この記事では、Linuxを使って複数のファイルをISOファイルに変換する方法を解説します。このISOファイルは、Linuxのコマンドラインを使って作成します。

方法 1 の 2:
ファイルからISOイメージを作成する

  1. 1
    ホームディレクトリにISOファイルを収集する 「ホーム」フォルダ内のフォルダにISOファイルに変換したいファイルを入れます。
  2. 2
    「端末」を起動する 「メニュー」を開いたら、端末をクリックして起動します。この「端末」はWindowsの「コマンドプロンプト」やMacの「ターミナル」と同じようなアプリで、コマンドラインにはこのアプリからアクセスすることになります。
    • Linuxディストリビューションの見た目はさまざまで、メニューという項目のフォルダ内を探さないと「端末」アプリが見つからないこともあります。
    • また、「端末」アプリは、デスクトップや画面上部(または下部)のツールバーにある場合もあります。
  3. 3
    「ディレクトリ変更」というコマンドを入力する cd /home/username/と入力し、usernameという部分を自分のユーザー名に置き換えてから、 Enterキーを押すと、カレントディレクトリがホームフォルダに変更されます。
    • 例えば、ユーザー名が「potato」の場合は、cd /home/potato/と入力します。
  4. 4
    ISOイメージの作成コマンドを入力する mkisofs -o destination-filename.iso /home/username/folder-nameと入力し、「destination-filename」という部分をISOファイルに付けたい名前に、「folder-name」という部分をISOファイルが保存されているフォルダの名前に置き換えます。
    • 例えば、「pie」という名前のフォルダ内のファイルから「blueberry」という名前のISOファイルを作成するには、mkisofs -o blueberry.iso /home/username/pieと入力します。
    • ファイル名やフォルダ名では大文字と小文字が区別されるので、大文字にする必要があるものは必ず大文字にするようにしましょう。
    • ファイル名に複数の単語を用いる場合は、単語と単語の間にアンダースコアを入れましょう(例:「blueberry pie」→「blueberry_pie」)。
  5. 5
    Enterキーを押す 上記のコマンドを実行すると、選択したディレクトリのファイルで構成されたISOファイルが作成され、ホームディレクトリに配置されます。
    • ISOファイルが作成される前に、パスワードの入力を要求される場合があります。その場合は、パスワードを入力してから、 Enterキーを押しましょう。
    広告

方法 2 の 2:
CDからISOファイルをリッピングする

  1. 1
    リッピングするCD-RWを挿入する 読み取り/書き込み保護されたCD(オーディオCDや映画DVDなど)からISOファイルをリッピングすることはできません。
  2. 2
    「Terminal」を起動する 「メニュー」を開いたら、端末をクリックして起動します。この「端末」は「コマンドプロンプト(Windows)」や「ターミナル(Mac)」と同じようなアプリで、コマンドラインにはこのアプリからアクセスすることになります。
    • Linuxディストリビューションの見た目はさまざまで、メニューという項目のフォルダ内を探さないと「端末」アプリが見つからないこともあります。
    • また、「端末」アプリは、デスクトップや画面上部(または下部)のツールバーにある場合もあります。
  3. 3
    「ディレクトリ変更」というコマンドを入力する cd /home/username/と入力し、usernameという部分を自分のユーザー名に置き換えてから、 Enterキーを押すと、現在のディレクトリがホームフォルダに変更されます。
    • 例えば、ユーザー名が「teresa」の場合は、cd /home/teresa/と入力します。
  4. 4
    disk ripコマンドを入力する dd if=/dev/cdrom of=/home/username/iso-name.isoと入力し、「/dev/cdrom」という部分をCDがマウントされているディレクトリ名に、「iso-name」という部分を任意のISOファイル名に置き換えます。
    • 例えば、ホームディレクトリに「pudding」というISOファイルを作成するには、of=/home/username/pudding.isoと入力します。
    • パソコンに複数のCDドライブが接続されている場合、CDドライブには0から順にラベルが付けられます(例:「cd0」、「cd1」など)。
  5. 5
    Enterキーを押す CDがマウントされているディレクトリ名が正しければ、CDからISOファイルが作成され、ホームディレクトリに配置されます。
    • ISOファイルが作成される前に、パスワードの入力を要求される場合があります。その場合は、パスワードを入力してから、 Enterキーを押しましょう。
    広告

ポイント

  • 通常、Linuxディストリビューションにはファイルマネージャが含まれており、右クリックメニューを使ってISOファイルを作成することができます。

広告

注意事項

  • Linuxが全バージョンで同じように動作するわけではありません。CDのパスが見つからない場合、またはISOコマンドが動作しない場合は、ディストリビューションのマニュアルをオンラインで確認しましょう。
広告

関連記事

How to

UbuntuでUSBメモリーを初期化する

How to

Kali LinuxでWPA/WPA2の無線LANに侵入する

How to

Ubuntuを使ってHDDをフォーマットする

How to

LinuxにTorブラウザをインストールする

How to

Linuxでデフォルトゲートウェイを追加または変更する

How to

Ubuntuでキーボードレイアウトを変更する

How to

UbuntuでJAVA_HOMEのパスを設定する

How to

LinuxのターミナルでINSTALL.shを実行する

How to

Chromium OSをインストールする

How to

LinuxでXAMPPをインストールする

How to

Linuxのタイムゾーンを変更する

How to

UNIXでパスを確認する

How to

Linux Mintをインストールする

How to

VirtualBoxをインストールする
広告

このwikiHow記事について

Jack Lloyd
共著者
IT専門家
この記事の共著者 Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。
カテゴリ: その他 OS
このページは 658 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告