Google Chromeでアダルトコンテンツをブロックして、子どもを守りたいとは思いませんか?Chromeには、アダルトコンテンツをブロックするためのさまざまな拡張機能があります。また、AndroidのFamily Linkを使用してポルノをブロックしたり、iPhoneやiPadでペアレンタルコントロール(保護者による使用制限)を有効にしたりも可能です。この記事では、ペアレンタルコントロールやセーフサーチを含む、Google Chromeでポルノをブロックする方法を紹介します。

方法 1
方法 1 の 4:
BlockSite拡張機能を使用する

  1. 1
    ChromeブラウザにBlockSite拡張機能を追加する BlockSite(ブロックサイト)は、Chromeブラウザでアダルトサイトをブロックするための無料の拡張機能です。BlockSite拡張機能をインストールするには、以下の手順を行います。
    • Google Chromeのhttps://chrome.google.com/webstore/category/extensionsにアクセスします。
    • 左上の検索バーにBlockSiteと入力し、Enterキーを押す。
    • BlockSite:ウェブサイトをブロックして集中力を維持」というバナーをクリックします。
    • Chromeに追加という青いボタンをクリックします。
    • ダイアログボックスが表示されたら、拡張機能を追加をクリックします。
  2. 2
    同意してセットアップを開始をクリックする BlockSite拡張機能の追加が完了すると自動的に表示されるウェブページの茶色いボタンのことです。
  3. 3
    スキップをクリックする 「プランを選択してください」というウィンドウの右上にあります。クリックすると、無料アカウントで続けることができます。
    • 有料プランの3日間の無料トライアルを試してみたい場合は、3日間の無料トライアルをクリックしましょう。また、加入したい有料プランをクリックしてもかまいません。
  4. 4
    もう一度スキップをクリックする ページの下部にあります。クリックすると、BlockSiteの設定ページが開きます。BlockSiteはすでにインストールされており、アダルトコンテンツをブロックしています。
  5. 5
    BlockSite拡張機能のシークレットモードでの実行を許可する BlockSite拡張機能のシークレットモードでの実行を許可すると、ユーザーはシークレットモードでBlockSiteの設定を回避できなくなります。BlockSiteのシークレットモードでの実行を許可するには、以下の手順を行います。
    • Google Chromeのアドレスバーにchrome://extensions/と入力します。
    • 「BlockSite:ウェブサイトをブロックして集中力を維持」を探し、詳細をクリックします。
    • シークレットモードでの実行を許可するの横にあるスイッチをクリックします。
  6. 6
    BlockSiteの設定ページを開く BlockSiteの設定ページは、インストールが完了すると自動的に開きます。また、BlockSiteの設定ページは、以下の手順でいつでも開くことができます。
    • Chromeの右上にある拡張機能アイコン(パズルピースのようなアイコン)をクリックします。
    • BlockSite:ウェブサイトをブロックして集中力を維持をクリックします。
    • ドロップダウンメニューで歯車のようなアイコンをクリックします。
  7. 7
    ウェブサイトをブロックする BlockSiteはアダルトコンテンツが自動的にブロックします。BlockSiteがブロックしていないウェブサイトでブロックすべきと思われるものがあれば、そのウェブサイトをブロックリストに追加しましょう。ブロックリストに追加するには、左側のメニューでBlock Sites(サイトをブロック)をクリックし、上部のバーにブロックしたいウェブサイトのURLを入力し、アイテムを追加をクリックします。
    • また、ホワイトリストモードにすると、自分が許可したもの以外のすべてのウェブサイトがブロックされます。ホワイトリストモードを使用するには、「ホワイトリストモード」の横にあるチェックボックスをクリックし、バーに許可したいウェブサイトのURLを入力し、アイテムを追加をクリックします。
  8. 8
    単語や語句をブロックする BlockSiteでは、単語や語句でコンテンツをブロックするオプションも用意されています。単語や語句でコンテンツをブロックするには、以下の手順を行います。
    • BlockSiteの設定ページを開きます。
    • 左側のメニューで単語によるブロックをクリックします。
    • ブロックしたい単語や語句を入力します。
    • アイテムを追加をクリックします。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
Smart Internet Porn Filter拡張機能を使用する

