ベクター画像は、線や輪郭がはっきりと描画されるため、ロゴや簡単なイラストなどを作成する際に理想的な画像形式とされています。ピクセルの集まりではなく、数式で定義される線を繋いで描かれることから、画質を落とすことなくサイズを変更することができます。ベクター画像は、グラフィックデザイン、ウェブデザイン、そして商業マーケティングの分野でよく利用されます。ほとんどの場合、ベクター画像は最初からベクター形式で作成されますが、画像編集ソフトを使ってJPG画像を「トレース」し、ベクター画像に変換することが可能です。

方法 1 の 2:
Adobe Illustratorを使う

  1. 1
    Adobe Illustratorを開く Adobe Illustratorは、プロのクリエイター向け画像作成ソフトで、最も簡単にJPGファイルからベクター画像を作ることができます。Illustratorを使用できる環境がない場合は、次に紹介するフリーソフトのGIMPやInkscapeを使う方法を参照しましょう。
  2. 2
    「トレース」ワークスペースに切り替える 画面右上にあるメニューをクリックして、「トレース」を選択します。「画像トレース」パネルが表示されます。
  3. 3
    変換したいJPG画像をアートボードに追加する 「ファイル」メニューから画像の追加を行うか、または画像をドラッグ&ドロップします。
  4. 4
    アートボードに配置された画像を選択する 画像トレースパネルのトレース機能がアクティブになります。
  5. 5
    画像トレースパネルの「プレビュー」ボックスを確認する 異なる設定を適用する前に、その効果を確認することができます。ただし、画像に変更を施す際にかかる時間が長くなります。
  6. 6
    画像トレースパネルのプリセットを使う 画像トレースパネルの上部に5つのプリセットボタンがあり、さらにドロップダウンメニューの中にも別のプリセットが用意されています。パネル上部にあるボタンは以下の通りです。
    • 自動カラー ・・・ オリジナルの色に基づいてスタイライズされた色で描画する
    • 高画質カラー ・・・ オリジナルの色を忠実に再現するように描画する
    • 低画質カラー ・・・ オリジナルの色を簡素化して描画する
    • グレースケール ・・・ 色をグレーの濃淡で表現して描画する
    • 白黒 ・・・ 白と黒の2色だけで描画する
  7. 7
    カラースライダーを使って色調を調整する ベクターに変換された画像はたいていの場合、そのままの色ではあまり見栄えが良くないため、使用する色の数を減らして見栄えを良くします。この処理によって、画像は「フラット」な見た目になります。
  8. 8
    画像トレースパネルの「詳細」を開く トレースの細かな設定項目が表示されます。
  9. 9
    「パス」スライダーを使ってトレースされたパスがどれだけオリジナルのピクセルを忠実に再現するかを調整する スライダーを左に動かすとより大まかに、右に動かすとより忠実に再現されます。大まかに設定する方が、パスのエッジが滑らかに描画されます。
  10. 10
    「コーナー」スライダーを使ってコーナーの丸さを調整する スライダーを左に動かすとコーナーが丸くなり、滑らかなイメージになります。
  11. 11
    「ノイズ」スライダーを使って線のがたつきを減らす ノイズスライダーは、トレースに含まれる「ノイズ」と認識されるピクセルの領域を指定します。この機能により、線を真っすぐにしたり、でこぼこの箇所を滑らかにすることができます。
  12. 12
    調整を終えたら「トレース」をクリックする Illustratorによりトレース処理が実行されます。完了までに少し時間がかかる場合があります。
  13. 13
    「拡張」ボタンをクリックする トレースした画像がベクターパスに変換され、JPG画像がベクター画像に置き換えられます。
  14. 14
    画像をベクター画像として書き出す トレースが完了した画像をベクター画像として書き出します。[1]
    • 「ファイル」または「Illustrator」メニューをクリックして「名前を付けて保存」を選択します。
    • .aiファイルとしてコピーを保存します。こうすることで、容易に再度Illustratorでファイルを開いて編集を行うことができます。
    • 「保存形式」メニューからベクター形式を選択します。SVG(ウェブページ用)およびPDF(印刷用)などが選択できます。
    • PNGまたはJPG形式でファイルを保存してはいけません。これらはベクター形式ではありません。
    広告

