HTMLファイルを実行する方法

この記事には:HTML ファイルを保存するHTMLファイルを実行するウェブサイト用にHTMLファイルを実行する

HTML(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)はウェブベースのスクリプト言語です。HTMLは主にウェブサイトの外観と機能を構築するために用いられます。HTMLコードを含む全てのファイルは拡張子「.HTML」を使って保存されます。現在利用されている全てのブラウザ(Google Chrome、Safari、Mozilla Firefoxなど)は、HMTL形式のファイルを認識して開くことができます。したがって、好きなウェブブラウザでファイルを開くだけで、HTMLファイルを実行することができます。

パート 1
HTML ファイルを保存する

  1. 1
    HTMLを理解する HTMLは、「Hypertext Markup Language:ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ」を意味します。HTMLファイルは、ウェブページのコンテンツとレイアウトを表すテキストファイルです。任意のテキストエディタ(例:メモ帳、notepad++、他のHTML専用エディタ)を使ってHTMLファイルを読むことができます。しかし、ファイルに記述されているプログラムがどのように見えるかを確認したい場合は、ウェブブラウザ(HTMLファイルを読み込んでレンダリングするように設計されています)でファイルを実行する必要があります。
  2. 2
    基本的なテキストエディタにHTMLを書くまたはコピーする コーディングのスキルが上達するにつれて、Adobe Dreamweaver、Microsoft Expression Web、Coffee cup HTML EditorなどのHTML編集プログラムを使用できますが、初心者のうちは、メモ帳(Windows)やテキストエディット(Mac)などのシンプルなプログラムで十分です。
  3. 3
    ファイルをHTMLファイル(ファイル名.html)として保存する メモ帳、テキストエディット、または他のテキストエディタでHTMLファイルを作成した場合は、必ず適切な表記で保存するようにしましょう。ファイルを保存する前に、(必要に応じて)[ファイルの種類]を[すべてのファイル]に変更して[保存]をクリックしましょう。

パート 2
HTMLファイルを実行する

  1. 1
    パソコンにブラウザがインストールされていることを確かめる パソコンでHTMLファイルを実行するには、ブラウザが必須です。
  2. 2
    保存したファイルを探す ファイルが特定のフォルダにあると思っても、それが見つからない場合は、パソコンのファイル検索を実行してみましょう。スタートメニュー一番下にある検索ボックス(Windows)またはFinderアプリの検索ボックス(Mac)に、「ファイル名.html」を入力して検索します。
    • 通常HTMLファイルは、ファイルと同じ名前のフォルダ(ただし「.html」の拡張子はついていません)に入っています。フォルダの中には、「.js」、「.css」などの拡張子のファイル、画像ファイル、その他のファイルなどが入っているかもしれません。これらのファイルはウェブページのレイアウトと機能に必要なファイルであるため、気にしなくても大丈夫です。これらのファイルは削除せずに、HTMLファイルと同じディレクトリ(フォルダ)に残しておかなければなりません。さもなければ、ページが正しく表示されません。HTMLファイルを修正したい場合は、HTML言語およびその他のスクリプト言語を学習する必要があります。
  3. 3
    ファイルをプログラムで開く ファイルを右クリック(Windows)またはダブルクリック(Mac)し、表示されるメニューで[プログラムから開く]をクリックしましょう。既定のブラウザが一番上に表示されますが、パソコンにインストールされているどのブラウザでも選択することができます。Google Chrome、Mozilla Firefox、Safariなどの好きなブラウザを使ってファイルを開きましょう。
    • ほとんどのパソコンでは、「.html」ファイルは既定のブラウザに関連づけられています。そのため、一般的にファイルを開くためにブラウザを探す必要はなく、ファイルをダブルクリックすれば、パソコンが既定のブラウザでファイルを開きます。
    • Windowsでは、パソコンがファイルを認識しない場合に、インストール済みのアプリケーションでファイルを開くか、またはインターネットでその拡張子のファイルを開くためのプログラムを探すかを聞かれます。[インストールされたプログラムの一覧からプログラムを選択する]を選択しましょう。すると、パソコンにインストールされている全てのブラウザ一覧から選択できるようになります。
  4. 4
    選択したブラウザでHTMLファイルを表示する ブラウザは自動的にコードを解釈して表示します。アドレスバーにファイルの場所が表示されるため、他のファイルではなく選択したファイルが開かれていることを確かめられます。
  5. 5
    他の方法で実行する ブラウザを開いて「Ctrl+O」を押して、[開く]メニューを表示させる方法もあります。ここから自分のファイルを探してダブルクリックし、ブラウザのタブにプログラムが表示されるのを見ましょう。[開く]メニューを表示するためのショートカットキーは、ブラウザによって異なる場合があるため、ブラウザの設定を確認しましょう。

パート 3
ウェブサイト用にHTMLファイルを実行する

  1. 1
    好きなFTPプラットフォームを開く ホストにFTPプラットフォームが搭載されている場合は、それを利用するのが一番簡単です。FTPプラットフォームが搭載されていない場合は、FileZillaなどのサードパーティーFTPホストを利用しましょう。
  2. 2
    リモートサーバー(自分のウェブサイトのサーバー)に接続する ホストに搭載されているプラットフォームを利用している場合は、これについて気にする必要はありません。左側に2つ、右側に2つのボックスが表示されます。左側のボックスと右上のボックスについて気にする必要はありません。右下のボックスにのみ注意を払う必要があります。
  3. 3
    HTMLファイルを探してボックスにドラッグする すぐにファイルのアップロードが始まります。ホストに搭載されているプラットフォームを使用している場合は、「htdocs」(またはデフォルトのHTML)フォルダを探して[アップロード]を押しましょう。するとオプションが表示されます。
    • ショートカットを使うと、LNKファイルのコピーがアップロードされてしまいます。これは望ましいことではないため、ショートカットを使わないようにしましょう。
  4. 4
    ファイルのアップロードが完了するのを待つ それから、デフォルトページを削除した場合は、自分のウェブサイトに行き、アップロードしたHTMLファイルを確認しましょう。ディレクトリが一覧表示された場合は、自分のHTMLファイルをクリックして表示しましょう。

ポイント

  • この方法をうまく実践するために、Internet Explorer 7よりも新しいブラウザを利用しましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む19人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: コンピューター

他言語版:

English: Run a HTML File, Español: ejecutar un archivo HTML, Русский: запустить HTML файл, Italiano: Eseguire un File HTML, Português: Executar um Arquivo HTML, Bahasa Indonesia: Menjalankan Berkas HTML, Deutsch: Eine HTML Datei ausführen, Français: exécuter un fichier HTML, Nederlands: Een html‐bestand draaien, العربية: تشغيل ملف اتش تي ام ال, 中文: 运行HTML文件, ไทย: เปิดไฟล์ HTML, Tiếng Việt: Chạy tập tin HTML

このページは 111 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?