Chromeを既定のブラウザに設定する方法は、使用するパソコンのOSによって異なります。「設定」からChromeを既定のブラウザにする操作は可能ですが、「システム設定」からその操作を行う方がより信頼性があり、変更内容が確実に定着します。既定のブラウザの変更はWindows、MacOS、Android で行うことができます。 iOSデバイスの場合、デバイスを「脱獄」する必要があります。検索エンジンを変更したい場合は「設定」 > 「Safari 」> 「検索エンジン」を開き、 Google、Yahoo、Bingの中から選択します。

方法 1 の 5:
Windows 10の場合

  1. 1
    Chromeがインストールされていない場合はインストールを行います。Chromeを既定のブラウザに選択するためにはあらかじめChromeをインストールしておく必要があります。 ブラウザでgoogle.com/chrome/ を開き、「ダウンロード」をクリックします。インストーラーを起動し、Chromeのダウンロードを行います。
  2. 2
    スタートメニューを開き、「設定」をクリックもしくはタップします。「設定」ボタンは歯車のような形をしています。
  3. 3
    設定画面のホームから「システム」を選択します。様々なシステム設定が表示されます。
  4. 4
    システム設定画面の左側に表示されている「既定のアプリ」をクリックもしくはタップします。
  5. 5
    「Webブラウザー」を選択することにより、コンピューターにインストールされているブラウザが表示されます。
  6. 6
    ここでGoogle Chromeを選択することでChromeが既定のブラウザとなり、リンクとHTMLファイルが自動的にChromeで開かれます。[1]
  7. 7
    設定の変更が保存されていない場合は、「コントロールパネル」で操作を行います。既定のブラウザがWindowsに保存されない、Chromeが選択肢に表示されないというユーザーからの報告がしばしば見受けられます。そのような場合は「コントロールパネル」を開き、次に紹介するステップに従い、Chrome を既定のブラウザに設定します。[2]
    • 右クリックで「スタート」ボタンを開き、コントロールパネルを選択します。
    広告

方法 2 の 5:
Windows 8、 7、Vistaの場合

  1. 1
    Chromeのインストールを行います。Chromeを既定のブラウザに選択するためにはあらかじめChromeをインストールしておく必要があります。Internet Explorerで google.com/chrome/ を開き、Chromeをダウンロードします。
  2. 2
    スタートメニューから「コントロールパネル」を開きます。Windows 8の場合、右クリックで「スタート」ボタンを開き、コントロールパネルを選択するか、スタート画面から「コントロールパネル」を検索します。
  3. 3
    「既定のプログラム」を選択します。カテゴリ表示になっている場合は、まず「プログラム」を選択します。
  4. 4
    「既定のプログラムの設定」をクリックします。プログラム一覧を表示するのに時間がかかることがあります。
  5. 5
    一覧が表示されたらGoogle Chromeを選択します。見つけるまでにスクロールする必要があるかもしれません。
  6. 6
    「このプログラムを既定のプログラムに設定する」をクリックします。これにより全てのWebリンクとHTMLファイルにおいてChrome が既定のブラウザに指定されます。
    広告

方法 3 の 5:
MacOSの場合

  1. 1
    Chromeがインストールされてない場合、インストールを行います。Chromeを既定のブラウザに選択するためにはあらかじめGoogle Chromeをインストールしておく必要があります。google.com/chrome/を開き、画面上部の「ダウンロード」をクリックしてChromeのインストールを行います。
  2. 2
    ダウンロードが完了したら、Chromeのインストーラーを起動します。Chromeをインストールするためには、「ダウンロード」フォルダからDMGファイルを選択し、Google Chromeのアイコンをドラッグして「アプリケーション」フォルダに入れます。インストールが完了すれば、DMGファイルは削除して構いません。
  3. 3
    アップルメニューをクリックし、「システム環境設定」を選択します。Chromeのインストールが完了すれば「システム環境設定」メニューから既定のブラウザとして設定が可能です。
  4. 4
    「システム環境設定」メニュー内の上部にある「一般」を選択します。
  5. 5
    「デフォルトのWebブラウザ」をクリックし、Google Chromeを選択します。これにより全てのWebリンクとHTMLファイルにおいてChrome が既定のブラウザに指定されます。[3]
    広告

