Googles Mapで現在地を表示するには、携帯電話やタブレットの位置情報サービスがオンになっている必要があります。デスクトップコンピューターでは、Google Maps上で現在地を表示することはできません。位置情報サービスを利用してGoogle Mapsアプリ上で現在地を表示する方法をご紹介します。

方法 1 の 2:
アンドロイド携帯でGoogle Mapsを使う

  1. 1
    アンドロイド携帯で位置情報サービスが使えるようにしましょう。位置情報サービスを利用してGoogle Mapsが現在地を把握できなければいけません。以下にその方法をご紹介します。
    • アプリドロワーにある設定アプリを開きます。
    • 虫眼鏡のアイコンをタップします。
    • 検索バーに場所と入力します。
    • 場所の隣にあるスライドをタップします。
      • 他の方法として、ホーム画面を2本の指でスクロールダウンして場所のアイコンをタップします。地図のマーカーに似ているアイコンです。
  2. 2
    Google Mapsを開きます。赤いGoogleの場所目印がある地図のようなアイコンです。
    • Google Mapsアプリがない場合には、Google Play Storeアプリからダウンロードすることができます。
  3. 3
    場所のボタンをタップします。地図表示によって違いがありますが画面の右下にある青いコンパスかコンパスの針がこれに当たります。青い丸によって表示されている現在地を基にして地図が表示されるでしょう。
    • 青い丸から出ている青い半透明の円錐は向いている方角を示しています。
    • 指を動かすと地図を拡大または縮小することができ、現在地や周辺情報を調べることができます。
    広告

方法 2 の 2:
iPhoneやiPadでGoogle Mapsを使う

  1. 1
    設定から位置情報サービスをオンにします。現在地を特定するためには位置情報サービスを利用する必要があります。以下に、この機能をオンにする方法をご紹介します。
    • 設定アプリを開きます。
    • プライバシーをタップします。.
    • 位置情報サービスをタップします。
    • 「位置情報サービス」の隣にあるスライドをタップします。
  2. 2
    Google Mapsアプリを開きます。赤いGoogleの場所目印がある地図のようなアイコンです。ホーム画面上で見つけることができるでしょう。
    • iPhoneやiPadにGoogle Mapsアプリがダウンロードされていない場合は、App Storeからダウンロードすることができます。青地に白い大文字Aが書いてあるのがApp Storeアイコンです。
  3. 3
    場所ボタンをタップします。どの表示方法で表示されているかによって違いがありますが、このボタンは青い紙飛行機か青いコンパスの針の形をしているでしょう。青い丸によって表示されている現在地を基にして地図が表示されています。
    • 青い丸から出ている青い半透明の円錐は向いている方角を示しています。
    • 指を動かすと地図を拡大または縮小することができ、現在地や周辺情報を調べることができます。
    広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

画像のURLを取得する

How to

Outlookで投票ボタンを使う

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する

How to

2台のルーターを接続する

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

ウェブサイトから無料で動画をダウンロードする

How to

YouTubeでチャンネル登録者を削除する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する
広告

このwikiHow記事について

Nicole Levine, MFA
共著者 :
Nicole Levine, MFA
IT専門家
この記事の共著者 Nicole Levine, MFA. ニコール・レヴィンはwikiHowに勤務するテクノロジーライター兼編集者です。技術文章の作成に関し20年以上の経験があり、現在まで大手のウェブホスティング会社やソフトウェア開発会社のチームリーダーを務めてきました。ポートランド州立大学にてクリエイティブライティングの修士号を取得し、様々な教育施設にて作文、小説創作、Zine(個人制作の冊子)の作り方について講義を行っています。
カテゴリ: インターネット
このページは 531 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告