PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

上付き文字または下付き文字の書式設定により、通常の文字の高さよりも上または下に文字を表示させることができます。また、これらの書式は、通常の文字に比べて小さく表示され、脚注や注釈および数学的表記に使用されます。Microsoft Wordでは、上付き文字、下付き文字、通常文字の切り替えを簡単に行うことが可能です。

パート 1
パート 1 の 2:
上付き文字

  1. 1
    上付き文字にしたい文字を選択する または、上付き文字の入力開始位置にカーソルを配置します。
  2. 2
    上付き文字の書式を有効にする 選択してハイライトされた文字を上付き文字に変換するか、またはカーソル位置から上付き文字として入力を始めることが可能です。上付き文字の書式を有効にするためには、以下のようにいくつかの異なる方法があります。
    • 「ホーム」タブの「フォント」グループにあるボタンをクリックする。
    • 「書式」メニューをクリックして、「フォント」を選択し、「上付き」のボックスにチェックを入れる。
    • キーボードの「Ctrl+Shift+セミコロン(;)」を押下する。
  3. 3
    上付き文字の書式を無効にする 上付き文字の使用を終えたら、書式を有効にした時と同じ手順で書式を無効にすることができます。これにより、通常の文字入力に戻ります。
  4. 4
    上付き文字または下付き文字を元に戻す 上付き文字または下付き文字を選択して、キーボードの「Ctrl+Space」を押下すると、通常の文字に戻すことができます。[1]
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
下付き文字

  1. 1
    下付き文字にしたい文字を選択する または、下付き文字の入力開始位置をクリックして、カーソルを配置します。
  2. 2
    下付き文字の書式を有効にする 選択してハイライトされた文字を下付き文字に変換するか、またはカーソル位置から下付き文字として入力を始めることが可能です。下付き文字の書式を有効にするためには、以下のようにいくつかの異なる方法があります。
    • 「ホーム」タブの「フォント」グループにあるx₂ボタンをクリックする。[2]
    • 「書式」メニューをクリックして「フォント」を選択し、「下付き」のボックスにチェックを入れる。
    • キーボードの「Ctrl+Shift+等号(=)」を押下する。
  3. 3
    下付き文字の書式を無効にする 下付き文字の使用を終えたら、書式を有効にした時と同じ手順で書式を無効にします。
  4. 4
    上付き文字または下付き文字を元に戻す 下付き文字や上付き文字を解除したい場合は、該当する文字をすべて選択してキーボードの「Ctrl+Space」を押下し、通常の書式に戻します。
    広告

関連記事

Microsoft Officeを別のパソコンに移行するMicrosoft Officeを別のパソコンに移行する
Wordで空白ページを削除する
メモ帳をExcelに変換するメモ帳をExcelに変換する
Wordで文字を曲げるWordで文字を曲げる
Microsoft Wordでパンフレットを作るMicrosoft Wordでパンフレットを作る
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
PowerPointのファイルサイズを縮小するPowerPointのファイルサイズを縮小する
2ページ目以降のヘッダーを削除する2ページ目以降のヘッダーを削除する
2つのExcelファイルを比較する2つのExcelファイルを比較する
Outlook 365でSMTPサーバーを確認するOutlook 365でSMTPサーバーを確認する
ExcelでシートをリンクさせるExcelでシートをリンクさせる
CSVファイルの作成CSVファイルの作成
Microsoft Wordにフォントを追加するMicrosoft Wordにフォントを追加する
タブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストするタブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストする
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告