Google ChromeでWebページをPDFとして保存する方法

テキストや画像が多く含まれたWebサイトを閲覧しているとき、一旦保存して後で読みたいと考えたことはありませんか?そんなときはPDFファイルとして保存するのが一番良い方法です。PDFファイルは印刷が容易であり、またどのデバイス上でも開くことができます。Google Chromeでは、任意のWebサイトをPDFとして素早く保存することが可能です。

ステップ

  1. 1
    Google Chromeを使ってWebサイトを開く 保存したいWebページに移動します。PDFとしてWebサイトを保存すると、画面に表示されている部分すべてが保存されます。ただし多くの場合、PDFに変換される際にWebサイトの書式設定が変わってしまいます。
  2. 2
    Chromeのメニューボタン(☰)をクリックする ウィンドウ右上の角に位置しているボタンです。
  3. 3
    メニューにある「印刷...」をクリックする 現在のタブが印刷画面に変わります。ここで、キーボードショートカットのCtrl+P(Windows)または Cmd+P(Mac)を押下しても印刷画面を開くことが可能です。ウィンドウの右側にWebサイトの印刷プレビューが表示されます。このときに、PDF変換による書式設定の変更を確認することができます。
  4. 4
    送信先でPDFを選択する 印刷ウィンドウの左側、「送信先」セクションにある変更...をクリックします。ウィンドウが開き、利用可能なすべてのプリンターの一覧が表示されます。
  5. 5
    「PDFに保存」を選択する 「ローカルの宛先」セクションにある項目です。
  6. 6
    コンピュータにファイルを保存する 「PDFに保存」を選択したら、保存をクリックします。コンピュータ上のファイルを保存する場所を選択する画面が表示され、ここでファイル名を変更することもできます。デフォルト設定では、作成されるPDFファイルはWebサイトのタイトルと同じ名前になります。 [1]
    広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: インターネット
このページは 287 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告