PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、HP Pavilionのノートパソコンでキーボードのバックライトを点灯させる方法を解説します。通常、このバックライトはノートパソコンのキーボードにある「F5」などの特定の「ファンクション」キーを押せば点灯させることが可能です。また、点灯しないバックライトがある場合は、「ハードリセット(ハードリブート)」を行えば、バックライトをリセットできることがあります。

方法 1 の 2:
ライトを点灯させる

  1. 1
    ノートパソコンを充電器につなぐ 場合によっては、充電器の電源が入っていない状態でノートパソコンがある程度以上充電されていないと、キーボードのバックライトが点灯しないことがあります。その場合は、ノートパソコンを充電器につなぎましょう。
  2. 2
    「バックライト」キーを探す 「バックライト」キーは、キーボードの一番上にあるファンクションキーのいずれか(通常はF5)で、3点リーダーのような記号が付いています。[1]
  3. 3
    「バックライト」キーを数回押す ファンクションキーを押すとハードウェア制御機能が利用できるようにノートパソコンのキーボードが設定されている場合は、これで、キーボードの明るさ設定を切り替えることができます。「バックライト」キーを数回押すたびに、キーボードのバックライトは明るくなったり暗くなったりするはずです。
    • 「バックライト」キーを押しても何も変わらない場合は、次の手順に進みましょう。
  4. 4
    Fnキーを押しながら「バックライト」キーを押してみる Fnキーは、キーボードの左下にあります。前項の手順でバックライトを点灯できなかった場合は、Fnキーを押しながら「バックライト」キーを押せば、バックライトの明るさを変更することが可能です。
    • Fnキーを押しながら「バックライト」キーを数回押さないと、明るさ設定の切り替えが一周しない場合があります。
  5. 5
    HP Pavilionのキーボードにバックライトが付いていることを確認する HP Pavilionのノートパソコンにキーボードのバックライトが必ず付いているわけではありません。ここまでで、バックライトを点灯させる方法が見つからなかった場合は、ノートパソコンの取扱説明書やオンラインマニュアルをチェックして、キーボードにバックライトが付いているかどうかを確認しましょう。
    広告

方法 2 の 2:
調子の悪いライトをリセットする

  1. 1
    HP Pavilionに取り外し可能なバッテリーが取り付けられていることを確認する HPのノートパソコンは、「ハードリセット」でバックライトにおいて考えられるハードウェアの問題を解決できますが、そのためには、ノートパソコンからバッテリーを取り外さなければなりません。
    • HP Pavilionのバッテリーが密閉型の場合でも、技術的にはバッテリーを取り外すことができますが、そのためには、バッテリーを取り外す前にキーボードといくつかの精密部品を取り外さなければならず、推奨はされていません。
  2. 2
    ノートパソコンからケーブルやUSB機器をすべて取り外す これには充電ケーブルやUSBフラッシュドライブ、スピーカーなどが含まれます。
  3. 3
  4. 4
    ノートパソコンからバッテリーを取り外す ノートパソコンに取り外し可能なバッテリーが取り付けられている場合は、以下の手順に従って、バッテリーを取り外すことができます。
    • ノートパソコンを裏返して、底面が上を向くようにします。
    • バッテリーカバーのスイッチを内側に押したままにします。
    • ノートパソコンからバッテリーカバーを引きはがします。
    • ノートパソコンからバッテリーを取り外し、柔らかい乾燥した表面(タオルなど)の上に置いて保管します。
  5. 5
    「電源」ボタンを20秒間長押しする ノートパソコンに残っている電力が放電されます。
  6. 6
    バッテリーを元に戻して、バッテリーカバーを閉じる これで、ノートパソコンの電源を入れる準備ができました。
    • 「ハードリセット」を行う前にはすでにノートパソコンの充電が足りなくなっていた場合は、ノートパソコンを充電器につなぎ直しましょう。
  7. 7
    ノートパソコンの電源を入れ直す ノートパソコンの「電源」ボタンを押すと、ノートパソコンは通常どおり起動します。
  8. 8
    バックライトを点灯させてみる ノートパソコンの「ハードリセット」が完了すれば、キーボードの明るさ設定を切り替えられるようになっているはずです。
  9. 9
    完了
    広告

ポイント

  • 調子の悪いキーボードのバックライトを修理するには、通常、専門家からのアドバイスが必要になります。
広告

注意事項

  • ノートパソコンのバックライトが壊れてしまっているか焼けてしまっている場合は、バックライトを交換しなければなりません。
広告

関連記事

ブート可能なUSBメモリを作成するブート可能なUSBメモリを作成する
ロジクールのウェブカメラをインストールするロジクールのウェブカメラをインストールする
キーボードのリセットキーボードのリセット
パソコンのRAMを確認するパソコンのRAMを確認する
グラフィックボードのドライバーを更新するグラフィックボードのドライバーを更新する
読み取り専用のUSBメモリをフォーマットする読み取り専用のUSBメモリをフォーマットする
家庭用品を使ってノートパソコンの画面を掃除する家庭用品を使ってノートパソコンの画面を掃除する
Windowsでワイヤレスアダプターを手動でリセットするWindowsでワイヤレスアダプターを手動でリセットする
Ubuntuでキーボードレイアウトを変更するUbuntuでキーボードレイアウトを変更する
マウスの感度を変えるマウスの感度を変える
キーボードからキーを外すキーボードからキーを外す
グラフィックボードを交換するグラフィックボードを交換する
キーボードのキーの不具合を解消するキーボードのキーの不具合を解消する
USBメモリをフォーマットするUSBメモリをフォーマットする
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 この記事は10,615回アクセスされました。
このページは 10,615 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告