Minecraftでマルチプレイをする方法

『Minecraft』はシングルプレイに最適なゲームです。しかし、プレイ時間が長くなると、少し寂しくなることがあるかもしれません。そういう時は、他のプレイヤーを招待して、『Minecraft』を一緒にプレイしましょう。『Minecraft』は、他のプレイヤーと簡単に繋がることができる素晴らしいゲームです。

方法 1 の 5:
マルチプレイサーバーに入る(PC/Mac版)

  1. 1
    任意のサーバーを選択する 『Minecraft』でマルチプレイサーバーに接続するには、まず、自分が接続したいサーバーを選択しなければなりません。ゲーム内ではサーバーに接続できないので、サーバーを調べる際は、ウェブブラウザを利用することになります。サーバー専門のまとめサイトというものはいくつもあり、とくに、人気サーバーの大多数は専用のサイトを公開しています。サーバー専門の大手まとめサイトには、以下のものがあります(いずれも英語)。
    • MinecraftServers.org
    • MinecraftForum.net > Server
    • PlanetMinecraft.com > Server
  2. 2
    サーバーのIPアドレスを調べる サーバーのIPアドレスとは、mc.wubcraft.com148.148.148.148のような表示のことです。また、ポート番号の末尾には、:25565という表示がある場合もあります。
  3. 3
    自分に合ったサーバーを選択する サーバーを選択する際に注意したいことがいくつかあります。サーバーによってできることは大きく異なりますが、説明文が書かれていることがほとんどなので、事前に確認することが可能です。サーバーを選択する前に、重要事項をいくつか確認しておきましょう。
    • ゲームモード:基本プレイはもちろんのこと、あらゆるゲームモードが用意されているサーバーもたくさんあります。陣取りゲーム(CTF)からキャラクター・ロールプレイング(RPG)まで、ありとあらゆるゲームモードが揃っています。
    • ホワイトリスト:サーバーにホワイトリストが格納されている場合は、ホワイトリストに登録されているユーザー以外は使用できないように設定されています。つまり、サーバーに接続するためには、通常、専用のウェブサイトでアカウントを作成しなければなりません。
    • 人口:現在のプレイ人口だけでなく最大プレイ人口を表すこともあります。必ずしもこの全員が実際にプレイしているわけではないことは覚えておきましょう。プレイ人口が多い場合は、複数のサーバーに分割されていることがよくあります。
    • PvP:「Player vs. Player」の略で、プレイヤー同士の攻撃が可能だということを表しています。ゲームに慣れていない場合は、難易度が高いかもしれません。
    • 稼働時間:サーバーがネットワークに接続されて使用可能な状態になっている時間を表しています。オンラインプレイが多くなる場合は、「稼働時間(Uptime)」が95%以上のサーバーを選択するようにしましょう。
  4. 4
    サーバーのIPアドレスをコピーする サーバーに接続するには、サーバーのIPアドレスを入力する必要があります。このIPアドレスは、サーバーの一覧で確認することができます。IPアドレスとは、ピリオドで区切られた英数字列のことです。このIPアドレスをドラッグしてクリップボードにコピーしましょう。
  5. 5
    サーバーの対応バージョンを確認する 以前のバージョンで稼働しているサーバーが多いので、サーバーツールのバージョン更新には時間がかかります。サーバーがどのバージョンに対応しているのかメモしておきましょう。
  6. 6
    Minecraftのランチャーを起動して、正しいバージョンに設定する ゲームを開始する前にランチャーをロードして、右下に表示されるバージョンをメモしておきましょう。サーバーの対応バージョンと異なる場合は、正しいバージョンをロードできるようにプロファイルを編集する必要があります。
    • 左下のEdit Profileをクリックします。
    • 「Use version」のドロップダウンメニューをクリックして、サーバーと一致するバージョンを選択します。それから、Save Profileをクリックして、変更を保存しましょう。
    • サーバー専用の新しいプロファイルを作成するという方法もあります。バージョンの異なる複数のサーバーに接続していた場合は、それぞれ個別にプロファイルを作成したほうがよいかもしれません。これで、かなり接続しやすくなります。
  7. 7
    [Minecraft]を起動して、[マルチプレイ]をクリックする マルチプレイのメニュー画面が開きます。
  8. 8
    [サーバーを追加]をクリックする サーバー情報の編集画面が開きます。
  9. 9
    「サーバーアドレス」の入力欄にアドレスを貼り付ける 「サーバー名」の入力欄にサーバー名を入力します。サーバー名はどのようなものでも構いませんが、実際のサーバー名を入力すれば、サーバーを識別しやすくなります。
    • [完了]をクリックして、サーバー情報を保存します。すると、新しく追加されたサーバーが、ゲームの一覧に表示されます。
    • サーバーが表示されない場合は、サーバーアドレスが正しく入力されているか確認しましょう。
  10. 10
    サーバーを選択して、[サーバーに接続]をクリックする サーバーに接続して、ワールドをロードします。サーバーが別のバージョンで動作しているという旨のメッセージが表示された場合は、プロファイルのメニュー画面からバージョンが正しく選択されているか確認しましょう。
  11. 11
    選択したサーバーでゲームを開始する ほとんどのサーバーは、初期スポーン地点にスポーンするように設定されています。初期スポーン地点では、サーバーの利用規約や利用方法だけでなく、他のプレイヤーを招待する方法も確認できることがあります。
    • 公開サーバーを利用する時は、他のプレイヤーの作品を破壊しないようにしましょう。「嫌がらせ」とみなされるだけでなく、難易度が「ピースフル」に設定されているサーバーからアクセス禁止を食らう可能性もあります。
    • サーバーの利用規約を遵守しましょう。『Minecraft』は、みんながひとつのガイドラインを守って、はじめて一緒に楽しむことができるようになっています。サーバーによって利用規約は異なるので、初期スポーン地点で表示される情報や専用のウェブサイトを必ず確認するようにしましょう。
  12. 12
    [T]を押して、他のプレイヤーとチャットをする チャット画面が開いて、メッセージが入力できるようになります。公開サーバーを利用している場合は、知らない人とチャットをすることになるので、個人情報を漏洩しないようにしましょう。[1]
    広告

