PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、これまで使用していたパソコンとは別のパソコンにMicrosoft Officeをインストールする方法を紹介します。Microsoft 365(旧Office 365)のサブスクリプションを持っている場合は、同時に最大5台のデバイスでOfficeアプリを使用することができるので、他のインストールのライセンス認証を解除する必要はありません。ただし、サブスクリプション以外のバージョンのOffice 2019またはOffice 2016を使用している場合は、新しいパソコンにOfficeをインストールするか、新しいパソコンでOfficeのライセンス認証を行ってから(通常は電話で)、古いパソコンでライセンス認証を解除する必要があります。

方法 1 の 3:
Office 2019または2016を新しいWindowsに移行する(サブスクリプションなし)

  1. 1
    新しいパソコンでhttps://www.office.comにアクセスする OfficeのホームページにはMicrosoft Edge、Safari、Firefox、Google Chromeなど、どのブラウザでもアクセス可能です。
    • Microsoft 365のサブスクリプションを持っておらず、すでにライセンス認証を行っているOffice Home&Business、Office Home&Student、またはOffice Professionalを新しいWindowsに移行したい場合は、この方法を使用しましょう。
    • ライセンスでは、同時に1台のパソコンにしかOfficeをインストールできないので、まず新しいパソコンにOfficeをインストールし、ライセンス認証を電話で行ってから、古いパソコンのアプリケーションを削除します。[1]
  2. 2
    Microsoftアカウントにサインインする Outlook.com、Live.com、Hotmail.com などのMicrosoft製品へのサインインに使用しているアカウント情報を使用します。職場や学校でOfficeを使用している場合は、職場や学校のアカウントを使用してサインインする必要があるかもしれません。
  3. 3
    Officeのインストールをクリックする ページの右上にあり、クリックするとインストーラーがダウンロードされますが、ファイルを保存を選択しないとダウンロードが開始されない場合があります。
  4. 4
    Officeのインストールをクリックする ページの右上にあり、クリックするとインストーラーがダウンロードされますが、ファイルを保存を選択しないとダウンロードが開始されない場合があります。
    • 職場や学校のアカウントでサインインしたのに、Officeをインストールするオプションが表示されない場合は、ブラウザでhttps://aka.ms/office-installにアクセスしましょう。
  5. 5
    インストールまたはOfficeのインストールをクリックする 表示されるオプションはインストールするバージョンによって異なります。
  6. 6
    Officeのインストーラーをダブルクリックして実行する インストーラーは「setup」で始まり「.exe」で終わるもので、デフォルトのダウンロードフォルダーに保存されます。
  7. 7
    はいをクリックしてインストールを開始する 「ユーザーアカウント制御」ダイアログボックスに表示されるボタンのことで、クリックするとOfficeがインストールされます。
  8. 8
    閉じるをクリックしてインストールを完了する これでOfficeがインストールされました。
  9. 9
    任意のOfficeアプリを起動する Word、Excel、PowerPointなどの製品が対象です。Officeアプリは「スタート」メニューの中にあります。
  10. 10
    ソフトウェアのライセンス認証を電話で行うを選択し、 Enterキーを押す ライセンス認証ウィザードに表示されます。
  11. 11
    住んでいる地域のライセンス認証専用窓口に電話をかける ドロップダウンメニューから国・地域を選択すると電話番号が表示されるので、使用している電話機でその番号をダイヤルします。
  12. 12
    電話でインストールIDを尋ねられたら、口頭で伝えるか入力する ライセンス認証ウィザードの「インストールID」の横にある番号のことです。この番号を口頭で伝えるか入力すると、確認IDが読み上げられます。
  13. 13
    確認IDを入力し、次へをクリックする インストールIDを入力した後に自動音声または担当者が読み上げる番号のことです。これで新しいパソコンでOfficeが有効になります。
  14. 14
    古いパソコンのOfficeをアンインストールする 以下の操作を行います。
    • Windows+Sキーを同時に押して、検索ボックスを開きます。
    • アンインストールと入力し、検索結果のプログラムの追加と削除をクリックします。
    • 右ペインを下にスクロールし、Microsoft Office(バージョン)をクリックします。
    • アンインストールをクリックし、画面の指示に従います。
    広告

