PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

このwikiHowでは、Microsoft Wordで1つのラベルのテンプレート、または複数の異なるラベルのテンプレートを設定して印刷する方法をご紹介します。

方法 1 の 2:
1つのラベルまたは同じラベルを並べたシートを印刷する

  1. 1
    必要なラベルを入手する 通常の宛名ラベルの他、はがきサイズ(洋2)からB4サイズ(角1)の封筒、CDケースカバー等の異なる用途に合わせて、様々なサイズのラベルがあります。自分の目的に一番適しているラベルを入手しましょう。
  2. 2
    Microsoft Word文書を新規作成する W」と書かれているか、または「W」の形をした青いアイコンのアプリをダブルクリックし、開いた画面の左上部分にある「白紙の文書」をダブルクリックします。
  3. 3
    画面の上部にある差し込み文書タブをクリックする
  4. 4
    「作成」グループにあるラベルをクリックする ツールバーの左端にあるメニューです。
    • 確認画面が表示されたら、OKをクリックしてWordから連絡帳へのアクセスを許可します。
  5. 5
    ラベルにテキストを追加する 「宛名ラベル作成」ダイアログボックスが開いたら「ラベル」タブを選択して、宛先ボックスに宛先の住所、またはネームプレートの文字、CDラベル等を入力します。連絡帳から選択する場合は、その右側にあるアドレス帳アイコンをクリックし、受取人を選択して挿入をクリックします。
  6. 6
    入力したテキストを選択して右クリックし、フォント…を選択する 「フォント」ダイアログボックスが開き、フォント、文字サイズ、文字色、スタイル等を選択してラベルの体裁を変更することができます。
  7. 7
    ラベル文字を好みに合わせて変更し、OKをクリックする.
  8. 8
    「ラベル」タブの下部にあるオプション...をクリックする
  9. 9
    使用するプリンタータイプの横のラジオボタンをクリックして選択する
  10. 10
    「ラベルの製造元」ドロップダウンメニューをクリックする
  11. 11
    使用するラベル用紙の製造元を選択する
    • ラベル用紙の製造元がドロップダウンメニューにない場合は、ラベル用紙のパッケージから、ラベルの寸法やシートごとの枚数等を調べます。これらの情報から、同等の製品を選択することができます。
  12. 12
    「製造番号」リストボックスをクリックする
  13. 13
    ラベルの製造番号をクリックして選択する ラベルのパッケージに明記されているはずです。
  14. 14
    OKをクリックする
  15. 15
    印刷するラベルの枚数を選択する
    • すべてのラベルに印刷するをクリックして、シート全体にラベルを印刷します。
    • 1枚のラベルに印刷するをクリックし、シート内にラベルを印刷したい分の行と列を設定します。
  16. 16
    白紙のシートをプリンターにセットする プリンターに正しく向きを合わせてシートをセットしていることを確認します。
  17. 17
    「宛名ラベル作成」ダイアログボックス左下にある印刷…をクリックする
    • 印刷プレビューを使い、印刷したい通りにラベルが表示されていることを確認します。
  18. 18
    プリンターの確認画面で印刷をクリックする ラベルが印刷されます。
    • ラベルテンプレートを後で使用するために保存したい場合は、メニューバーにあるファイルをクリックし、次に保存をクリックして、Word文書を保存します。
    広告