方法 2 の 5:
マルチプレイサーバーに入る(PE版)

  1. 1
    使用中の端末でウェブブラウザを開く Minecraft PEサーバーに接続して、Mincraft PEを他の人とプレイすることもできます。Minecraft PEサーバーに接続するには、ウェブブラウザアプリを利用しなければなりません。Minecraft PEサーバーは、ありとあらゆるワールドやゲームモードが選択可能で、他のバージョンでは実現できないことも実現できます。人気サーバーを多数掲載しているウェブサイトには、以下のものがあります(いずれも英語)。
    • Minecraftpocket-servers.com
    • MCPEstats.com
    • MCPEhub.com > servers
    • MCPEuniverse.com > pocketmine
  2. 2
    サーバーの性能を比較する サーバー専門のまとめサイトには、多くの場合、プレイ可能なゲームモードや同時接続ユーザー数、サーバーの場所など、各サーバーに関する詳しい情報が掲載されています。こうした情報を使用して、必要に応じたサーバーを見つけましょう。
    • サーバーに対応しているバージョンをメモしておきましょう。Minecraft Pocket Editionでは、別のバージョンに変更ができないので、インストールしたバージョンに対応したサーバーにしか接続できません。サーバーの多くは、公開後24時間以内にバージョンの更新が行われます。
  3. 3
    サーバーアドレスとポート番号をメモする サーバーアドレスとは、ピリオドで区切られた英数字列のことです。また、サーバーアドレスとポート番号は、コロン(:)で区切られています。
  4. 4
    Minecraft PEのアプリを開いて、[プレイする]をタップする サーバーリストが表示されます。
  5. 5
    [編集]をタップする 画面の右上隅にあります。
  6. 6
    「外部」、「サーバーの追加」の順にタップする サーバーの情報を入力できるようになります。
  7. 7
    サーバーの情報を各欄に入力する 以下の情報を各欄に入力してから、[サーバーを追加]をタップして、サーバーリストに追加する必要があります。
    • 名前:どのような名前を入力してもかまいません。後で識別しやすいような名前を入力しましょう。
    • IP/アドレス:IPアドレスを入力します。
    • ポート:ポート番号を入力します。ポート番号とは、サーバーアドレスにおいて:の後に表示されている番号のことです。
  8. 8
    新規追加したサーバーをタップして接続する サーバーへの接続が試行されます。サーバーへの接続が完了すると、サーバーに設定されている初期スポーン地点にスポーンします。
    • サーバーに接続できない場合は、別の要因が問題を引き起こしている可能性があります。まず、サーバーが混雑していると接続ができないので、通知メッセージも受信できません。サーバーがオフラインの場合も接続は不可能です。また、同じ名前のプレイヤーがすでに接続している場合も接続はできません。
    • ゲーム内の名前は、メインメニューの[設定]メニューから変更できます。
  9. 9
    サーバーに登録する(任意) サーバーによっては、プレイ開始前や報酬獲得前にメールアドレスの登録を求められる場合があります。プロンプトに沿って、サーバーにメールアドレスを登録しましょう。また、登録したメールアドレスに認証メッセージが送信されるので、こちらからメッセージ認証を行う必要があります。
    広告