方法 2 の 3:
Office 2019または2016を新しいMacに移行する(サブスクリプションなし)

  1. 1
    両方のMacにmacOSの最新アップデートをインストールする これで2台のMacの間でスムーズに転送できるようになります。両方のMacで、画面左上のアップルメニューをクリックしてシステム環境設定を選択し、ソフトウェアアップデートをクリックして、ソフトウェアアップデートがある場合はそれを選択しましょう。[2]
    • Microsoft 365のサブスクリプションを持っておらず、代わりにOffice 2019または2016のライセンスを持っている場合は、この方法を使用しましょう。Microsoft 365のサブスクリプションを持っている場合は、「 Microsoft 365のサブスクリプションを使用する」を参照してください。
    • Office 2016のリリース時点では、プロダクトキーはMicrosoftアカウントに紐付けられているため、他のパソコンにOfficeを再インストールする際には必要ありません。
  2. 2
    古いMacにコンピュータ名が設定されていることを確認する 移行アシスタントを使用するには、すでにOfficeがインストールされているMacに「コンピュータ名」が設定されている必要があります。確認方法は以下の通りです。
    • アップルメニューをクリックし、システム環境設定を選択します。
    • 共有をクリックします。
    • 「コンピュータ名」欄が空白の場合は、ここにコンピュータ名を入力しましょう。「古いMac」など、どんなものでもかまいません。
  3. 3
    2台のMacを接続する 両方のMacに最新バージョンのmacOS(またはHigh Sierra以降)が搭載されている場合は、両方のMacを近くに置き、それぞれのWi-Fiを有効にするだけです。[3] どちらかのMacがEl Capitan以前のバージョンの場合は、両方のMacを同じWi-Fiまたはイーサネットネットワークに接続しましょう。
    • Time Machineを使用してMicrosoft Officeのインストールを別のドライブにバックアップした場合は、代わりにTime Machineドライブを新しいMacに直接接続しましょう。
  4. 4
    新しいMacで移行アシスタントを起動する 以下の操作を行います。
    • Finderアイコン(Dockにあるツートンカラーの顔)をクリックします。
    • アプリケーションフォルダをダブルクリックします。
    • ユーティリティフォルダをダブルクリックします。
    • 移行アシスタントをダブルクリックします。
    • 続けるをクリックします。
  5. 5
    「Mac、Time Machineバックアップ、または起動ディスクから」を選択し、続けるをクリックする 1つ目のオプションのことです。
  6. 6
    続けるをクリックする すでにOfficeがインストールされているMacで、以下の操作を行います。
    • Time Machineバックアップを使用する場合は、ステップ10にスキップしましょう。
  7. 7
    古いMacで移行アシスタントを起動する すでにOfficeがインストールされているMacのことです。移行アシスタントはアプリケーションフォルダのユーティリティフォルダの中にあります。
  8. 8
    続けるをクリックする
  9. 9
    「別のMacへ」を選択し、続けるをクリックする 新しいMacに戻ります。