  1. 1
    Smart Internet Porn Filter拡張機能を追加する Smart Internet Porn Filter(スマート・インターネット・ポルノ・フィルター)は、アダルトコンテンツをブロックする無料の拡張機能で、簡単に使用できます。PCやMacでChromeにSmart Internet Porn Filter拡張機能を追加するには、以下の手順を行います。
    • Google Chromeでhttps://chrome.google.com/webstore/category/extensionsにアクセスします。これは、Chrome拡張機能のウェブストアのURLです。
    • 検索バーにSmart Internet Porn Filterと入力し、Enterキーを押します。
    • Smart Internet Porn Filter from vRate」というバナーをクリックします。
    • Chromeに追加という青いボタンをクリックします。
    • ダイアログボックスが表示されたら、拡張機能を追加をクリックします。
  2. 2
    Smart Internet Porn Filterのシークレットモードでの実行を許可する Smart Internet Porn Filterのシークレットモードでの実行を許可すると、ユーザーはシークレットモードでSmart Internet Porn Filterの設定を回避できなくなります。Smart Internet Porn Filterのシークレットモードでの実行を許可するには、以下の手順を行います。
    • Google Chromeのアドレスバーにchrome://extensions/と入力します。
    • 「Smart Internet Porn Filter from vRate」を探し、詳細をクリックします。
    • シークレットモードでの実行を許可するの横にあるスイッチをクリックします。
  3. 3
    Smart Internet Porn Filterの設定ページを開く Smart Internet Porn Filterの設定ページを開くには、以下の手順を行います。
    • Chromeの右上にある拡張機能アイコン(パズルピースのようなアイコン)をクリックします。
    • Smart Internet Porn Filter from vRateをクリックします。
    • ポップアップメニューでSettings(設定)をクリックします。
  4. 4
    PINを設定する Smart Internet Porn Filterの設定ページを初めて開くと、PINを設定するよう求められます。このPINは、Smart Internet Porn Filterの設定ページを開くたびに入力しなければなりません。PINを設定するには、以下の手順を行います。
    • 1行目にPINを入力します。
    • 2行目にPINをもう一度入力します。
    • 3行目に有効なメールアドレスを入力します。子どもがアクセスできないメールアドレスを必ず使用しましょう。
    • Submit(送信)をクリックします。
  5. 5
    ブラウザモードを選択する 設定ページには、Adult mode(大人モード)とChild mode(子どもモード)の2つのブラウザモードがあります。Child modeではアダルトコンテンツがフィルタリングされますが、Adult modeではすべてのウェブサイトへのアクセスが可能です。ブラウザモードを選択するには、設定ページを開き、ページ上部のAdult modeまたはChild modeをクリックします。
  6. 6
    アダルトコンテンツフィルタの強度を調整する 「Settings(設定)」の下にあるスライダーで、アダルトコンテンツフィルタの強度を調整できます。強度を「Low(低)」に設定すると、不適切な画像はブロックされますが、ウェブページの閲覧は可能です。強度を「High(高)」に設定すると、不適切なウェブページへのアクセスがブロックされます。
    • また、「Also block racy/provocative content(性的にきわどいコンテンツや挑発的なコンテンツもブロックする)」の横にあるチェックボックスをクリックすると、露出度の高い画像や部分的なヌードを含む画像もブロックできます。
  7. 7
    ブロックリストにウェブサイトを追加する Smart Internet Porn Filterは、アダルトコンテンツを自動的にブロックしようとします。ただし、Smart Internet Porn Filterがブロックしていないウェブサイトでブロックすべきと思われるものがあれば、そのウェブサイトをブロックリストに追加しましょう。ブロックリストに追加するには、以下の手順を行います。
    • Smart Internet Porn Filterの設定ページを開きます。
    • 「Override: Specify websites to block or allow(オーバーライド:ウェブサイトを指定してブロックまたは許可する)」セクションまでスクロールします。
    • Block Websites - Blacklist(ウェブサイトをブロックする - ブラックリスト)をクリックします。
    • ブロックしたいウェブサイトのURLを入力します。
    • Add(追加)をクリックします。
  8. 8
    ホワイトリストにウェブサイトを追加する アクセスしたいウェブサイトがSmart Internet Porn Filterによってブロックされている場合は、そのウェブサイトをホワイトリストに追加しましょう。ホワイトリストに追加するには、以下の手順を行います。
    • Smart Internet Porn Filterの設定ページを開きます。
    • 「Override: Specify websites to block or allow(オーバーライド:ウェブサイトを指定してブロックまたは許可する)」セクションまでスクロールします。
    • Allow Websites - Whitelist(ウェブサイトを許可する - ホワイトリスト)をクリックします。
    • 許可したいウェブサイトのURLを入力します。
    • Add(追加)をクリックします。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
Parental Controls - Adult Blocker拡張機能を使用する(廃止)

