いくつかのライフハックを取り入れると、自分のIQを標準以上のレベルに高められることがあります。そのためには、読書、パズル、新たな経験などを通して、いつもの習慣から脱却することで脳に刺激を与えましょう。こうした努力をたんぱく質、ビタミンBといった栄養面からも補い、脳の覚醒状態を保つ能力を高めましょう。正しい食事と生活態度で驚くような変化を遂げることができます。準備はできていますか?

パート 1 の 3:
日頃の習慣を変える

  1. 1
    日常の動作を異なった方法で行う 普段、自動運転のように行っている動作を異なった方法で行い、新たな結合や経路を形成するよう脳に刺激を与えましょう。利き腕でないほうの手で歯を磨いてみましょう。逆再生のように歩いてみても良いでしょう。異なる言語で独り言を言うといった方法も有効です。日頃の習慣を混乱させるようなことを試しましょう!
    • こうした行動で脳に新しい経路や結合が形成されます。特に一旦基本を押さえてしまうと、いかに日頃の生活が単純であるかということを人間は忘れがちです。この基本を混乱させると、脳は新たなスキルを習得せざるを得なくなり、いっそう負荷がかかります。
  2. 2
    瞑想する 瞑想はストレスや気分を改善するだけでなく、脳の機能に対しても効果があるということを複数の研究結果が示しています。[1] 脳への血液の循環、忍耐、集中力、記憶も改善することが判明しています。もちろんリラックスできるという効果もあります。
    • 毎日30分の瞑想を行いましょう。これは一回の瞑想を10~15分として、2~3回に分けることも可能です。起床後、運動を行った後、就寝前に行うと良いでしょう。
  3. 3
    サプリメントを摂取する 脳の機能や能力を高める「スマートドラッグ」のより安全な代替策として、自然由来のサプリメントを摂取すると良いでしょう。まず医師と相談し、正しい量を服用することを徹底しましょう。下記の成分は効果が科学的に実証されています。
  4. 4
    有酸素運動を取り入れる 脳科学の専門家ウィン・ウェンガー博士が行った研究によると、呼吸と集中力の持続時間は相関しています。水泳や水中で走る動作などを試してみましょう。身近にプールが無い場合は、何らかの有酸素運動を取り入れましょう。起床後と就寝前に45分間運動をしましょう。この運動の後に瞑想を合わせると、より効果的です。
    • これはウェスト周りの引き締めにも効果的です。引き替えに、運動をすることで気分も改善します。運動でエンドルフィンが分泌されるほど脳は活性化され、気分も良くなります。
  5. 5
    脳が求めるタイミングで睡眠をとる 脳のピークが朝の9時の人もいれば夜の9時の人もいます。何杯目かのコーヒーの助けもあり深夜2時に頭が冴えてくるという人も少なくありません。それぞれに個人差があるので、脳が求めるときに睡眠をとりましょう。夜型なのであれば睡眠は遅い時間からで良いでしょう。怠けているのではありません。時間を賢く使っているだけだと考えましょう。
    • 同時に毎日7~9時間の睡眠を確保するようにしましょう。疲れていると脳も100パーセントの状態で機能できません。稼働率が落ち、冬眠中と似たような状態になってしまいます。あなたを生き延びさせるために必要と脳が判断したために起こります。慢性的に睡眠不足が続くと、脳も能力を完全に発揮できず、様々な心身の疾患を引き起こす恐れもあります。
    広告

パート 2 の 3:
スキルを磨く

  1. 1
    読書量を増やす 遺伝と切り離して考えてみても、知識がIQに多きな影響を与えることは確かです。数学や物理学といった科学系の本を読んでみましょう。科学分野の知識はあなたの視野を広め、引き替えに、あなたの理解、語彙、空間把握や数学的能力、論理的思考といった要素を伸ばします。
    • オープンコースウェアを利用すると、マサチューセッツ工科大学で提供されている1800もの講義のメモ、シラバス、テストといった教材を活用できます。その他にもコーセラやカーンアカデミー、あるいはユーチューブといったプラットホームもとても便利です。
  2. 2
    ワードパズルや問題解決型のゲームなどを解く 認知症の予防や脳の機能の維持のために定期的にパズルやゲームを解くようにしましょう。つまり昨今ではありがたいことに、インターネットとスマホをこれまで以上に使う口実になるということを意味しています!また、Lumosity[6]、What Saying、Quiz Upといったゲームのアプリをダウンロードし、脳トレに役立てましょう。キャンディークラッシュは一休みし、その時間をIQ向上に充てましょう!
    • WAISやスタンフォード・ビネーといった一般的なIQテストは一つのシンプルな形式で知能を計測するわけではありません。むしろ、複数の問題を与え、これらをいかに早く解決できるか、与えられた指示を理解しているか、物事の配列を認識しているかなどを評価します。[7]
  3. 3
    同じテストを何度も繰り返す 何度も追試を受けなければいけなかった高校の化学のテストと、IQテストの仕組みは比較的似ています。基本の構成と質問形式があり、何度も繰り返されます。つまり、何度もテストを受けるほど上達します。
    • オンラインで無料で受けることのできるIQテストは、就職活動の際や精神科医の診療で受けるものとは異なります。自分の本当のIQを知りたいのであれば、こうした本物のテストを受ける必要があります。通常、有料で受けることになるので、ベストを尽くしましょう。
  4. 4
    新たな経験をする 同じことを毎日繰り返していると、脳は自動運転のような状態になります。刺激を取り込むことをやめ、現状の居心地が良くなってしまいます。しかし新しい経験をすると脳は目覚め、すべてを吸収し、変化するために活性化します。今夜はいつものDVDで落ち着いてしまう代わりに、美術館、ショー、新しい場所などを訪れ、あなたの心の時計が早いペースで時を刻み続けられるようにしましょう。
    • 行ったことのない場所を訪れたり、食べたことのないものを食べるといった、ささやかなことでも良い経験となります。知識を広げ、今後、より豊富な情報に基づいて決断を下せるようになります。その一方で、逸脱するほど高い効果を見込むことができるということも確かです。魅惑的なバケーションの便利な口実だと思ってぜひ挑戦してみましょう!
  5. 5
    新しいことを学ぶ 新たなことをアクティブに学ぶと脳も学習し、これまで不可能だった結合が形成されることもあります。チェスやラクロス、ジャグリングといった、あらゆる新しいスキルによって、これまで想像すらしていなかった脳の能力が引き出されるかもしれません。[8]
    • 新しい言語の学習は脳に新たな経路を作らせる効果的な方法です。脳の使われていなかった中枢を活性化させるだけでなく、実社会に応用でき、格好がつくというおまけもあります。
    広告

