この記事では、パソコン、カメラ、ゲーム機など、様々な種類のビデオ機器をテレビのHDMIポートに接続する方法を紹介します。HDMI(High-Definition Multimedia Interface:高精細度マルチメディアインターフェース)は、デバイス間で高質なデジタル音声と映像を伝送するための通信規格の1つです。デバイスにHDMIポートがない場合でも、専用のケーブルやアダプターを使用して接続することが可能です。

方法 1 の 2:
標準のHDMIデバイスを接続する

  1. 1
    テレビのHDMIポートの場所を確認する 最近のテレビには、13.9mm×4.45mmのHDMIポート(タイプA)が少なくとも1つ備わっています。通常、ポートには「HDMI」という表示があります。複数のポートがある場合は、「HDMI1」「HDMI2」などと番号がふられているはずです。
    • 前面または側面にHDMIポートがあるテレビもあります。
  2. 2
    正しい種類のHDMIケーブルを用意する デバイスのHDMIポートがテレビと同じ形(タイプA、13.99 mm×4.45 mm)をしていれば、標準のHDMIケーブル(タイプA)を用意しましょう。このケーブルの両端には19ピンのコネクタが付いています。しかし、カメラやポータブルメディアプレーヤーなどのデバイスにあるHDMIポートはサイズが小さく、別の種類のケーブルが必要です。
    • タイプC、ミニHDMI:この種類のHDMIポートは、少し古いデジタル一眼レフカメラやビデオカメラによく見られます。サイズは0.42 mm×2.42 mmで、タイプAよりもかなり小さいポートです。使用中のデバイスにこのポートがある場合は、ミニHDMI(タイプC)をHDMI(タイプA)に変換する ケーブルが必要です。
    • タイプD、マイクロHDMI:このポートは6.4 mm×2.8 mmとタイプCよりもさらに小さく、GoProや一部のスマートフォンなど小型の録画機器に使用されています。この場合は、マイクロHDMI(タイプD)をHDMI(タイプA)に変換するケーブルが必要になります。
  3. 3
    ケーブルの片方のプラグをデバイスに差し込む テレビと接続したいデバイスの電源を入れ、HDMIポートにポートに合う形をしたほうのプラグを差し込みましょう。
    • HDMIポートには上下の向きがあり、正しい向きでしか挿入できません。間違った向きに無理に差し込んだ場合、ケーブルとデバイスの両方を傷めることがあるため注意しましょう。
  4. 4
    もう一方のプラグをテレビに差し込む テレビの電源を入れ、HDMIポートにケーブルのプラグをしっかりと差し込みましょう。テレビに複数のHDMIポートがある場合は、使用するポートの番号を控えておきましょう。
  5. 5
    テレビの入力をHDMIに切り換える テレビの本体、またはリモコンの入力切換ボタンを押し、ケーブルをつないだHDMIポートを選択しましょう。該当するHDMIポートの番号に切り換わるまで、必要に応じてボタンを複数回押しましょう。入力切換が正しく完了すれば、接続した機器から出力される映像が画面に表示されます。
    • Windowsを使用している場合、 Win+Pで「映す」パネルを開き、画面をテレビに映すためのオプションを選択しましょう。たとえば、デスクトップ画面を映したい場合は、複製を選択します。
    • Macでは、画面は自動的にテレビに映し出されるはずです。画面比率が正しくない場合、アップルメニュー>システム環境設定>ディスプレイ>ディスプレイの順に進み、ディスプレイのデフォルトを選択します。特定の解像度に設定するには、変更を選択し、希望する解像度を指定しましょう。[1]
  6. 6
    パソコンの音がテレビから聞こえるかどうか確認する(任意で) パソコンをテレビに接続した場合、以下の手順でテレビのスピーカーから音が聞こえるかどうかを確認しましょう。
    • Macアップルメニュー>システム環境設定>サウンド>出力の順に進み、接続中のテレビまたはHDMIを選びましょう。
    • Windows:タスクトレイの「スピーカー」アイコン(時刻の横にある)を右クリックし、サウンドの設定を開くを選択したら、パソコンのデフォルトのオーディオデバイスを選びましょう。多くの場合スピーカー(High Definition Audio)であり、「出力デバイス」メニューから選択できます。
    広告

