MacBook Proのキーボードにシミや汚れがついてしまっている場合、どのように掃除したらいいのかわからないと思います(隙間が多くて何とも厄介なのです!)。 コンピュータのキーボードを掃除するのは難しいことではありませんが、損傷を与えないように正しく掃除できているか確認する必要があります。この記事ではキーボードが再び新品同様に見えるようにするために、何をすべきか順を追って説明します。

方法 1 の 2:
ほこりやごみを取り除く

  1. 1
    MacBook Proの電源を切り、電源ケーブルからノートパソコンを取り外しましょう。キーボードを掃除する時にたくさんのキーを押すことになるので、コンピュータの電源をオフにすることで、デスクトップ上にあるものの破損や混乱を防ぎます。またノートパソコンの電源を抜くことで怪我を防止します。
    • ノートパソコンの電源を切るのは避けたいと思うかもしれませんが、このステップを忘れてはいけません。重要な設定が変わってしまったり、誤って上司に変なメモをメールしたりすることないよう、どのキーを押しても大丈夫なようにしておきましょう。これはいつも一生懸命仕事をするコンピュータに必要な昼寝だと考えてみてみましょう。
  2. 2
    ノートパソコンを開いてごみ箱の上で軽く振りましょう。[1] ノートパソコンを上下逆さに振ることで、キーボードに落ちたほこりやごみ、食べ物のカスが落ちて、キーの下に詰まっていたものが取れます。 [2]
    • キーボードのすべてのキーを繰り返しタップしてから、ごみ箱の上でもう一度振りましょう。キーを押すことでこれまで溜まっていたほこりや、ごみなどを取り除きやすくなります。
    • ノートパソコンを軽く振ればごみが落ちてくることもありますが、落ちてこなくても心配はいりません。軽く振ることで、掃除をする際にごみが取り除きやすくなります。
  3. 3
    圧縮空気をキーボードにスプレーしましょう。[3] MacBook Proを持って75度の角度に保ち、圧縮空気をスプレーします。この角度を保つことによって、汚れやほこり、ごみがキーボードの奥に入ることなく落ちていきます。[4] 圧縮空気を左から右に動かし、一段ずつ動かしながらキーボードを掃除し、すべての隙間に届くようにしましょう。
    • 圧縮空気スプレーのストローの先端はキーボードから1cmほど離すようにしましょう。
    • スプレーを使っている間は缶を逆さにしないようにしましょう。
    • スプレーをかけている間、誰かにコンピューターを角度を保ちながら持っていてもらうと良いでしょう。
    • MacBook Proが2016年モデルより古い場合は、圧縮空気での掃除を飛ばしましょう。古いMacBook Proのモデルに圧縮空気を使用すると、ほこりを吹き飛ばすのではなく、逆にノートパソコンの奥深くまで吹き込んでしまうことになります。
  4. 4
    ノートパソコンを回して、圧縮空気をキーボードに吹き付けましょう。ノートパソコンを右に回し、圧縮空気をキーボードの左から右に上下へと吹きかけます。キーボードからほこりが確実に落ち続けるように75度角度を保ちましょう。このようにコンピューターを回転すると、キーボードの下にある隙間の隅々まで圧縮空気で綺麗にしていくことができます。
    • 圧縮空気スプレーのストローの先端はキーボードから1cmほど離すのを忘れないようにしましょう。圧縮空気スプレーには1cmほど離しても、キーを綺麗にするのに十分な力があります。近すぎるとキーが破損する恐れがあります。
  5. 5
    もう一度ノートパソコンを回して、圧縮空気をキーボードに吹き付けましょう。コンピューターを左に回すことで圧縮空気がすべてのキーに様々な角度から届きます。キーボードを上下にジグザグに動かしながら、圧縮空気を左から右に吹き付け続けます。
    • これは圧縮空気の缶スプレーを使って一度最後の仕上げをするのに良いタイミングです。見落とした場所があるかもしれない場合は、ここで時間をかけて見てみましょう。
    • ごみ箱の上でノートパソコンをもう一回軽く揺らしてみても良いでしょう。
    広告

