Instagramは人気の写真共有アプリですが、他のユーザーが投稿した写真をリポスト(再投稿)することはできません。それでも、自分のフォロワーと共有したい写真を見つけた時に、規則違反をしないで写真をリポストする方法がいくつかあります。ブログやInstagramフィードなど、どこでも数分で簡単にリポストが完了する方法です。

方法 1 の 3:
キャプチャ機能を使って画像を取り込みリポストする方法

  1. 1
    電話からInstagramを開く スマートフォンの Instagramアプリをタップして開き、リポストしたい投稿を探します。
  2. 2
    その投稿をスクリーンショットで取り込む それ以外には再投稿の方法がないので、スクリーンショットを撮り、画像を編集して自分のウォールで共有します。
    • iPhoneやiPadをお使いの方はパワーボタンとホームボタンを同時に押すとスクリーンショット機能が作動します。
    • アンドロイド系機器ではスクリーンショット機能の作動方法は機種によって異なります。
  3. 3
    電話の真ん中にあるカメラボタンを押し、写真を探す フォトアルバムに保存されたスクリーンショットを選択します。
  4. 4
    クロップボックスの真ん中にその写真を表示させ、オリジナルと投稿者のユーザー名を必ず記載する Instagram写真の著作権はオリジナル投稿者に帰属します。誰の投稿かを記載し忘れると、アカウントが凍結される恐れがあります。 [1] 最後にクロップボタンを押し、編集を適用します。
    • 余分な線や角を取り除き、スクリーンショットではなく実際の写真に見えるように編集します。
  5. 5
    写真に色々な効果を加える 投稿する前にフィルターやぼやかし加工など色々な編集機能を使うことも出来ます。満足がいく仕上がりになったら「次」を押します。
  6. 6
    オリジナル投稿者をタグする 次ページの機能を使い、スクリーンショットを撮った写真のオリジナル投稿者をタグするか、キャプションで感謝の気持ち述べましょう。「@ユーザー名からの再投稿」「これを投稿してくれてありがとう@ユーザー名!」などがお薦めです。
  7. 7
    写真を共有する すべてが完了して「共有する」を押したら、Instagramで気に入った写真のリポストに成功です!
    広告

方法 2 の 3:
専用のアプリを使ってリポストする方法

  1. 1
    Instagramのリポスト専用のアプリを使う これらのアプリには他のユーザーのプロフィール写真を自分のプロフィールにリポストする機能があります。これらのアプリからリポストすると、自動的に投稿元のオリジナルユーザー名とアイコンが合成されるので、無断使用のフラッグを受ける心配がありません。
    • 多くのアプリは無料で使用できますが、ほとんどの場合、リポストした写真にアプリ名が記載されます。
  2. 2
    リポスト専用アプリを開く Instagramユーザーアカウントを利用してログインします。多くの人が何の問題もなくこれらのアプリを利用していますが、ログイン情報を信頼して入力できるアプリかどうか、必ずご確認ください。確認が取れたら、ログインを行います。アプリをダウンロードする際には、事前にアプリの安全性を確認しましょう。
  3. 3
    リポストする写真を探す 通常のInstagramアプリと同様にリポスト用アプリを使い、自分のフィードからリポストしたい写真を検索しましょう。
  4. 4
    写真を再投稿する 写真を選択すると画面に「リポスト」ボタンが表示されます。ボタンの場所や形はアプリによって異なりますが、一般的には2つの矢が 四角いボタンの角をそれぞれ指しているような形であることが多いです。
    • リポストする写真は、オリジナル投稿者の名前と使用したリポスト用アプリ名が記載された状態でウォールに投稿されます。
    広告

方法 3 の 3:
埋め込みコードを使用する方法

  1. 1
    パソコンのブラウザからリポストしたい写真を開く 自分のブログやサイトに他のユーザーが投稿した写真を再投稿したい場合、埋め込みコードを使用する方法があります。この方法を使用する場合は、パソコンのブラウザから写真を開きましょう。
  2. 2
    共有ボタンをクリックする コメントボタンの下の画面の右側にあるボタンです。ここをクリックすると、新しい画面に埋め込みコードが表示されます。
  3. 3
    コードをコピーする このコードを使って自分のサイトに写真を埋め込みます。埋め込みコードを使うと、オリジナル投稿者の名前が必ず記載されます。すべての Instagram写真の著作権は最初にそれを撮影した投稿者に帰属するので、これはとても重要です。
  4. 4
    ブログや記事にコードを挿入する コードはHTML形式で、コードを埋め込んだ場所に自動的にInstagramのフレームが投稿されます。
  5. 5
    記事を公開する 埋め込まれたInstagram写真があなたのブログに表示され、ブログ閲覧者が埋め込まれた写真をクリックすると、投稿元であるオリジナル投稿者のプロフィールを閲覧できます。[2]
    広告

ポイント

  • 写真に「いいね」をすると、自分のフォロワーにもその写真が表示されます。つまり「いいね」をすることで、原則的に他の人とその写真を共有していることになります。

広告

関連記事

How to

XMLファイルを開く

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

EMLファイルを開く

How to

ワイヤレスマウスを接続する

How to

VCFファイルを開く

How to

キズの付いたCDを修復する

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

コマンドプロンプトでファイルをコピーする

How to

DLLファイルを開く

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

winmail.datを開く

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

AndroidでSMSを別の端末に移行する

How to

Facebook Messengerでメッセージを削除する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は349,472回アクセスされました。
このページは 349,472 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告