方法 3 の 5:
ローカル(LAN)でプレイする

  1. 1
    コンピューターが同じローカルネットワークにすべて接続されていることを確認する Minecraftでは、全員が同じローカルネットワークに接続していれば、マルチプレイを簡単に始めることができます。
    • 自宅では、おそらく各コンピューターを1つのネットワークに接続しているでしょう。また、学校現場や職場環境となると、もう少し複雑になっているかもしれません。
    • VPN(仮想プライベートネットワーク)を使用すれば、遠く離れたコンピューターを1つのネットワークでつなぎ合わせることができます。これならば、サーバーをわざわざ構築しなくても、さまざまな場所にいるプレイヤーと一緒にプレイすることができます。
  2. 2
    プレイヤー全員が同じバージョンでプレイしていることを確認する ゲームに接続するには、プレイヤー全員が同じバージョンの『Minecraft』をプレイしている必要があります。どのコンピューターでゲームを開始するかが決まったら、コンピューターのプロファイルエディタを使用して、バージョンが一致するように設定します。
    • Minecraftのランチャーを起動して、Edit Profileをクリックします。
    • 「Use version」のドロップダウンメニューから正しいバージョンを選択します。
  3. 3
    1台目のコンピューターで[Minecraft]を起動する 1台目のコンピューターは「ホスト」と呼ばれ、まず間違いなく、最も高性能なコンピューターでなければなりません。ホストコンピューターを使用して、シングルプレイモードでワールドを1つロードします。
  4. 4
    「Esc(エスケイプ)」キーを押して、「一時停止」メニューを開く ワールドのロードが完了すれば、「一時停止」メニューからローカルネットワーク上の任意のプレイヤーを招待できるようになります。
  5. 5
    LANに公開をクリックする ネットワークの設定が開始して、新しいメニュー画面が表示されます。
  6. 6
    マルチプレイの設定を変更する 「サバイバルモード」「アドベンチャーモード」「クリエイティブモード」のいずれか1つが選択可能で、チートコードの有効・無効を切り替えることもできます。各ボタンをクリックして、設定を切り替えましょう。
  7. 7
    LANワールドの開始をクリックして、マルチプレイセッションを開始する ネットワーク上の他のコンピューターが、自分のワールドに接続できるようになります。
  8. 8
    2台目のコンピューターで[Minecraft]を起動する コンピューターがネットワークに接続されていて、ホストコンピューターと同じバージョンの『Minecraft』を実行しているかどうか確認しましょう。
  9. 9
    Minecraftのメインメニューでマルチプレイをクリックする ネットワークをスキャンして、接続可能なゲームがないか検索します。ホストコンピューターのゲームは検索結果の一覧に表示されるはずです。
    • ゲームが一覧に表示されない場合は、ダイレクト接続をクリックして、ホストコンピューターのローカルIPアドレスを入力しましょう。ホストIPアドレスの確認方法については、こちらをクリックしてください
  10. 10
    サーバーを選択して、サーバーに接続をクリックする ゲーム名の上にLAN ワールドという表示があるはずです。こちらを選択して接続すると、ワールドがロードされて、プレイを開始できるようになります。[2]
  11. 11
    ホスト側で各プレイヤーをテレポートさせる ホストプレイヤーが探索をすでに開始していると、参加プレイヤーが離れた地点にスポーンしてしまうことがあります。ホストプレイヤーは、みんなで一緒にプレイできるように、各プレイヤーをテレポートさせましょう。
    • ホストコンピューターで[T]を押してチャットウィンドウを開き、/tp PlayerName HostNameと入力してEnterキーを押します。これで、PlayerNameという名前のプレイヤーがホストの座標にテレポートします。上記の手順で各プレイヤーをテレポートさせましょう。
    • 各プレイヤーは、テレポート先のベッドで一度寝るようにしましょう。これで、死亡しても必ずそのベッドにスポーンできるようになります。
    広告

