ようやくNetflixで、「最近観た作品」の一覧に表示される映画やテレビ作品を削除する機能が導入されました。知られたくない履歴を消してしまえば、誰にも見られることはありません。さらに、「プロフィール」機能を使えば、同じアカウントを共有している別の利用者と「最近観た作品」を振り分けることが可能です。

しかし残念ながら、モバイル版のNetflixアプリでは最近観た映画やテレビ作品の履歴を削除することはできません。「最近観た作品」を編集するためには、パソコンのブラウザを使用してNetflixにログインする必要があります。

方法 1 の 2:
最近観た映画やテレビ作品を履歴から削除する

  1. 1
    Netflixのウェブサイトにログインする パソコンかまたはタブレットを使い、Netflixアプリではなくインターネットブラウザを開いてhttps://www.netflix.comにログインします。Netflixのカスタマーサービスによると、モバイル版のアプリではここで紹介するオプションにアクセスできないことになっています。ただし、モバイル端末のインターネットブラウザを使用する場合は、アクセス可能です。
    • モバイル端末にブラウザがインストールされていなければ、パソコンを使ってログインします。ある一つのデバイスでNetflixに加えられた変更は、24時間以内にその他のすべてのデバイスに反映されます。
  2. 2
    自分のプロフィールを選択する ログイン後に利用者のプロフィールの一覧が表示されたら、自分のプロフィールを選択します。それぞれのプロフィールでは個別の「マイアクティビティ」ページが保持されます。
    • プロフィールの一覧が表示されない場合は、画面の右上に表示される四角いアイコン(通常顔のマーク)と名前を確認します。それが自分のプロフィールでなければ、そのアイコンをクリックして自分のプロフィールアイコンを選択します。
  3. 3
    「マイアクティビティ」ページを開く https://www.netflix.com/WiViewingActivityにアクセスして、「最近観た作品」を確認します。[1] このページへたどり着くもう一つの方法として、画面の右上にある四角いプロフィールアイコンをクリックして、ドロップダウンメニューからアカウント情報を選択します。そして、下にスクロールして「マイプロフィール」の中にある視聴履歴の表示をクリックします。
    • パソコン以外のデバイスでNetflixを使用しているときに、「最近観た作品」のページに何も表示されない場合は、一度そのデバイスをシャットダウンして再起動してみましょう。[2]
  4. 4
    作品のタイトルの右にある「X」マークをクリックする 「最近観た作品」の履歴から特定の作品を消去できます。利用しているすべてのデバイスに反映されるまで最大24時間かかりますが、大抵は24時間もかからずにすべてのデバイス上から削除されます。
  5. 5
    TVシリーズの作品を履歴から削除する シリーズのいずれかの話の横に表示されている「X」マークをクリックします。すると、シリーズすべての履歴を削除のリンクを含むメッセージが表示されるはずです。このボタンをクリックすれば、シリーズのすべてが24時間以内に履歴から削除されます。
    • ここで言う「シリーズ」とは、数年にわたり放送されるテレビ作品の連続する各々の話を意味します。
    広告