  10. 10
    古いMacまたはTime Machineバックアップドライブを選択し、続けるをクリックする ファイルの転送方法によっては、以下のいずれかの操作を行う必要があります。
    • セキュリティコードが表示された場合は、古いMacでも同じコードが表示されていることを確認し、続けるをクリックしましょう。
    • 情報を転送するバックアップの選択を求められた場合は、最新のバックアップを選択し、続けるをクリックしましょう。
  11. 11
    新しいMacに転送したい情報を選択する Microsoft Officeはアプリケーションの集合体(パッケージ)なので、「アプリケーション」の横にあるチェックボックスにチェックを入れます。また、ユーザーアカウントや設定、その他のファイルやフォルダーなどもコピーするとよいでしょう。
  12. 12
    続けるをクリックする Microsoft Officeなどのアプリケーションを新しいMacにコピーする処理が開始されます。移行が完了すると、アプリケーションフォルダにMicrosoft Officeが表示されます。
    • 新しいMacでOfficeを起動したときにライセンス認証エラーが発生した場合は、ライセンス認証ウィザードでソフトウェアのライセンス認証を電話で行うをクリックして次へを選択し、画面の指示に従いましょう。Officeのライセンス認証が完了したら、古いMacのOfficeをアンインストールします。[4]
  13. 13
    新しいMacで任意のOfficeアプリを起動する WordやExcelなど、どのOfficeアプリでもかまいません。OfficeアプリはLaunchpadにあります。
  14. 14
    ライセンス認証エラーが発生した場合は、ライセンス認証を電話で行う Officeは古いMacから移行したので、問題なく使用できるはずです。ライセンス認証に関するエラーが発生した場合は、以下の手順で電話によるライセンス認証を行う必要があります。
    • ライセンス認証ウィザードでソフトウェアのライセンス認証を電話で行うを選択し、次へをクリックします。
    • 住んでいる地域を選択して、その地域のライセンス認証専用窓口の電話番号を表示します。
    • その番号に電話をかけ、「ステップ2」の「インストールID」を口頭で伝えます。
    • 自動音声または担当者が読み上げる確認IDを「ステップ3」の下の空欄に入力します。
    • 次へをクリックし、画面の指示に従ってライセンス認証を行います。
  15. 15
    古いMacのOfficeを削除する 新しいMacでOfficeのライセンス認証が完了すると、古いMacでは使用できなくなります。[5] 古いMacのOfficeをアンインストールするには、以下の操作を行います。
    • DockのFinderアイコン(ツートンカラーのスマイリーフェイス)をクリックします。
    • アプリケーションフォルダをダブルクリックします。
    • Commandキーを押しながら、各Officeアプリをクリックします。[6] 「Microsoft」で始まるOfficeアプリがすべて選択されていることを確認しましょう。
    • Controlキーを押しながら、選択したアプリをクリックすると、メニューが表示されます。
    • ゴミ箱に入れるをクリックするとOfficeがアンインストールされます。ゴミ箱を空にすれば、ハードディスクの空き容量を増やすことが可能です。
    広告

