この記事では、Microsoft Wordのドキュメントの「読み取り専用」ロックを解除する方法や、Wordドキュメント内のテキストを、編集が可能な新しいWordファイルにコピーする方法を紹介します。パスワードがないと開けないWordドキュメントの場合で、パスワードが分からないときは、ドキュメントの内容をコピーアンドペーストする方法を使いましょう。

方法 1 の 4:
インターネットからダウンロードしたファイルの保護ビューを解除する

  1. 1
    保護ビューが設定されるドキュメントの種類を知っておく インターネットからダウンロードしたすべてのMicrosoft Wordドキュメント(メールの添付ファイルまたは Web サイトからダウンロードしたファイル)には、開くたびに「読み取り専用」モードが適用されます。この保護設定はドキュメントを初めて開くときに解除できます。
  2. 2
    Wordドキュメントを開く 読み取り専用モードを解除したいWordドキュメントをダブルクリックします。
    • すでにWordドキュメントを開いている場合は、一旦閉じてから再度ファイルを開きます。
  3. 3
    淡い黄色のバナーを探す Wordドキュメントの上部に「インターネットから入手したファイルは、ウイルスに感染している可能性があります」と記載された黄色いバナーが表示されている場合、そのドキュメントはここで紹介する方法を使って読み取り専用モードを解除する必要があります。
    • Wordドキュメントを開き直してもバナーが表示されない場合は、この記事で紹介する他の方法を試してみましょう。
  4. 4
    編集を有効にするをクリックする このボタンはバナーの右の方にあります。クリックすると、Wordドキュメントが更新され、読み取り専用モードが解除されます。これでドキュメントを編集できるはずです。
    広告

方法 2 の 4:
パスワードで保護されたファイルの保護ビューを解除する

  1. 1
    Wordドキュメントを開く 保護を解除したいWordドキュメントをダブルクリックします。クリックすると、Wordでドキュメントが開きます。
  2. 2
    校閲タブをクリックする このタブはWordウィンドウの右上にあります。クリックすると、Wordウィンドウの上部に校閲ツールバーが開きます。
  3. 3
    編集の制限をクリックする 校閲ツールバーの右端にあります。クリックすると、ウィンドウの右側にポップアップメニューが表示されます。
  4. 4
    保護の中止をクリックする ポップアップメニューの下の方にあります。クリックするとポップアップウィンドウが表示されます。
    • ドキュメントの保護設定があなた自身またはあなたのパソコンのアカウントを使用する別のユーザーによって設定されたものである場合、保護の中止をクリックすると自動的に保護が解除されます。
  5. 5
    パスワードの入力画面が表示されたら、パスワードを入力する 「パスワード」テキストボックスにドキュメントのパスワードを入力し、OKをクリックします。パスワードが正しければ、Wordドキュメントの読み取り専用モードがすぐに解除されます。
  6. 6
    変更内容を保存する Ctrl+S(Windows)または Command+S (Mac)を押して変更内容を保存します。これで編集保護を再設定しない限り、このファイルは読み取り専用モードにはなりません。
    広告

方法 3 の 4:
ファイルのプロパティを変更する

  1. 1
    Wordドキュメントが保存されている場所に移動する Wordドキュメントが保存されているフォルダを探します。
    • ファイルがパソコン内に保存されていない(フラッシュドライブやCDに保存されている)場合は、あらかじめファイルをパソコン内に移動しておきます。
  2. 2
    Wordファイルのプロパティを開く パソコンのOSによって操作方法が異なります。
    • 「Windows」:Wordファイルを1回クリックしてから右クリックし、ドロップダウンメニューのプロパティをクリックします。
    • 「Mac」:Wordファイルをクリックしてから、Mac画面の左上にあるメニュー項目のファイルをクリックし、情報を見るをクリックします。
  3. 3
    「権限」の項目を探す Windowsパソコンの場合、この項目は「プロパティ」ウィンドウ下部にある「属性」欄の近くに表示されているはずです。
    • Macの場合、ウィンドウ下部にある「共有とアクセス権」をクリックします。
  4. 4
    読み取り専用設定を解除する こちらも、WindowsまたはMacのどちらを使用するかによって操作方法が異なります。
    • 「Windows」:ウィンドウ下部にある「読み取り専用」ボックスのチェックを外し、「適用」をクリックしてからOKをクリックします。
    • 「Mac」:ユーザー名の右側にある「読み出しのみ」オプションをクリックし、表示されたメニューの読み/書きをクリックします。
      • 「情報を見る」ウィンドウの左下にある鍵のアイコンをクリックし、Macのパスワードを入力しないと、この操作ができない場合があります。
    • オプションがグレーで表示されて選択できない場合やすでにチェックが外れている場合、これ以外のケースでも「読み取り専用」に設定されていない場合は、コピーアンドペーストを試してみましょう。
  5. 5
    ファイルを編集できるか確認する ファイルをダブルクリックしてWordドキュメントを開き、編集できるか確認します。ファイルによっては先にインターネットからダウンロードしたファイルの読み取り専用モードを解除しておく必要があることを覚えておきましょう。
    広告