方法 2 の 2:
プロフィールを使用して利用者の設定を管理する

  1. 1
    いずれかのデバイスを使ってプロフィールページにアクセスする パソコン、PS3、PS4、またはWindows 8のNetflixアプリのいずれかを使用します。[3] Netflixにログインし、画面の右上にあるプロフィールアイコンと名前の上にマウスをかざします。プロフィールの管理をクリックすると、以下で説明するような設定画面が開きます。一つのデバイスを使って変更を加えた場合、その他のすべてのデバイスに反映されます。ただし、変更を反映するために、それぞれのデバイスで再起動が必要となる場合があります。
  2. 2
    プロフィール毎に視聴履歴を振り分ける プロフィールの追加をクリックして名前を入力し、家族のメンバーそれぞれに別のプロフィールを作成します(最大5つまで作成可能)。以降、Netflixにログインするたびにプロフィールを選択する画面が表示されます。そして、作品の評価や視聴履歴が各々のプロフィール毎に保持されます。
    • プロフィールはパスワードで保護されていないため、別のプロフィールに簡単に切り替えることができます。よってこの方法は、「最近観た作品」の一覧を利用して自分が視聴した作品を整理するためには良い方法ですが、家族に見られるような環境にあるならば、確実に情報を隠せる方法ではありません。
  3. 3
    仮のプロフィールを作成して「最近観た作品」が追加されるのを防ぐ 視聴したことを秘密にしたい作品を見る前に、プロフィールの追加か、またはその横にある大きなプラスマークをクリックして、新しいプロフィールを作成します。作品を見終えたら、プロフィール管理のページにアクセスして仮のプロフィールの名前の横にある編集をクリックし、プロフィールの削除をクリックします。削除の確認を求めるポップアップメッセージが表示されたら、もう一度プロフィールの削除をクリックします。
    • 有効なプロフィールは最大5つまでしか作成できないため注意しましょう。
  4. 4
    新しいプロフィールに移行してNetflixの履歴をすべて消去する この手法では、作品の評価および「マイリスト」のすべてが削除されるため、実行する前にすべてを消してしまって良いかを確認しましょう。プロフィールの追加をクリックして新しいプロフィールを作成し、それまで自分が使っていたプロフィールを削除します。
  5. 5
    小さい子供や中高生向けのプロフィールを作成する いずれかのプロフィール、もしくは子供用に作成したプロフィールの横にある編集をクリックします。始めの状態では、視聴可能なコンテンツを示すドロップダウンリストで、成人向けを含むすべてのコンテンツが選択されています。「未就学児~中高生対象」、「未就学児~小学生対象」、「未就学児対象のみ」の中から適切なものを選択し、保存をクリックして設定を保存します。これで、そのプロフィールの利用者は、年齢に合った映画やテレビ作品のみ視聴可能となります。尚、映画やテレビ作品の年齢制限は、各国や地域で採用される年齢制限や、Netflix独自の基準に基づいて決定されます。[4]
    • プロフィールにパスワードを設定する方法はありません。よって、小さい子供が大人用のプロフィールにログインして成人向けの作品を視聴することが可能であるため、注意が必要です。
    • ドイツ国内でのみ、成人向け(18歳未満禁止)の映画やテレビ作品を視聴する前にパスワード入力を必須とする設定ができます。[5]
    広告

ポイント

  • 上記の方法が上手くいかない場合は、多数の作品を数秒ずつ視聴し、「最近観た作品」を入れ替えて消去することもできます。「最近観た作品」の一覧を完全に置き換えるためには、100件を超える作品を視聴しなければならない可能性があります。しかし、見られたくない履歴を一見並大抵に見せるためには、10~20件置き換えるだけで十分であるかもしれません。
  • Netflixで、「最近観た作品」の履歴に作品が追加されない「プライバシーモード」が試用されているようですが、現在では一部の選ばれたユーザーのみ使える機能となっています。[6] Netflixの新しい機能を一般公開される前に使いたければ、パソコンでNetflixにログインしてアカウント情報にアクセスし、モニター参加をクリックします。そして、次に表示されるボタンをクリックして「オン」にします。

広告

注意事項

  • プロフィールを削除すれば、該当のプロフィールにおける作品の評価や「マイリスト」に登録されている作品がすべて削除されます。
  • 設定したプロフィールはパスワードで保護されません。よって、小さい子供がプロフィールの切り替え方を簡単に覚えていたずらしたり、さらには見ることを許されていない作品を視聴してしまう可能性があります。
広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

2台のルーターを接続する

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

画像のURLを取得する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

YouTubeでチャンネル登録者を削除する

How to

Youtube チャンネルの動画を全てダウンロードする

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

Outlookで投票ボタンを使う
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 この記事は6,605回アクセスされました。
このページは 6,605 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告