方法 2 の 2:
HDMI非対応デバイスをテレビのHDMIポートに接続する

  1. 1
    HDMI非対応デバイス側のHDMIと互換性のあるポートを確認する テレビにHDMIがあり、ゲーム機、パソコンなどのデバイスにはない場合でも、デバイスのポートを標準のHDMI(タイプA)に変換するアダプターを使って接続することが可能です。必要なHDMIアダプターまたはケーブルは、以下の通りポートの種類によって異なります。
    • DisplayPort:この種のポートは、HDMIに変換されるとデジタル音声と高解像度の映像の両方に対応します。ポートには、「DP」または「DisplayPort」と表示があるはずです。使用中のノートパソコンやタブレットにDisplayPortがある場合、DisplayPortをHDMI(タイプA)に変換するケーブル、またはアダプターが必要です。[2]
      • Microsoft Surfaceなどのデバイスには、標準サイズのポートではなくmini DisplayPortというポートがあります。この場合、mini DisplayPortをHDMI(タイプA)に変換するケーブルまたはアダプターが必要となります。
    • DVI:DVI出力は音声を伝送しませんが、DVIをHDMI(タイプA)に変換するケーブルまたはアダプターを使用すれば、高画質の映像を映し出すことができます。DVIポートにはいくつかのサイズがあるため、正しいケーブルを用意しなければならないことに留意しましょう。DVIポートのピンの数を把握し、ケーブルまたはアダプターが対応するかどうかを確認しましょう。
    • VGA:今や時代遅れのVGAポートがある場合、テレビに高画質の映像を映すことはできず、音声も出ません。VGAをHDMI(タイプA)に変換するコンバーターやアダプターを使用して、デバイスを接続すること自体は可能です。
  2. 2
    正しいケーブルまたはアダプターを選ぶ
    • 最近のテレビの多くには、13.9mm×4.45mmのHDMIポート(タイプA)が少なくとも1つ備わっています。一方がタイプAのHDMIプラグ、もう一方がDVI、DisplayPortあるいはVGAプラグになっているケーブルが販売されています。HDMIではないほうのプラグサイズが、使用中のデバイスのポートにぴったり合うかどうかを必ず確認するようにしましょう。
    • 他に、小型のアダプターやコンバーターを買うという方法もあります。アダプターを用いる場合、標準のHDMIケーブルをHDMI端子につなぎ、標準のDVI、DisplayPortあるいはVGAケーブルをもう一方の端子につなぎます。すなわち、2つの異なる種類のケーブルを1つのアダプターにつなげることになります。
    • HDMIケーブルは、デバイスとテレビを接続するのに十分な長さが必要です。2つのデバイス間でケーブルが張ってしまわないように、少し長めのケーブルを用意しましょう。
  3. 3
    HDMI(タイプA)プラグをテレビのポートに差し込む テレビの電源を入れ、HDMIポートにケーブルのプラグをしっかりと差し込みましょう。テレビに複数のHDMIポートがある場合は、使用するポートの番号を控えておきましょう。
  4. 4
    ケーブルのもう一方のプラグをデバイスまたはアダプターに差し込む HDMIを他の形式に変換するケーブルを使用する場合は、ポートに合う形をしたほうのプラグを差し込みましょう。アダプターを用意した場合は、HDMIケーブルのもう一方のプラグをアダプターのHDMIポートに差し込みます。その後、適切なケーブル(DVI、DisplayPortあるいはVGA)を使用して、アダプターとデバイスをつなぎましょう。
    • プラグを無理にポートに差し込まないようにしましょう。上下の向きが間違っていると差し込めません。サイズが全く合わない場合は、ケーブルの種類が間違っていると考えられます。
    • VGAポートに対してアダプターを使用する場合、各アダプタープラグの色を、パソコンの音声ポートと映像ポートの色と合わせて差し込みましょう。
  5. 5
    テレビの入力をHDMIに切り換える HDMI非対応デバイスの電源を入れ、テレビの本体またはリモコンの入力切換ボタンを押し、ケーブルをつないだHDMIポートを選択しましょう。該当するHDMIポートの番号に切り換わるまで、必要に応じてボタンを複数回押しましょう。入力切換が正しく完了すれば、接続した機器から出力される映像が画面に表示されます。
    • Windowsを使用している場合、 Win+Pで「映す」パネルを開き、画面をテレビに映すためのオプションを選択しましょう。たとえば、デスクトップ画面を映したい場合は、複製を選択します。
    • Macでは、画面は自動的にテレビに映し出されるはずです。画面比率が正しくない場合、アップルメニュー>システム環境設定>ディスプレイ>ディスプレイの順に進み、ディスプレイのデフォルトを選択します。特定の解像度に設定するには、変更を選択し、希望する解像度を指定しましょう。[3]
  6. 6
    必要に応じて音声ケーブルを別途接続する DisplayPortを使用していない場合、通常は別途ケーブルを用意して音声をテレビに伝送する必要があります。[4]
    • 入力するデバイスとテレビに適切なポートがある場合は、別途音声ケーブルを使用して2つのデバイス間を直接接続することができるはずです。
    • または音声ケーブルを使用し、入力デバイスからの音声を、あらかじめテレビにつないでおいた別のスピーカーへ送ることも可能です。
    広告

ポイント

  • デバイスからの出力映像がテレビに映し出されない場合は、ポートやコネクタに汚れやさびがないか確認しましょう。通常のクリーニングでは解決しないはずなので、コンタクトグリースを使ってみましょう。ごく少量を使い、接点の間に余分なグリースが溜まらないように注意することで、ショートを起こさないようにしましょう。
  • 高価なHDMIケーブルを買う必要はありません。信号はデジタルなので、ケーブルは機能するかしないかのどちらかです。高価なケーブルと安価なケーブルの違いはほとんどありません。
  • 1080p信号を7.6m以上、あるいは1080i信号を14.9m以上送らなければならない場合は、信号増幅器やアクティブケーブルが必要になることがあります。これらはどちらも外部からの電力源を必要とし、壁のプラグに差し込んで使用するものです。[5]

広告

関連記事

How to

XMLファイルを開く

How to

EMLファイルを開く

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

ワイヤレスマウスを接続する

How to

VCFファイルを開く

How to

キズの付いたCDを修復する

How to

Facebook Messengerでメッセージを削除する

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

DLLファイルを開く

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

AndroidでSMSを別の端末に移行する

How to

コマンドプロンプトでファイルをコピーする

How to

2台のパソコンを接続する

How to

DVDプレーヤーを接続する
広告

このwikiHow記事について

Nicole Levine, MFA
共著者 by
IT専門家
この記事の共著者 by Nicole Levine, MFA. ニコール・レヴィンはwikiHowに勤務するテクノロジーライター兼編集者です。技術文章の作成に関し20年以上の経験があり、現在まで大手のウェブホスティング会社やソフトウェア開発会社のチームリーダーを務めてきました。ポートランド州立大学にてクリエイティブライティングの修士号を取得しており、様々な教育施設にて作文、小説創作、Zine(個人制作の冊子)の作り方について講義を行っています。
このページは 9 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告