方法 2 の 2:
キーボードの表面を掃除、消毒する

  1. 1
    糸くずが出ない布でキーボードの表面を拭きましょう。[5] キーボードを傷つける可能性のある研磨布やペーパータオルを使用しないようにしましょう。柔らかいマイクロファイバークロスが最適です。
    • ほこりを払うときは、キーボードに余計な力は入れず、軽く払うようにしましょう。
  2. 2
    除菌シートでキーボードの表面を拭きましょう。これはノートパソコンのキーボードを綺麗にする上で最も満足感を得ることができる作業です。除菌シートで掃除することでこぼした跡や汚れ、特に、汚れた隙間が綺麗になります。目に見えない雑菌や細菌も綺麗に取り除くことができます。キーボードの表面に細かい汚れが溜まるのはよくあることなので、時間をかけて表面を拭き、食べ物がこぼれたところや汚れのついている箇所は特に注意しましょう。キーは優しく軽く押す必要がありますが、汚れた部分は気をつけながらであれば強くこすることもできます。
    • 除菌シートに漂白剤が含まれていないことを確認しましょう。パソコン用のウェットシートを使うと良いでしょう。[6]
    • 除菌シートの代わりに、エレクトロニッククリーナーやマイクロファイバークロスを使うこともできます。もしくは、同じ量の水と消毒用アルコールで洗浄液を作っても良いかもしれません。[7]
    • キーボードの周りに液体が溜まらないように注意しましょう。こぼれた洗浄液は乾いたタオルを使って拭き取りましょう。
    • キーボードに直接液体を吹き付けないようにしましょう(代わりに糸くずの出ない、マイクロファイバークロスに含ませて使いましょう)。[8] キーボードに液体は厳禁です。掃除の際にはキーボードを傷つけないようにしましょう。使う洗浄液の使用量は控えめにしましょう。
  3. 3
    湿ったマイクロファイバークロスでキーボードを拭きましょう。キーボードを湿らせた布で拭くと、キーボードに残っている余分な洗浄液を拭き取りながら、最終的に汚れた部分をこすることができます。
    • キーボードに水滴が落ちないように、水で濡らした布は絞ってから使うと良いでしょう。
  4. 4
    糸くずの出ない乾いたマイクロファイバーでキーボードを拭きましょう。ノートパソコンを閉じる前にキーボードが完全に乾いていることを確認しましょう。コンピュータにとって液体は一番の敵なので、時間をかけてキーやポートの間を乾かしましょう。これでMacBook Proのキーボードは新品同様の状態になります。
    • すべてのキーをテストし、きちんと動作しているか確認しましょう。
    広告

必要なもの

  • 圧縮空気スプレー缶
  • 糸くずの出ないマイクロファイバークロス2枚
  • 電子機器用洗浄液、漂白剤の入っていない除菌シート、または水と消毒用アルコール

関連記事

How to

Mac製品の電源を入れる

How to

MacBookに画像を保存する

How to

MacでSafariをアップデートする

How to

スマートTVにアプリを追加する

How to

EXEファイルをMacで開く

How to

MacBook Proをリセットする

How to

iPodに音楽を入れる

How to

Macで画面を拡大する

How to

Macターミナルからアプリケーションを起動する

How to

パソコンにワイヤレスヘッドホンを接続する

How to

iCloudミュージックライブラリをオフにする

How to

Macでコマンドラインを起動する

How to

Macで右クリックする

How to

Mac OS Xで忘れてしまった管理者パスワードをリセットする
広告

出典

  1. James Sears. ハウスクリーニング業者. 専門家インタビュー. 28 August 2019.
  2. https://www.popsci.com/clean-your-keyboard-without-breaking-it#page-2
  3. James Sears. ハウスクリーニング業者. 専門家インタビュー. 28 August 2019.
  4. https://www.businessinsider.com/how-clean-computer-safely-tech-laptop-cleaning-dust-compressed-air-2017-3
  5. James Sears. ハウスクリーニング業者. 専門家インタビュー. 28 August 2019.
  6. https://support.apple.com/en-us/HT201294
  7. https://www.businessinsider.com/how-clean-computer-safely-tech-laptop-cleaning-dust-compressed-air-2017-3
  8. James Sears. ハウスクリーニング業者. 専門家インタビュー. 28 August 2019.

このwikiHow記事について

James Sears
共著者 ::
ハウスクリーニング業者
この記事の共著者 : James Sears. ロサンゼルスとオレンジ郡を拠点とする清掃業者「Neatly」のカスタマーハピネスチームを率いるジェームス・シアーズは、一般的な掃除方法から整理整頓による模様替え、そして居住空間の改善まで、掃除に関するあらゆるノウハウに精通しています。現在、南カリフォルニア大学の特別奨学生でもあります。
このページは 177 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告