  1. 1
    Parental Controls - Adult Blocker拡張機能を追加する Parental Controls - Adult Blocker(ペアレンタル・コントロール – アダルト・ブロッカー)は、Chromeに追加できる、アダルトコンテンツをブロックする無料の拡張機能です。PCやMacでChromeにAdult Blockerを追加するには、以下の手順を行います。
    • Google Chromeのhttps://chrome.google.com/webstore/category/extensionsにアクセスします。これは、Chrome拡張機能のウェブストアのURLです。
    • 検索バーにAdult Blockerと入力し、Enterキーを押します。
    • Parental Control - Adult Blocker」というバナーをクリックします。
    • Chromeに追加という青いボタンをクリックします。
    • ダイアログボックスが表示されたら、拡張機能を追加をクリックします。
  2. 2
    Adult Blockerのウェブページが表示されているタブをクリックする 小さな赤い盾のようなアイコンのタブです。クリックすると、パスワードの入力を求められます。
    • Adult Blockerのウェブサイトがサポートされていないプロトコルを使用しているという別のウェブページが開く場合があります。その場合は、タブを閉じましょう。
  3. 3
    パスワードを設定する パスワードを設定するには、以下の手順を行います。
    • 小さな赤い盾のようなアイコンのタブをクリックします。
    • 任意のパスワードを入力し、Set a new password(新しいパスワードを設定する)をクリックします。
    • もう一度パスワードを入力し、Enterキーを押します。
  4. 4
    Adult Blockerのシークレットモードでの実行を許可する Adult Blockerのシークレットモードでの実行を許可すると、ユーザーはシークレットモードでAdult Blockerの設定を回避できなくなります。Adult Blockerのシークレットモードでの実行を許可するには、以下の手順を行います。
    • Google Chromeのアドレスバーにchrome://extensions/と入力します。
    • 「Parental Control - Adult Blocker」を探し、詳細をクリックします。
    • シークレットモードでの実行を許可するの横にあるトグルスイッチをクリックします。
  5. 5
    Adult Blockerの設定ページを開く Adult Blockerの設定ページでは、新しいパスワードを設定できるだけでなく、ウェブページを許可したりブロックしたりできます。Adult Blockerの設定ページを開くには、以下の手順を行います。
    • Chromeの右上にある拡張機能アイコン(パズルピースのようなアイコン)をクリックします。
    • Parental Control - Adult Blockerをクリックします。
    • パスワードを入力し、Enterキーを押します。
  6. 6
    ホワイトリストにウェブサイトを追加する 許可したいウェブサイトがAdult Blockerによってブロックされている場合は、そのウェブサイトをホワイトリストに追加しましょう。ホワイトリストに追加するには、以下の手順を行います。
    • Adult Blockerの設定ページを開きます。
    • ページ上部のWHITELIST(ホワイトリスト)タブをクリックします。
    • ブロックを解除したいウェブサイトのURLを入力します。
    • Add(追加)をクリックします。
  7. 7
    ブラックリストにウェブサイトを追加する Adult Blockerがブロックしていないウェブサイトでブロックすべきと思われるものがあれば、そのウェブサイトをブラックリストに追加しましょう。ブラックリストに追加するには、以下の手順で行います。
    • Adult Blockerの設定ページを開きます。
    • ページ上部のBLACKLIST(ブラックリスト)タブをクリックします。
    • ブロックしたいウェブサイトのURLを入力します。
    • Add(追加)をクリックします。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
アダルトコンテンツをブロックするその他の方法

