最近、MacBook Proの動作が遅くなったり、バグが発生したりした場合、RAMをアップグレードすると改善するという話を聞いたことがあるかもしれません。4GBまたは8GBのRAMを搭載したMacBookの場合、16GBにアップグレードすると目に見えて改善します。16GBはスムーズなウェブ閲覧や写真編集、ソフトウェアの日常的な使用に最適です。家庭で16GB以上にアップグレードする必要はほとんどありませんが、建築家や映像編集者には有益かもしれません。[1] RAMのアップグレードが良い考えかどうか(そもそも可能かどうか)、この記事で説明します。 通常、MacBook Proを使うなら16GB のRAMが最適で、スムーズなウェブ閲覧やワープロ、写真編集、ソフトウェアの日常的な使用には十分すぎるほどです。映像編集や建築、音楽制作など、複雑なソフトウェアを多用するなら、32GBの方が良いかもしれません。

Question 1
Question 1 の 5:
どのくらいのRAMが必要なのか?

  1. 1
    メールやネットサーフィンなどの日常的な用途には、8GBが適しています。MacBookを宿題に使っている学生や、ソファでくつろぎながらウェブサイトやメールにたまに見る程度なら、8GBのRAMで十分でしょう。パソコンでメモリを大量に消費する作業をするわけではないので、必要のない余分なRAMにお金を払う必要はありません。[2] [3]
    • RAMの記憶容量には4 GB、8 GB、16 GB、32 GB、64GBがあります。GB数が大きいほど、RAMの記憶容量も大きくなります。
    • 4GBでも何とかなりますが、基本的な作業以上のことをするとなると、ノートパソコンの動作はかなり遅くなりそうです。新しいMacbook Proは8GB以上のRAMを搭載しているものがほとんどです。[4]
  2. 2
    通常、MacBook Proを使うなら16GBが最適です。ウェブ閲覧時のスムーズな操作性を重視し、複雑なプログラムの読み込みに1〜2秒かかっても構わないという場合は、16GBのRAMで十分満足できるでしょう。16GBで十分すぎるほど満足している人がほとんどです。[5]
  3. 3
    プロのアーティストや建築家、デザイナーであれば32GBは欲しいかもしれません。これほどのメモリが必要になる人はほとんどいませんが、複雑なプログラムを何時間も実行したり、大量のマルチタスクを実行したりするのであれば、検討する価値はあるでしょう。[6] [7] 以下のような場合は、32GBのRAMが必要になるかもしれません。
    • LightworksやPhotoshop、Pro Tools、Auditionなどのソフトウェアや、Eclipseなどの統合開発環境(IDE)を使用する。
    • AutoCADプログラムを使用する、または3Dモデリングを多用する。[8]
    • プロのコーダーやプログラマー、アニメーター、写真家、映像作家、音楽家である。
    • 仕事や学校でマルチタスクを実行していて、何十ものブラウザのタブやプログラム、ドキュメントなどを同時に開くことがよくある。
    • ノートパソコンを複数の外部ディスプレイに接続し、複数のプログラムやタスクを切り替えて表示する。
    広告

Question 2
Question 2 の 5:
RAMを増設するとMacBook Proの動作は速くなるのか?

  1. 1
    メモリを大量に消費する作業を行う場合は、RAMをアップグレードすると効果的かもしれません。RAMをアップグレードする価値があるかどうかは、パソコンの使い方によって決まります。映像レンダリングや音楽制作、設計作業、写真編集などを行う場合は、RAMをアップグレードすることで速度が大幅に向上するかもしれません。[9]
    • MacBookが古い方であれば、RAMをアップグレードするよりも新しいパソコンを購入した方が費用対効果は高いでしょう。
    • RAMはハードディスクと同じだと考えましょう。ハードディスクにはすべてのファイルが保存されます。写真や動画が大量にある場合は、大容量ハードディスクが必要になるかもしれません。プログラムでも同じようにRAMを使用します。複雑なプログラムを多用する場合は、より大容量のRAMが必要になります。
  2. 2
    普通の人にはおそらく大きな違いは感じられないでしょう。日常的に使う人にとっては、RAMをアップグレードしてもブラウザの読み込み時間がコンマ何秒か改善される程度でしょう。複雑なプログラムを実行したり、マルチタスクを実行したりする必要がない場合は、RAMを増設してもあまりメリットはありません。[10]
    • ハードディスクの記憶容量の例に戻ると、ハードディスクに1TBの記憶容量がありながら250GBのファイルしかない場合、2TBにアップグレードしてもパソコンの動作は速くなるのでしょうか?いいえ、そういうわけではありません。なぜなら、単に余分な容量は必要ないからです。
  3. 3
    パフォーマンスを向上させるもっと良い方法があります。ノートパソコンの動作が遅い場合は、ハードディスクの空き容量を確保したり、不要なプログラムをアンインストールしたり、ブラウザ拡張機能を削除したりするのが一番かもしれません。その後、MacのOSをアップデートして、バグがないことを確認しましょう。通常は、こうした問題があるとRAMをアップグレードしても何の役にも立ちません。[11]
    • RAMは不良品であればすぐにわかるものです。パソコンの動作が少し遅くなるだけでなく、動かなくなるのです。RAMをアップグレードすればパソコンの故障が直ると考えているのなら、おそらく見当違いをしているでしょう。
    広告

Question 3
Question 3 の 5:
自宅でRAMをアップグレードすることはできるのか?