方法 4 の 5:
フレンド専用サーバーを構築する

  1. 1
    『Minecraft』のサーバーファイルをサーバーコンピューター(親機)にダウンロードする 『Minecraft』のサーバーを構築すれば、友だちといつでも遊べる環境が手に入ります。サーバーはフレンドに限定されますが、Modのインストールも可能です。これには、インターネットに常時接続可能なコンピューターが必要になります。
    • 『Minecraft』のサーバーファイルは無料で、minecraft.net/downloadからダウンロードできます。minecraft_server.X.X.X.exeをダウンロードしましょう。
    • この項目では、Windowsサーバーのクイックセットアップについて説明します。LinuxやOS Xでサーバーを構築する場合、またはWindowsサーバーを手動で構築する場合は、こちらをクリックしてください
  2. 2
    サーバー用のフォルダーを作成する すべてのファイルを実行フォルダーにインストールします。デスクトップまたはアクセスしやすい別の保存場所にフォルダーを作成して、「Minecraft Server」などの名前を付けましょう。それから、このフォルダーにminecraft_server.X.X.X.exeをコピーします。
  3. 3
    サーバープログラムを実行する フォルダー内にファイルがいくつか作成されると、プログラムが自動的に閉じるはずです。
  4. 4
    .eula.txtを開く 「Minecraft Server」のフォルダー内にあります。
  5. 5
    .eula=fasseeula=trueに変更する 変更を保存して、ファイルを閉じましょう。これで、『Minecraft』サーバーのプログラム利用規約に同意したことになります。
  6. 6
    サーバープログラムを再度実行する Windowsファイアウォールのウィンドウが表示されたら、アクセスを許可するをクリックしましょう。「Minecraft Server」のフォルダーに追加ファイルが作成されます。変更が完了したら、ひとまず「Minecraft Server」のフォルダーウィンドウを閉じておきましょう。
  7. 7
    .server.propertiesを右クリックして、[プログラムから開く]を選択する プログラム一覧の中からメモ帳を選択しましょう。サーバーの構成ファイルが開いて、変更を加えることができるようになります。
  8. 8
    .white-list=falseを見つける こちらをwhite-list=trueに変更しましょう。これで、ホワイトリストが有効になり、アクセス許可のあるユーザーの一覧を確認できるようになります。また、ホワイトリストに載っていない場合は、サーバーに接続することができなくなり、サーバーはフレンド限定になります。
    • ゲームの設定に他の変更を加えることもできますが、ひとまずはファイルを保存して閉じておきましょう。
  9. 9
    サーバーを実行して、ホワイトリストにプレイヤーを追加する フレンドのユーザー名を一覧にして、次のコマンドを使用し、ホワイトリストに1名ずつ追加しましょう:whitelist add playerName
  10. 10
    ポート25565を転送して、他の人が接続できるようにする 基本サーバーが正常に動作して、ホワイトリストにフレンドが追加されました。次は、サーバーに接続してゲームにアクセスできるように、ルーターを設定する必要があります。これにはポートの転送が必要です。
    • ルーターの設定ツールにログインします。通常は、192.168.1.1192.168.0.1、または192.168.2.1のいずれかのアドレスを入力すれば、ウェブブラウザからアクセスすることが可能です。入力するアドレスは、ルーターの型番によって異なる場合があります。
    • ルーター管理者のユーザー名とパスワードを入力する必要があります。デフォルトのログイン情報を変更したことがない場合は、ルーターのドキュメントを参照しましょう。
    • ルーター設定ページの「ポート転送」セクションを開きます。「ポート転送」セクションは、「詳細」セクションまたは「管理」セクションの中にある場合もあります。
    • サーバーコンピューター(親機)のローカルIPアドレスを使用して、ルールを新規作成します。TCPとUDPの両方にポート25565を転送しましょう。
    • ポート開放については、こちらをクリックしてください
  11. 11
    サーバーコンピューター(親機)でGoogleを開いて、.my ipと入力する コンピューターのグローバルアドレスが検索結果の上に表示されるので、コピーするかメモしておきます。また、このグローバルアドレスはサーバーに接続する時に必要になるので、フレンドに教えておきましょう。
    • 注:動的IPアドレスを使用している場合(ほとんどの人はそうですが)、IPアドレスは随時更新されます。その場合は、フレンドが再接続できるように新しいIPアドレスをフレンドにいちいち伝えなければなりません。なお、ダイナミックDNSを設定すれば、今後、新しいIPアドレスをフレンドにいちいち伝える必要がなくなります。このダイナミックDNSを設定するには、通常、「入力したドメイン名が一致した場合に当該ユーザーを現在有効なIPアドレスに自動的に転送する」というサービスで有料アカウントを作成する必要があります。
  12. 12
    自分のサーバーに接続する サーバーはオンライン状態で、ホワイトリストも有効化し、ポートの転送も完了しました。これで、フレンドは指定のIPアドレスでサーバーに接続できるようになりましたが、自分自身は、別のIPアドレスを使用しなければなりません。
    • 『Minecraft』の「マルチプレイ」メニューを開きます。ゲーム一覧には自分が作成したゲームも表示されるはずですが、もし表示されない場合は、[サーバーの追加]をクリックしましょう。また、サーバーと同じコンピューターでプレイしている場合は、127.0.0.1と入力しましょう。もし、同じネットワーク上にある別のコンピューターを使用している場合は、サーバーのローカルIPアドレス(ポートの転送に使用したものと同じもの)を入力しましょう。その他、別のネットワーク上にあるコンピューターを使用している場合は、サーバーのグローバルアドレスを入力しましょう。
    広告