パート 3 の 3:
食生活を変える

  1. 1
    朝食でたんぱく質を多く摂取する たんぱく質は脳の神経伝達物質を生成する機能を高め、ノルエピレフリンやドーパミンを増やします。その結果、脳の覚醒と問題解決能力が高まります。
    • 一日を過ごす準備を整え、気持ちを高めるためにも特に朝食において重要です。朝食を砂糖に頼っても数時間で機能が低下し、動きが遅くなり、これまで以上に空腹感を感じてしまうこととなります。
  2. 2
    間食にはダークチョコレートを食べる[9] ダークチョコレートは抗酸化物質を豊富に含み、フラボノールがたっぷり入っています。また、マグネシウム、ビタミンA、B1, B2、E3といった成分も補うことができ、遊離基を撃退する抗酸化物質の宝庫です。こうした成分のおかげで人間の体は健康で強い状態を維持することができています。
    • 過剰摂取はもちろん良くありません。一日28~140グラム程度に抑えましょう。
  3. 3
    ビタミンBをより多く摂取する ビタミンBは血液の脳への循環を高める働きをします。[10]緑色の葉物野菜、全粒粉、卵、そしてチーズに含まれています。ただ、ビタミンBも過剰摂取に気をつけましょう。医師に相談し、自分に適した摂取量を把握しましょう。
    • 葉酸、リボフラビン、チアミン、ナイアシンはすべてビタミンBの構成要素の一部です。ビタミンBを摂取すると、こうした栄養素を一度に取り込むことができます。
  4. 4
    加工食品やジャンクフードを避ける 健康的な食事が高いIQと関連していると多くの研究結果が示しています。特に子供にこのような傾向が見られます。脳の活性化した状態を維持するためにも、クッキー、ポテトチップといったジャンクフードや加工食品の摂取は控え、代わりに自炊し、脳と食費の両方を助けましょう。[11]
    • 菜食主義の人は、男性女性の両方で5ポイントほど高いIQを持っています。[12] この効果を得るためにも「肉を食べない月曜日」といった定期的な習慣を週の中に取り入れると良いでしょう。
  5. 5
    断続的断食を検討する 断続的断食(IF)もまた、脳に力を与え機能を高める効果があるとされています。IFは16時間断食し、その後8時間たっぷりと食べるという方法を意味します。やり方次第でカロリー制限になることも、そうでないこともあります。
    • この手段で体重管理もできるようになります。断続断食を試みて体重減少につながった人は少なくありません。ただ、安全に断食を行うように気をつけましょう。断食がすべての人に適しているわけではなく、お年寄り、妊婦、小さなお子さんなどには適しません。
    広告

注意事項

  • 子供のIQを高めるために過度に無理をさせることは禁物です。子供はまずやる気になる必要があります。プレッシャーを与えすぎると、教えようとしている内容に対する意欲が失せ、今後もずっと同じ科目が苦手になってしまう恐れもあります。
広告

関連記事

How to

子供の創造力を伸ばす

How to

親から離れない子供に対処する

How to

記憶力を高める勉強

How to

問題を解決する

How to

勉強予定表を作る

How to

ADHDの子供を育てる

How to

APA形式で引用文献のページ番号を記載する

How to

読書量を増やす

How to

学生をやる気にさせる

How to

速読できるようになる

How to

説得力のある手紙を書く

How to

本の要約を書く

How to

勉強のやる気を引き出す

How to

勉強に集中する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む38人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,651回アクセスされました。
カテゴリ: 教育
このページは 1,651 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告