  1. 1
    デバイスにペアレンタルコントロールを設定する Chrome拡張機能を使用してアダルトコンテンツをブロックできますが、知識のあるユーザーであればこれらの拡張機能を回避する方法を見つけ出してしまうかもしれません。また、インターネットに接続されているすべてのデバイスでペアレンタルコントロールを有効にする必要があります。Windows、macOS、iPhone、iPadにはペアレンタルコントロールがあり、「設定」または「システム環境設定」メニューからアクセスできます。
  2. 2
    ペアレンタルコントロールアプリをインストールする デバイスに搭載されているペアレンタルコントロールだけでなく、ペアレンタルコントロールアプリをインストールできます。Norton(ノートン)やMcAfee(マカフィー)などの多くのウイルス対策ソフトには、ペアレンタルコントロールの設定があります。また、Qustodio(クストディオ)、Locategy(ロケーテジー)、Net Nanny(ネットナニー)などのアプリでは、デバイスにペアレンタルコントロールを追加できるだけでなく、子どものインターネットの利用状況を監視できます。[1]
  3. 3
    セーフサーチをオンにする 不適切なウェブサイトをブロックするだけでなく、セーフサーチをオンにすることでGoogleなどの検索エンジンで不適切な検索結果をフィルタリングできます。Googleでセーフサーチをオンにするには、以下の手順を行います。
    • https://www.google.com/にアクセスします。
    • セーフサーチをオンにするアカウントにログインしていることを確認します。
    • 右下の設定をクリックします。
    • ポップアップメニューで検索設定をクリックします。
    • セーフサーチをオンにするの横にあるチェックボックスをクリックします。
  4. 4
    ペアレンタルコントロール対応Wi-Fi中継器を使用する ペアレンタルコントロールアプリを使用するだけでなく、Circle by Disney(サークル・バイ・ディズニー)やGryphon(グリフォン)などの製品をWi-Fi中継器として使用し、ルーターとペアリングしてWi-Fiネットワーク全体にペアレンタルコントロールを適用できます。[2]
  5. 5
    ルーターでウェブサイトをブロックする Wi-Fiルーターは、ログインして特定のウェブサイトをブロックできるものがほとんどです。また、ペアレンタルコントロール機能を搭載したルーターを購入してもよいでしょう。これを使用すれば、Wi-Fiネットワーク全体にペアレンタルコントロールを適用できます。
  6. 6
    インターネットサービスプロバイダに問い合わせる 多くのインターネットサービスプロバイダは、不適切なコンテンツをブロックしたり、スクリーンタイム(利用時間)を制限したりできる独自のサービスを提供しています。インターネットサービスプロバイダに問い合わせるか、インターネットサービスプロバイダのウェブサイトにアクセスしてログインし、保護者向けにどのようなサービスを提供しているか確認しましょう。[3]
  7. 7
    子どものインターネットの利用状況を監視する どのようなペアレンタルコントロールを導入しているかにかかわらず、子どものインターネットの利用状況を定期的に監視するとよいでしょう。ブラウザの履歴だけでなく、Googleアカウントの履歴をチェックできます。デバイスにダウンロードした写真や動画だけでなく、使用しているアプリもチェックしましょう。SMS、ダイレクトメッセージ(DM)、Reddit(レディット)やTelegram(テレグラム)のようなアプリでポルノを受け取っていないことを確認します。[4]
    広告

注意事項

  • 制限を受けていないユーザーは、Chromeから拡張機能を削除できます。
広告

関連記事

画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
ブロックされたウェブサイトにアクセスするブロックされたウェブサイトにアクセスする
Pinterestの動画をダウンロードするPinterestの動画をダウンロードする
Google PlayのアプリをパソコンにダウンロードするGoogle Playのアプリをパソコンにダウンロードする
深層Webにアクセスする深層Webにアクセスする
Webページの画面をコピーするWebページの画面をコピーする
Discordで動画を送るDiscordで動画を送る
YouTubeでチャンネル登録者を削除するYouTubeでチャンネル登録者を削除する
Webページを保存するWebページを保存する
Snapchatでプロフィール画像を変更するSnapchatでプロフィール画像を変更する
Googleドキュメントでテキストをボックスで囲むGoogleドキュメントでテキストをボックスで囲む
Instagramで2つのアカウントの連携を解除するInstagramで2つのアカウントの連携を解除する
トレントのダウンロード速度を上げるトレントのダウンロード速度を上げる
PayPalで本名を隠す(ビジネスアカウントを使用する)PayPalで本名を隠す(ビジネスアカウントを使用する)
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 194 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告