方法 5 の 5:
画面分割プレイをする(Xbox/PlayStation)

  1. 1
    HDTVでプレイしているか確認する 画面分割機能を使用するには、720p以上の解像度でプレイしていなければなりません。また、これにはHDTVやHDMI、またはコンポーネントケーブルが必要になります。
  2. 2
    ワールドを新規作成するか、作成済みのワールドをロードする 作成済みのワールドでも画面分割プレイが可能です。[オンラインゲーム]のチェックは外しておきましょう。
  3. 3
    2台目のコントローラーで[スタート]ボタンを押す [サインイン]ウィンドウが開きます。
  4. 4
    プレイヤー2用のプロファイルを選択する プレイヤー2のプロファイルがない場合は、ゲームの開始前にプロファイルを作成する必要があります。
  5. 5
    上記の手順でプレイヤーを追加する 最大4人まで同じ画面を共有することができます。[3]
    広告

ポイント

  • 他のプレイヤーが好意的でない場合は、嫌がらせを止めるように訴えるか、別のサーバーに移行してもよいでしょう。公開サーバーでは、多くの場合、プレイを妨害したり嫌がらせをしたり、一般に荒らしを行う人をモデレーターが追跡してくれます。また、専用サーバーでは、幸いにもフレンドなどの信頼できる人だけが招待されているので、どんな問題でも一緒に解決していくことが可能です。
  • グリーファーには近づかないようにしましょう。グリーファーとは、他のプレイヤーが作った構造物を破壊することに快感を覚えるようなプレイヤーのことです。グリーファーはそのような嫌がらせをただ楽しんでいるに過ぎません。サーバーがグリーファーだらけだった場合は、そこから退出したほうがよいでしょう。
  • それでも、例えば実は嫌がらせが好きな場合など、荒らし自体が好きな人は、PvPレイドサーバーでプレイしましょう。思う存分荒らしても大丈夫ですが、ただ、他のプレイヤーによる報復は覚悟しておきましょう!
  • サーバーの中には、Modを入れていないシングルプレイでは通常実現できないエンターテイメント性を追加できるプラグインが含まれているものがあります。グリーフィング(嫌がらせ)防止プラグインについては、以下の「注意事項」を参照してください。
  • クライアントで使用するModの中には、マルチプレイサーバーでも動作するものがあります。ただし、それが動作するか確認するためには、実際にマルチプレイモードで試してみる必要があります。
  • 一部のサーバーでは、テーマ別に名前が付けられていることがあります。「PvP = Player vs Player(対人戦)」や「Free Building(自由建築)」、「Roleplay(ロールプレイ、なりきり)、「Endless(無限)」など、サーバーの選択は千差万別です!

広告

注意事項

  • 公開マルチプレイサーバーにアクセスする時は自己責任になります。利用規約をよく読んだ上で、モデレーターや管理者の連絡先をしっかりと把握し、アクセスする前には必ずそのサーバーの評価を確認するようにしましょう。
  • 知らないプレイヤーとオンラインでプレイしていると、性格の悪い人や高圧的な態度を取る人に遭遇する可能性があります。そうなった場合は、あまり気にしないようにしましょう。また、モデレーターに連絡して協力を求めることも可能なので、その間は、問題が解決するまで近づかないようにしましょう。『Minecraft』では残念ながら、このような行為がかなり横行しています。しかし、プレイ中のグリーフィング(嫌がらせ)やスパムを防止するために開発されたプラグインもたくさんあり、動作中は、このようなプラグインが必須になります。プラグインの使用については、サーバーの利用規約をよく読んでおきましょう。
  • Modの中にはTMIやX-Rayなど、マルチプレイサーバーで使用できないものがあります。この理由としては、そのようなModの使用で、アイテムの不正入手や素材の不当要求が可能になってしまうからです。禁止Modの使用が判明した場合は退出処分、または、もしかするとアクセス禁止処分を受けることがあります。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む57人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: Minecraft
このページは 467 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告