方法 2 の 2:
GIMPおよびInkscapeを使う

  1. 1
    GIMPおよびInkscapeをダウンロードしてインストールする これらはJPGファイルからベクター画像を作成することができる無料のオープンソースソフトウェアです。GIMPはPhotoshopと似た画像編集ソフトで、InkscapeはIllustratorに似たベクター画像編集ソフトです。両方とも、すべてのオペレーティングシステムにおいて使用可能です。
    • GIMPはgimp.orgよりダウンロードできます。使用するオペレーティングシステムに対応したインストーラーを実行して、デフォルト設定のままでインストールします。
    • Inkscapeはinkscape.orgよりダウンロードできます。使用するオペレーティングシステム対応したインストーラを実行して、デフォルト設定のままでインストールします。
    • これらのソフトは、ロゴやエンブレムなどの基本色を使用したシンプルな画像にのみ適しています。詳細に描かれた画像を変換するためには、がたつきのあるエッジを滑らかにしたり適当な色を取得したりと多くの作業が必要となります。
  2. 2
    矩形選択ツールを使ってベクター形式に変換したい部分を選択する 選択ツールを使い、出来上がり画像のおおよその枠を決めます。作業範囲を設定すると、画像の色の再設定が容易になります。
  3. 3
    「画像」メニューをクリックして「選択範囲で切り抜き」を選択する 選択範囲外の部分がすべて消去されます。
  4. 4
    再び「画像」メニューをクリックして「画像の自動切り抜き」を選択する 画像の縁が切り詰められて選択範囲が狭まります。
  5. 5
    ファイルをエクスポートする 画像の切り抜きを完了したら、ファイルをエクスポートします。「ファイル」メニューをクリックして、「エクスポート」を選択します。切り抜きした画像であることが分かるようなファイル名を入力し、設定はデフォルトのままでエクスポートします。
  6. 6
    Inkscapeにファイルを読み込む GIMPでファイルをエクスポートしたら、今度はそのファイルをInkscapeで開きます。Inkscapeのワークスペースに画像が表示されます。
  7. 7
    画像をクリックして選択する Inkscapeでトレースを行うために、まず画像を選択する必要があります。
  8. 8
    「パス」をクリックして「ビットマップをトレース」を選択する 「ビットマップをトレース」ダイアログが開きます。
  9. 9
    設定を行い「更新」ボタンをクリックする ベクター変換の設定に従って作成されるベクター画像のプレビューが表示されます。
    • 「色」モードを採用すると、オリジナル画像に最も近い状態に描画されます。
  10. 10
    プリセット設定の調整を行う ほとんどのプリセットの設定をカスタム調整することができます。それぞれの設定を変更した後に「更新」をクリックして、出来上がり画像を確認します。
  11. 11
    調整結果に満足したら「OK」をクリックする オリジナル画像がトレースされてベクター画像に置き換えられます。
  12. 12
    「ノードでパスを編集」ツールを使って調整を行う このツールにより、ベクター画像のエリアを選択し、ノードをドラッグして大きさや濃淡を調整することができます。画像の一部をクリックすると、多数の小さなボックスが表示されます。ボックスをドラッグして、選択している部分の形を変更します。[2]
  13. 13
    「パスを分解」ツールを使って接続すべきでないノードを分解する トレース時には、画像の接続されるべきでない部分が接続されてしまう場合があります。「パスを分解」ツールを使うと、接続しているノードを消去してこうした部分を分解することができます。
  14. 14
    編集が完了したら画像をベクター形式のファイルとして保存する 作成したベクター画像に満足したら、ベクター形式で保存します。
    • 「ファイル」メニューをクリックして「名前を付けて保存」を選択します。
    • 「保存形式」メニューからベクター形式を選択します。SVG(ウェブサイト用)およびPDF(印刷用)などが選択できます。
    • Inkscape SVGファイルとしてコピーを保存すると、必要な時に元のファイルに戻って編集が容易に行えるます。
    広告

関連記事

How to

Adobe Flash Playerのブロックを解除する

How to

画像をJPEGに変換する

How to

Dellパソコンでスクリーンショットを撮る

How to

Word文書をJPEGに変換する

How to

Excel でアルファベットの小文字を大文字に一括変換する

How to

RARファイルを開く

How to

Microsoft Word文書に電子署名をする

How to

PDFに文字を書き込む

How to

iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる

How to

画像ファイル(JPEG)のサイズ変更

How to

Photoshopにフォントを追加する

How to

WinZipを使わずにZIPファイルを開く

How to

PDFに画像を挿入する

How to

Illustratorにフォントを追加する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は10,137回アクセスされました。
このページは 10,137 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告