方法 2 の 2:
連絡帳から宛先を選択して複数の異なる宛名ラベルを印刷する

  1. 1
    必要なラベルを入手する 通常の宛名ラベルの他、はがきサイズ(洋2)からB4サイズ(角1)の封筒等の異なる用途に合わせて、様々なサイズのラベルがあります。自分の目的に一番適しているラベルを入手しましょう。
  2. 2
    郵送先名簿を準備する Wordでは、ExcelスプレッドシートやAccessデータベース、Outlookの連絡先から、またMacの場合には、連絡先アプリやファイルメーカーProのデータベースから、名前や住所を取り込むことができます。必要であれば、データを取り込んで整理する際に、新しい郵送先を入力することも可能です。
  3. 3
    Microsoft Word文書を新規作成する W」と書かれているか、または「W」の形をした青いアイコンのアプリをダブルクリックし、開いた画面の左上部分にある「白紙の文書」をダブルクリックします。
  4. 4
    画面の上部にある差し込み文書タブをクリックする
  5. 5
    ツールバーの左端にある差し込み印刷の開始をクリックしてラベル…をクリックする
    • 確認画面が表示されたら、OKをクリックしてWordから連絡帳へのアクセスを許可します。
  6. 6
    使用するプリンタータイプの横のラジオボタンをクリックして選択する
  7. 7
    「ラベルの製造元」ドロップダウンメニューをクリックする
  8. 8
    使用するラベル用紙の製造元を選択する
    • ラベル用紙の製造元がドロップダウンメニューにない場合は、ラベル用紙のパッケージから、ラベルの寸法やシートごとの枚数等を調べます。これらの情報から、同等の製品を選択することができます。
  9. 9
    「製造番号」リストボックスをクリックする
  10. 10
    ラベルの製造番号をクリックして選択する ラベルのパッケージに明記されているはずです。
  11. 11
    OKをクリックする
  12. 12
    ツールバーの左側にある宛先の選択をクリックする
  13. 13
    郵送先名簿を選択する ラベルに表示したい住所の情報源を選択します。
    • この時点で、新しい名簿を作成したい場合は、新しいリストの入力...をクリックします。
    • 郵送先名簿にある全員分のラベルを作成するのでない場合は、アドレス帳の編集をクリックして、必要な宛先のみを選択します。
  14. 14
    ツールバーにある住所ブロックをクリックする
    • Macの場合は、一番目のラベル上部付近の線をクリックし、差し込みフィールドの挿入をクリックして、含めたい情報のフィールド(例:「名前」等)を選択します。含めたいフィールドに対してこの手順を繰り返し、適当な空白を追加して、住所の形式を整えます。
  15. 15
    ラベルに含めたい要素を選択する 要素には、名前形式、会社名、住所等が含まれます。
  16. 16
    OKをクリックする
  17. 17
    ツールバーにある複数ラベルに反映をクリックする 「更新」マークが付いたアイコンのメニューす。
  18. 18
    ツールバーにある結果のプレビューをクリックする 印刷したい通りにラベルが表示されていることを確認します。
  19. 19
    白紙のシートをプリンターにセットする プリンターに正しく向きを合わせてシートをセットしていることを確認します。
  20. 20
    ツールバーの右端にある完了と差し込みをクリックし、続けて文書の印刷...をクリックする
  21. 21
    プリンターの確認画面で印刷をクリックする ラベルが印刷されます。
    • ラベルテンプレートを後で使用するために保存したい場合は、メニューバーにあるファイルをクリックし、次に保存をクリックしてWord文書を保存します。
    広告

関連記事

メモ帳をExcelに変換するメモ帳をExcelに変換する
Microsoft Officeを別のパソコンに移行するMicrosoft Officeを別のパソコンに移行する
Wordで文字を曲げるWordで文字を曲げる
PowerPointのファイルサイズを縮小するPowerPointのファイルサイズを縮小する
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
ExcelでシートをリンクさせるExcelでシートをリンクさせる
WordでXバー(平均値の記号)を入力するWordでXバー(平均値の記号)を入力する
2ページ目以降のヘッダーを削除する2ページ目以降のヘッダーを削除する
Word文書をPowerPointに変換するWord文書をPowerPointに変換する
タブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストするタブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストする
Microsoft Wordにフォントを追加するMicrosoft Wordにフォントを追加する
2つのExcelファイルを比較する2つのExcelファイルを比較する
Microsoft Outlookで不在時の自動応答を設定するMicrosoft Outlookで不在時の自動応答を設定する
PowerPointをWordに変換するPowerPointをWordに変換する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: オフィス
このページは 927 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告