方法 4 の 4:
コピーアンドペーストする

  1. 1
    この方法の概要を理解する Wordドキュメントを編集することが第一の目的なのであれば、Wordドキュメントのテキストをコピーして新しいWordドキュメントにペーストし、これをパソコンに保存しましょう。この方法は元のドキュメントの読み取り専用モードを解除できるわけではありませんが、編集可能なコピーを作成することができます。
  2. 2
    保護設定されたWordドキュメントを開く Wordドキュメントをダブルクリックして開きます。
  3. 3
    ドキュメントの任意の場所をクリックする クリックすると、ドキュメントのページにマウスのカーソルが表示されます。
  4. 4
    ドキュメント全体を選択する Ctrl+A(Windows)または Command+A(Mac)を押します。ドキュメント全体が範囲選択されるはずです。
  5. 5
    選択したテキストをコピーする Ctrl+C(Windows)または Command+C(Mac)を押します。ドキュメント内のテキストがパソコンのクリップボードにコピーされます。
  6. 6
    新しいWordドキュメントを開く Wordウィンドウの左上にあるファイルをクリックし、空白のドキュメントをクリックして、空白のWordドキュメントを開きます。
    • Macの場合は、メニュー項目のファイルをクリックしてから、ドロップダウンメニューの上の方にある白紙の文書をクリックします。
  7. 7
    コピーしたテキストをペーストする Ctrl+V(Windows)または Command+V(Mac)を押し、保護モードのWordドキュメントのテキストを、空白のドキュメントにペーストします。
    • 元のドキュメントのファイルサイズが特に大きかったり、画像が含まれていたりすると、数秒かかる場合があります。
  8. 8
    ドキュメントを新しいファイルとして保存する Ctrl+S(Windows)または Command+S(Mac)を押したら、ドキュメント名を入力し、保存をクリックします。保存されたドキュメントは、いつもどおり編集することができます。
    広告

ポイント

  • その他、オンラインコンバーターの「SmallPDF」を使用してWordドキュメントをPDFに変換し、変換後のPDFファイルをダウンロードしてから、そのPDFを再度SmallPDFでWordドキュメントに戻す方法でも、Microsoft Wordドキュメントの読み取り専用モードを解除できます。
広告

注意事項

  • Microsoftの保護を解除しようとするよりも、保護されたドキュメントのテキストをコピーし、新しいドキュメントにペーストする方がずっと簡単です。
広告

関連記事

メモ帳をExcelに変換するメモ帳をExcelに変換する
Wordで文字を曲げるWordで文字を曲げる
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
Word文書をPowerPointに変換するWord文書をPowerPointに変換する
PowerPointのファイルサイズを縮小するPowerPointのファイルサイズを縮小する
Microsoft Officeを別のパソコンに移行するMicrosoft Officeを別のパソコンに移行する
ExcelでシートをリンクさせるExcelでシートをリンクさせる
2ページ目以降のヘッダーを削除する2ページ目以降のヘッダーを削除する
Microsoft Wordにフォントを追加するMicrosoft Wordにフォントを追加する
2つのExcelファイルを比較する2つのExcelファイルを比較する
タブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストするタブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストする
Microsoft Outlookで不在時の自動応答を設定するMicrosoft Outlookで不在時の自動応答を設定する
PowerPointをWordに変換するPowerPointをWordに変換する
Wordで空白ページを削除する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。
カテゴリ: オフィス
このページは 627 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告