この記事では、ISOファイルを空のDVDに書き込む方法を解説します。これは、組み込みソフトウェアを用いて、WindowsとMacのどちらのパソコンでも行うことができます。ISOファイルを空のDVDに書き込めば、ISOファイルをプログラムとして実行できるようになるため、オペレーティングシステムディスクやゲームディスクを作成するときに便利です。

方法 1 の 2:
Windowsの場合

  1. 1
    パソコンに書き込み可能なディスクドライブが搭載されていることを確認する ISOファイルを空のDVDに書き込むにはDVDドライブが必要です。ただし、最近のWindowsパソコンには、ほとんどの場合、DVDドライブが搭載されています。
    • CDトレイまたはその周辺部位に「DVD」という文字が入っている場合は、DVDへの書き込みが可能です。
    • DVDへの書き込みができない場合は、外付けDVDドライブを購入する必要があります。
  2. 2
    空のDVDをパソコンに挿入する オペレーティングシステムのインストールやゲームの実行に使用する場合は、DVDが未使用であることを確認しましょう。
  3. 3
    「スタート」
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の左下にあるWindowsのロゴをクリックします。
  4. 4
    「エクスプローラー」
    Windowsstartexplorer.pngというタイトルの画像
    を開く 
    「スタート」ウィンドウの左下にあるフォルダの形をしたアイコンをクリックします。
  5. 5
    ISOファイルの保存フォルダを開く 「エクスプローラー」ウィンドウの左側にあるISOファイルの保存フォルダをクリックします。
    • 例えば、ISOファイルがデスクトップに保存されている場合は、デスクトップをクリックしましょう。
  6. 6
    ISOファイルを選択する ISOファイルをクリックして選択します。
  7. 7
    共有をクリックする 「エクスプローラー」ウィンドウの左上にあるタブのことです。このタブをクリックすると、「エクスプローラー」ウィンドウの上部にツールバーが表示されます。
  8. 8
    ディスクに書き込むをクリックする ツールバーの中にあります。このボタンをクリックすると、ポップアップウィンドウが表示されます。
  9. 9
    DVDドライブが書き込み用ドライブに指定されていることを確認する パソコンに搭載されているディスクドライブが1台以上の場合は、「書き込み用ドライブ」のドロップダウンボックスをクリックし、ドロップダウンメニューからDVD R ドライブを選択しましょう。
  10. 10
    書き込みをクリックする ポップアップウィンドウの一番下にあります。このボタンをクリックすると、ISOファイルのDVDへの書き込みが開始されます。DVDはその処理が完了するまで取り出さないようにしましょう。
    • ISOファイルのサイズによっては、書き込み処理に数分から数時間かかることがあります。
    広告

方法 2 の 2:
Macの場合

  1. 1
    空のDVDをCDスロットに挿入する MacにCD/DVDドライブのスロットが搭載されていることはほとんどないため、外付けDVDドライブが必要になる場合があります。
    • 外付けDVDドライブは、Apple Storeであれば1万円以下で購入することができます。
    • 外付けDVDドライブをMacに接続するときは、DVDドライブのケーブルをMacのUSBポートに差し込みましょう。MacのUSBポートは、ノートパソコンの場合は筐体の左側、デスクトップパソコン(iMac)の場合はモニターの背面に搭載されています。
  2. 2
    ISOファイルの保存先を確認する 書き込み処理が最も簡単に済むのは、ISOファイルがデスクトップなどのアクセスしやすい場所に保存されている場合です。
  3. 3
    「Spotlight」
    Macspotlight.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の右上にある虫眼鏡アイコンをクリックすると、検索バーが表示されます。
  4. 4
    「Spotlight」にディスクユーティリティと入力する ISOファイルの書き込みに用いられる「ディスクユーティリティ」アプリの検索が行われます。
  5. 5
    ディスクユーティリティをクリックする 灰色のハードディスクに聴診器が付いたアイコンのことです。このアイコンは、Spotlightの検索結果の一番上に表示されるはずです。
  6. 6
    ディスクを作成をクリックする 「ディスクユーティリティ」ウィンドウの上部にある放射能標識の形をしたアイコンのことです。このアイコンをクリックすると、「Finder」ウィンドウがポップアップ表示されます。
  7. 7
    ISOファイルを選択する 「Finder」ウィンドウの左側にあるISOファイルの保存フォルダ(デスクトップなど)をクリックしたら、ISOファイルをクリックして選択します。
  8. 8
    作成をクリックする ウィンドウの右下にあります。このボタンをクリックすると、「Finder」ウィンドウが閉じます。
  9. 9
    プロンプトが表示されたら、ディスクを作成をクリックする 「ディスクユーティリティ」ウィンドウの上部に表示されるドロップダウンウィンドウの右下にあります。このボタンをクリックすると、書き込み処理が開始されます。
    • ISOファイルのサイズによっては、書き込み処理に数分から数時間かかることがあります。
  10. 10
    プロンプトが表示されたら、OKをクリックする 完了ウィンドウの右下にあるボタンのことです。このボタンをクリックすれば、書き込み処理は完了です。
    広告

ポイント

  • ソフトウェアには、DVDに書き込まずにISOファイルを「マウント」できるオプションがいくつもあり、DVDがなくても通常の実行ファイルのようにISOファイルを「実行」する(イメージとしてマウントする)ことができます。

広告

注意事項

  • ISOファイルをDVDにドラッグ&ドロップで書き込みを行うと、ディスクが正常に機能しなくなる可能性があります。
広告

関連記事

How to

USBメモリーに音楽を入れる

How to

ファンクションキーを解除する

How to

パソコンにヘッドセットを接続する

How to

ノートパソコンのカメラで写真を撮る

How to

CPU温度を確認する

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する

How to

Webページの画像を一括保存する

How to

パソコンのBIOS設定を変更する

How to

ブート可能なUSBメモリを作成する

How to

HPでスクリーンショットを撮る

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: コンピューター
このページは 263 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告