は、アドオンのパスワード機能の有効化を検討しましょう。

広告

この記事は役に立ちましたか?

広告