Google Chromeで位置情報サービスを有効にする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

このwikiHowでは、Google Chromeブラウザで現在位置情報の取得を有効にする方法を紹介します。デスクトップとモバイル版両方のGoogle Chromeで位置情報サービスを利用できますが、デスクトップ版Chromeは、そのとき開いているウェブサイトが自分の位置情報にアクセスしていなくても、常に自分の位置情報にアクセスし続けます。

方法 1 の 3:
デスクトップ

  1. 1
  2. 2
    をクリックする Chromeウィンドウの右上角にあるボタンです。クリックするとドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    設定をクリックする ドロップダウンメニューの下側にある項目です。
  4. 4
    下にスクロールして詳細設定をクリックする ページの下部にあるボタンです。詳細設定をクリックすると、ページの下側に追加でオプションが展開表示されます。
  5. 5
    下にスクロールしてサイトの設定をクリックする 展開されたオプションの中の「プライバシーとセキュリティ」セクションの下側にある項目です。
  6. 6
    位置情報をクリックする ページの上側にある項目です。
  7. 7
    青色の「アクセスする前に確認する(推奨)」スイッチをクリックする スイッチが灰色に変わります。これで、自分の位置情報を要求するすべてのウェブサイトが、自動的に自分の位置情報にアクセスできるようになります。[1]
    • 手動でウェブサイトに許可を与えるのが問題なければ、「アクセスする前に確認する」の設定を有効にしておくことを検討しましょう。有効にしていれば、信頼できるウェブサイトでは位置情報サービスを利用し、それ以外のウェブサイトではブロックすることが可能になります。
    • 「アクセスする前に確認する」のスイッチが青色である場合、位置情報を要求するウェブサイトを開いた際に、ページの左上角に許可およびブロックボタンが含まれたポップアップメッセージが表示されます。
    広告

方法 2 の 3:
iPhone

  1. 1
  2. 2
  3. 3
    位置情報をタップする 「Chrome」ページの上部にある項目です。
  4. 4
    このAppの使用中のみ許可をタップする Google Chromeを使用中に、Chromeから自分のスマートフォンの位置情報へのアクセスが可能になります。Chromeアプリを閉じている間は、位置情報へのアクセスが行われません。
    広告

方法 3 の 3:
Android

  1. 1
  2. 2
    をタップする 画面の右上角にあるボタンです。タップすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  3. 3
    設定をタップする ドロップダウンメニューの下側にある項目です。
  4. 4
    サイトの設定をタップする 設定の「詳細設定」セクションにある項目です。
  5. 5
    現在地をタップする 「サイトの設定」ページの上部にある項目です。
  6. 6
    広告

この記事は役に立ちましたか?

広告