方法 4 の 5:
Androidの場合

  1. 1
    Chromeがインストールされていることを確認します。Chromeを既定のブラウザに選択するためにはあらかじめGoogle Chromeをインストールしておく必要があります。Google Playストアからインストールが可能です。
  2. 2
    端末の「設定」アプリを開きます。ホーム画面か「アプリドロワー」から開くことができます。「アプリドロワー」はホーム画面下部の格子型のボタンをタップして開くことが可能です。
  3. 3
    「アプリ」もしくは「アプリケーションマネージャー」を選択します。それにより使用しているAndroid端末内にインストールされているアプリの一覧が表示されます。
  4. 4
    現在の既定ブラウザを見つけたらタップします。リンクを開くのに現在使用しているブラウザを見つける必要があります。ブラウザが端末にインストールされている場合、アプリ一覧のタブを「全て」に変更する必要があるかもしれません。
    • Android標準ブラウザのほとんどは「ブラウザー」あるいは「インターネット」と表記されています。
  5. 5
    「標準設定をクリア」をタップします。アプリページ内をスクロールしないと見つからないかもしれません。Android 6.0以降の場合、まずは「標準で起動」をタップします。
  6. 6
    Eメールもしくはウェブサイトのリンクをタップします。標準設定のクリアが完了したら、ウェブサイトもしくはオンラインファイルのリンクを何かタップしましょう。Eメールや友人からのショートメッセージやブラウザを開いて見つかるもので構いません。
  7. 7
    Google Chromeをアプリの一覧より選択します。使用可能なアプリ一覧の中に、インストールされた全てのブラウザがあります。 Google Chromeをタップします。
  8. 8
    「常時」を選択し、Chromeを既定のブラウザに設定します。これにより使用しているAndroid端末の全てのWebリンクとHTMLファイルにおいてChrome が既定のブラウザに指定されます
    広告

方法 5 の 5:
iOSの場合

  1. 1
    iOSデバイスの場合、デバイスの脱獄を行います。iOSデバイスにおいて既定のブラウザを変更するにはデバイスを脱獄する以外の方法はありません。通常最新バージョンのiOSが備わっているデバイスでの脱獄は不可能です。
  2. 2
    脱獄済みのiOS デバイスでCydiaを開きます。Cydiaは脱獄したiOSデバイス向けのパッケージ管理ソフトで、様々な脱獄専用アプリのインストールを可能にします。Cydiaはデバイスの脱獄後にホーム画面に表示されます。
  3. 3
    検索マークをタップし、「Open In Chrome」を検索します。これはiOSデバイスのシステム設定向けのアプリ(tweak)で、既定のブラウザを変えることができます。「Open In Chrome」はCydiaの既存のリポジトリとして入っています。
  4. 4
    「インストール」をタップし、「Open In Chrome」をインストールします。 iOSデバイスはインストールを完了するために再起動されます。
  5. 5
    デバイスで「設定」を開きます。「Open In Chrome」により、デバイスの「設定」アプリの中に新たなオプションが加えられます。
  6. 6
    「Open In Chrome」が「オン」の状態になっていることを確認します。「設定」内の「Open In Chrome」のスライドを「オン」の状態にします。これでChromeが既定のブラウザに設定されます。
  7. 7
    リンクをタップしChromeを既定のブラウザとして開きます。「Open In Chrome」が「オン」になっていれば、デバイスで開く全てのリンクはChromeで開かれます。メール、ショートメッセージ、アプリ、ウェブサイト等にあるリンク全てがChromeを既定のブラウザとして開かれるようになります。[4]
    広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

画像のURLを取得する

How to

Outlookで投票ボタンを使う

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

2台のルーターを接続する

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する

How to

Internet Explorerでデスクトップにウェブサイトへのショートカットを作成する

How to

ウェブサイトから無料で動画をダウンロードする
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,583回アクセスされました。
カテゴリ: インターネット
このページは 2,583 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告