  1. 1
    新しいモデルの場合は、AppleがRAMをはんだ付けしているので、アップグレードすることはできません。実際にRAMを取り付ける作業は、パソコンで行うアップグレードの中で最も簡単なものの1つです。ただし、MacBookでこれを行えるのは、古いモデルの場合だけです。2013年以降、AppleはRAMボードをマザーボードに完全にはんだ付けするようになりました。基本的に、RAMを交換することは不可能になったのです。2014年以降のMacBookの場合、RAMをアップグレードするには新しいパソコンを購入する必要があります。[12]
    • たとえRAMのアップグレードが可能で、はんだ付けの方法を知っていたとしても、AppleはマザーボードのRAM容量を制限するようになりました。つまり、たとえ16GBのRAMを搭載した2018年のMacBook Proに32GBのRAMボードを完璧に取り付けたとしても、パソコンは16GBのRAMしか搭載していないように動作してしまうのです。[13]
  2. 2
    2012年以前のMacBookであれば可能です。Windowsパソコンの場合は、RAMボードをマザーボードのスロット(パズルのピースが2枚またはレゴブロックのようなもの)に自由に差し込めるようになっています。2012年以前は、Appleも同じ構成を採用していました。2011年以前のMacBook Proを持っている場合は、どのモデルのMacBookでも自宅で行うことができます。[14]
    • 2012年モデルのうち、アップグレード可能なRAMを搭載しているのは、2012年半ばの13インチと15インチの2つのモデルです。その他の2012年モデルは、RAMボードがはんだ付けされています。[15]
    広告

Question 4
Question 4 の 5:
MacBook ProのRAMとSSDのどちらをアップグレードするべきか?

  1. 1
    SSDを持っていない場合は、ハードディスクをアップグレードする方がはるかに良いでしょう。新しいSSDなら間違いなくパフォーマンスを最も向上させることができます。HDDを持っていて、ハードディスクまたはRAMのアップグレードを検討している場合は、ハードディスクを選択しましょう。[16]
    • 2008年から2018年にかけては、HDDとSSDが混在して市場に出回っていました。SSDは新しい技術で本当に高価でした、最近では時代遅れのHDDを使う理由はなくなりました。速度と信頼性に関しては、SSDはまさに何光年も先を行っています。[17]

Question 5
Question 5 の 5:
16GBのRAMを搭載したMacBook Proにアップグレードする価値はあるのか?

  1. 1
    8GBのままで複雑なプログラムを使わないのであれば、おそらく価値はないでしょう。[18] 動画を書き出したり、アニメーションを作ったり、音楽を制作したりするなら、16GBのRAMと8GBのRAMの差は天文学的な数字になります。[19] ウェブを閲覧したり、宿題をしたり、メールに返信したりするだけなら、8GBと16GBの差に気づくこともないでしょう。[20]
    • 4GBのRAMを使っているなら、そろそろ新しいパソコンを購入した方が良いかもしれません。MacBookに4GBのRAMが搭載されるようになってから、かなりの年月が経ちました。RAMをアップグレードすることもできますが、パソコンの寿命はいずれにしても1~2年しかありません。
    広告

ポイント

  • MacBook ProのCPUの中には、eDRAMと呼ばれるRAMを搭載しているものがあります。このタイプのRAMをアップグレードすることはできませんが、実際にはアップグレードする必要はありません。[21]
  • ブラウザのタブはRAMを消費することで有名です(特にFirefoxやChrome、Safari)。パソコンの動作が遅く、常に何十ものタブを開いているような人であれば、そのうちのいくつかを閉じてみましょう。開いているブラウザのタブの数を最小限に抑えれば、パソコンの動作ははるかに速くなります。[22]
  • WindowsパソコンはApple製のパソコンよりも32GBまたは64GBのRAMを搭載したパソコンがはるかに多くあります。これは、こうしたパソコンが大抵ゲーム用に作られているからです。Apple製のパソコンではゲームができないので、MacBookにそれだけのRAMが搭載されていることはほとんどありません。[23]
広告

関連記事

ファンクションキーを解除するファンクションキーを解除する
Macをテレビに接続するMacをテレビに接続する
Mac製品の電源を入れるMac製品の電源を入れる
EXEファイルを開くEXEファイルを開く
EXEファイルをMacで開くEXEファイルをMacで開く
スマートTVにアプリを追加するスマートTVにアプリを追加する
WindowsやMacでDiscordを使うWindowsやMacでDiscordを使う
ケースを購入する前にiPadのサイズを確認するケースを購入する前にiPadのサイズを確認する
13歳未満の子供をファミリー共有グループから削除する13歳未満の子供をファミリー共有グループから削除する
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
MacからCDを取り出すMacからCDを取り出す
Macで画面を拡大するMacで画面を拡大する
MacBook Airをモニターに接続するMacBook Airをモニターに接続する
Macで画面をズームアウト(縮小)するMacで画面をズームアウト(縮小)する
広告

出典

  1. Spike Baron. ネットワークエンジニア、デスクトップサポート. 専門家インタビュー. 9 January 2019.
  2. https://www.digitaltrends.com/computing/how-much-ram-do-you-need/
  3. Spike Baron. ネットワークエンジニア、デスクトップサポート. 専門家インタビュー. 9 January 2019.
  4. https://www.digitaltrends.com/computing/how-much-ram-do-you-need/
  5. https://www.digitaltrends.com/computing/how-much-ram-do-you-need/
  6. https://www.tomshardware.com/reviews/how-much-ram-memory,6092.html
  7. Spike Baron. ネットワークエンジニア、デスクトップサポート. 専門家インタビュー. 9 January 2019.
  8. Spike Baron. ネットワークエンジニア、デスクトップサポート. 専門家インタビュー. 9 January 2019.
  9. https://www.digitaltrends.com/computing/how-much-ram-do-you-need/

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 498 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告