方法 3 の 3:
Microsoft 365のサブスクリプションを使用する

  1. 1
    新しいパソコンでhttps://www.office.comにアクセスする OfficeのホームページにはMicrosoft Edge、Safari、Firefox、Google Chromeなど、どのブラウザでもアクセス可能です。
    • Microsoft 365のサブスクリプションを持っており、新しいWindowsまたはMacにOffice製品(Word、Excel、PowerPointなど)をインストールしたい場合は、この方法を使用しましょう。Microsoft 365のサブスクリプションでは、同時に最大5台のデバイス(パソコンやスマートフォン、タブレット)でOfficeにサインインすることができます。[7]
    • すでにサインインの最大数に達している場合は、https://account.microsoft.com/services/microsoft365/installでサインインしているデバイスの1台を無効にしましょう。サインアウトしたいデバイスの横にあるサインアウトをクリックするだけです。
  2. 2
    Microsoftアカウントにサインインする Microsoft 365サブスクリプションに関連付けられているメールアドレスとパスワードで、通常、メールアドレスは「outlook.com」、「live.com」、または「hotmail.com」で終わります。職場や学校でOfficeを使用している場合は、職場や学校のアカウントを使用してサインインする必要があるかもしれません。
    • このメールアドレスを忘れてしまった場合は、古いパソコンでOfficeアプリ(WordやExcelなど)を起動してファイルアカウントの順にクリックし、「製品情報」の「所属先」の横にあるメールアドレスを確認しましょう。
  3. 3
    Officeのインストールをクリックする ページの右上にあり、クリックするとインストーラーがダウンロードされますが、ファイルを保存を選択しないとダウンロードが開始されない場合があります。
    • 職場や学校のアカウントでサインインしたのに、Officeをインストールするオプションが表示されない場合は、ブラウザでhttps://aka.ms/office-installにアクセスしましょう。
  4. 4
    インストールまたはOfficeのインストールをクリックする 表示されるオプションはインストールするバージョンによって異なります。
    • 職場や学校のアカウントを使用する場合は、Office 365アプリをクリックするとインストールが開始されます。
  5. 5
    Officeのインストーラーを実行する インストーラーは、デフォルトではデフォルトのダウンロード先(通常はダウンロードフォルダ)にダウンロードされます。ファイルをダブルクリックしてインストールを開始しましょう。
    • Windowsの場合、インストーラーのファイル名は「setup」で始まり、「.exe」で終わります。
    • Macの場合、インストーラーのファイル名は「Microsoft_Office」で始まり、「pkg」で終わります。
  6. 6
    画面の指示に従ってOfficeをインストールする 使用しているOSによって手順が多少異なります。
    • Windows:はいをクリックしてインストーラーの実行を許可し、画面の指示に従います。
    • macOS:
      • 「"Microsoft_Office_Installer.pkg"は、開発元が未確認のため開けません」というエラーが表示された場合は、10〜15秒ほど待ってから、インストーラーをデスクトップにドラッグし、Ctrlキーを押しながらファイルをクリックして、もう一度試してみましょう。
      • 続けるをクリックし、画面の指示に従います。
  7. 7
    インストールが完了したら、Officeアプリを起動する WordやExcel、PowerPointなどの製品が対象です。Windowsの場合は「スタート」メニュー、Macの場合はLaunchpadにOfficeアプリがあります。
  8. 8
    Officeのライセンス認証を行う Windowsの場合は、サインインして使用許諾契約書に同意すると、すべてのOfficeアプリが有効になります。Macの場合は、以下の操作を行います。
    • 「新機能」ウィンドウの一番下にある始めましょうをクリックします。[8]
    • サインインをクリックし、自分の(または職場での)Microsoftアカウントでサインインします。
      • このオプションが表示されない場合は、ファイルメニューをクリックしてテンプレートから新規作成を選択し、サインインをクリックしましょう。
    • ライセンス認証が完了したら、Wordの使用を開始(または起動したアプリの「使用を開始」)をクリックします。
    広告

関連記事

メモ帳をExcelに変換するメモ帳をExcelに変換する
Wordで文字を曲げるWordで文字を曲げる
WordでXバー(平均値の記号)を入力するWordでXバー(平均値の記号)を入力する
PowerPointのファイルサイズを縮小するPowerPointのファイルサイズを縮小する
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
2ページ目以降のヘッダーを削除する2ページ目以降のヘッダーを削除する
ExcelでシートをリンクさせるExcelでシートをリンクさせる
Word文書をPowerPointに変換するWord文書をPowerPointに変換する
PowerPointをWordに変換するPowerPointをWordに変換する
Microsoft Wordにフォントを追加するMicrosoft Wordにフォントを追加する
2つのExcelファイルを比較する2つのExcelファイルを比較する
Microsoft Outlookで不在時の自動応答を設定するMicrosoft Outlookで不在時の自動応答を設定する
PDFファイルを編集するPDFファイルを編集する
Wordで空白ページを削除する
広告

このwikiHow記事について

Travis Boylls
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Travis Boylls. テクノロジーに関する記事の執筆、ソフトウェアー関連のカスタマーサポート、そしてグラフィックデザインの実務経験を持つトラヴィス・ボイルスは、wikiHowにてテクノロジー記事の制作と編集者の業務を担当しています。パイクスピーク・コミュニティー・カレッジにてグラフィックデザインを学び、Windows、macOS、Android、iOS、Linuxのシステムに精通しています。 この記事は15,919回アクセスされました。
カテゴリ: オフィス
このページは 15,919 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告