PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ISOイメージファイル(拡張子が「.iso」のファイル)は、CDなどの光学ディスクを複製するために用いられるディスクイメージファイルの一種です。ISOファイルは、ディスクに書き込まれる全ての情報を含んでいます。それゆえ、ディスク自体を持っていないとしても、そのISOファイルを使えば、ディスクを複製できます。一般的には、ISOファイルを開いて内容を確認しなくても、ディスクへの書き込みはできるため、ファイルを開く必要はありません。しかし、ISOファイルの開き方を知っていれば、ディスクイメージの問題に対処したり、イメージファイル内の特定のデータを探すことができるようになります。

ステップ

  1. 1
    アーカイブユーティリティをダウンロードしてインストールする ほとんどのOS(オペレーティングシステム)では、初期設定のままでは、ISOファイルを扱うことはできません。そのため、アーカイブユーティリティ(圧縮ソフト)をインストールして、ISOイメージを開けるようにしなければなりません。最も簡単な手段は、シェアウェアのWinRARを利用することです。
  2. 2
    パソコン内のISOファイルを探す ブラウザから、ISOイメージを含むフォルダを探しましょう。ISOファイルは、WinRARに関連付けられているため、WinRARロゴ(3冊の積み重なった本)で表示されているはずです。
  3. 3
    ISOファイルを開く ファイルのアイコンをダブルクリックして開きます。ISOファイルの内容が新しいフォルダの中に表示されます。ファイルの内容を変更すると、CDにISOイメージをマッピングできなくなる恐れがあることに注意しましょう。イメージ内のファイルが必要な場合には、それをイメージから移動させるのではなく、コピーして使いましょう。
  4. 4
    終了したら画面を閉じる イメージファイルの内容確認後に、画面を閉じます。WinRARを閉じる必要はありません(利用時にしか動作しないため)。
    広告

ポイント

  • ISOイメージのマウント(イメージを光学ディスクに焼き付けること)には別のソフトが必要になることに注意しましょう。イメージがディスクにマウントされたら、ディスクから中身を見ることができるようになりますが、編集はできません。
  • この方法で使えるアーカイブユーティリティは、他にもいくつかあります。ディスクイメージを扱うのに特化したユーティリティもあります。どれを利用してもプロセスは同様です。ユーティリティによっては、「仮想光学ドライブ」からISOファイルにアクセスして、中身を読み込む必要があります。
広告

必要なもの

  • パソコン
  • WinRAR
  • ISOファイル


関連記事

XMLファイルを開くXMLファイルを開く
画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
EMLファイルを開くEMLファイルを開く
DVDプレーヤーを接続するDVDプレーヤーを接続する
特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する
JPGをPDFに変換する
winmail.datを開くwinmail.datを開く
2台のパソコンを接続する2台のパソコンを接続する
ワイヤレスマウスを接続するワイヤレスマウスを接続する
キズの付いたCDを修復する
ウェブサイトの公開日を調べるウェブサイトの公開日を調べる
2台のルーターを接続する2台のルーターを接続する
Chromeでタブを切り替えるChromeでタブを切り替える
AndroidでSMSを別の端末に移行するAndroidでSMSを別の端末に移行する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 この記事は10,735回アクセスされました。
このページは 10,735 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告