この記事では、Microsoft Word文書内の任意の箇所に、点線や破線を追加する方法を紹介します。簡単なショートカットキーを使えば、デスクトップ版およびモバイル版のWordでバージョンを問わず、点線を挿入できます。さらに、線の長さや形式、位置を調整したい場合には、挿入メニューを使って文書内に線の図形を追加してから、線の形式を変更する方法もあります。

方法 1 の 3:
ショートカットキーを使う

  1. 1
    編集したいWord文書を開く パソコン内の文書を探し、ダブルクリックします。あるいは、Wordのアプリを開いて、編集したい文書を選択しましょう。
    • 白紙の文書を新規作成してもかまいません。
    • この記事で紹介するショートカットキーは、デスクトップ版およびモバイル版の、あらゆるバージョンのWordで使用できます。
  2. 2
    点線を挿入したい箇所をクリックする ページ内のどこでも好きな箇所に、水平な点線を引くことができます。
  3. 3
    キーボードで***とタイプする これが、ページを横切る点線を引くためのショートカットキーです。
    • 代わりに、---===___###~~~とタイプすると、違った種類の線になります(いずれも、半角で入力します)。
  4. 4
    Enterまたは Returnを押す これで、ページを横切る水平な点線が引けます。
    広告

方法 2 の 3:
デスクトップ版で挿入機能を使用する

  1. 1
    編集したいWord文書を開く パソコン内の文書を探し、ダブルクリックします。あるいは、Wordのアプリを開いて、編集したい文書を選択しましょう。
    • 白紙の文書を新規作成してもかまいません。
  2. 2
    リボン(ツールバー)の挿入タブを選択する Word画面最上部のリボンの上にあるタブのひとつです。
  3. 3
    挿入タブ内の図形を選択する 挿入タブのリボン内にある、丸・三角・四角を並べたようなアイコンのボタンです(Wordのバージョンにより、アイコンは異なります)。クリックすると「図形」のポップアップメニューが開きます。
  4. 4
    追加したい線を選択する どの線も、後から点線に変更できます。
  5. 5
    文書内をクリックし、線を引く 線の図形を選択したら、マウスを使って文書内の任意の場所に線を引きます。
    • 線を引き終えたら、線の端をクリック・アンド・ドラッグすることで、長さや角度、位置を変えられます。
    • 線は文書内のどこでも好きな箇所に引けます。
  6. 6
    線を右クリックする 右クリックすると、ドロップダウンメニュー内にオプションが表示されます。
  7. 7
    ドロップダウンメニュー内の図形の書式設定をクリックする 書式設定用のパネルがWord画面の右側に表示されます。
  8. 8
    書式設定パネルの実線/点線をクリックする 点線や破線などのオプションが表示されます。
    • 「実線/点線」というオプションが見当たらない場合には、まず「図形の書式設定」パネルの左上にあるペンキのバケツのアイコンをクリックし、表示されたメニュー内のをクリックして、折りたたまれているオプションを表示しましょう。
  9. 9
    点線や破線の種類を選ぶ 選択後すぐに、文書内の線が点線や破線に変わります。
    • 書式設定パネル内ではさらに、線の透明度なども調整することができます。
    広告

方法 3 の 3:
モバイル版で挿入機能を使用する

  1. 1
    スマートフォンやタブレット端末でWordのアプリを開く Wordアプリは、青と白の文書のページのアイコンです。アプリをインストールしていれば、ホーム画面かアプリトレイ内にあるはずです。
  2. 2
    編集したい文書を選択する これで、文書が開きます。
    • 白紙の文書を新規作成してもかまいません。
  3. 3
    画面上部の「編集」アイコンをタップする 上部の青いリボン(ツールバー)内にあります。これで、画面の下半分に編集メニューが開きます。
    • このボタンはiPhone/iPadでは、青地のリボン内に白い"A"と鉛筆のようなアイコンで示されています(バージョンによっては、リボンは白地、アイコンは灰色です)。
    • Androidも同じアイコン、または白い鉛筆のみのアイコンです。
  4. 4
    ホームボタンをタップする 画面下部に表示されたメニュー内の左上にあります。これで、リボンのタブが開きます。
  5. 5
    リボンメニュー内の挿入を選択する 使用可能なオプションが表示されます。
  6. 6
    図形を選択する 文書に追加できるすべての図形が表示されます。
  7. 7
    追加したい線を選択する 選択した線が文書に挿入されます。
    • 線は後から点線に変更できます。
  8. 8
    線の両端にある青い点をドラッグして調整する(必要ならば) 線の両端にある青い点を動かすことで、線の長さや位置を調整できます。
    • この操作は線を点線に変えた後でも行えます。
  9. 9
    図形メニュー内の図形のスタイルをタップする 線に適用できるすべての形式が表示されます。
  10. 10
    点線の種類を選択する 選択した線が点線に変わります。線の長さや位置も自由に変えられます。
    広告

関連記事

画像をJPEGに変換する画像をJPEGに変換する
Dellパソコンでスクリーンショットを撮るDellパソコンでスクリーンショットを撮る
JPGをPDFに変換する
DWGファイルを開くDWGファイルを開く
Photoshopにフォントを追加するPhotoshopにフォントを追加する
ペイントで背景を透明にするペイントで背景を透明にする
WinZipを使わずにZIPファイルを開くWinZipを使わずにZIPファイルを開く
Adobe Illustratorでハイパーリンクを挿入するAdobe Illustratorでハイパーリンクを挿入する
RARファイルを開くRARファイルを開く
Google Chromeで最近閉じたタブの履歴を消去するGoogle Chromeで最近閉じたタブの履歴を消去する
Excel でアルファベットの小文字を大文字に一括変換する
コマンドプロンプトでプログラムを実行するコマンドプロンプトでプログラムを実行する
OutlookからログアウトするOutlookからログアウトする
Microsoft Word文書に電子署名をするMicrosoft Word文書に電子署名をする
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,077回アクセスされました。
カテゴリ: ソフトウェア
このページは 1,077 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告