PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、Windowsパソコンに「Notepad++」をインストールして使う方法を紹介します。「Notepad++」は、プログラミング言語に最適化されたテキストエディタで、C++、バッチ、HTMLなどの言語でのコーディングに最適です。

パート 1
パート 1 の 5:
Notepad++をインストールする

  1. 1
    「Notepad++」のホームページを 開く ブラウザからhttps://notepad-plus-plus.org/(英語のみ)にアクセスします。
  2. 2
    downloadをクリックする ページ左上のタブのことです。
  3. 3
    DOWNLOADをクリックする ページ中央の緑色のボタンのことで、クリックすると「Notepad++」のインストーラーのダウンロードが開始されます。
    • ブラウザの設定によっては、保存先を指定するか、ダウンロードの確認を行わないと先に進めないかもしれません。
  4. 4
    セットアップファイルをダブルクリックする アオガエルのようなアイコンのことです。
  5. 5
    ダイアログボックスが表示されたら、はいをクリックする インストールウィンドウが表示されます。
  6. 6
    言語を選択する 言語ドロップダウンボックスをクリックし、任意の言語をクリックします。
  7. 7
    OKをクリックする 言語ウィンドウの一番下にあります。
  8. 8
    画面の指示に従う 以下の操作を行います。
    • 次へをクリックします。
    • 同意するをクリックします。
    • 次へをクリックします。
    • 次へをクリックします。
    • 詳細オプションにチェックを入れて、インストールをクリックします。
  9. 9
    完了をクリックする 「Notepad++を実行」というオプションにチェックを入れたままにしておくと、インストールウィンドウが閉じると同時に「Notepad++」が起動します。
    広告

パート 2
パート 2 の 5:
Notepad++の設定を行う

  1. 1
    「Notepad++」を起動していない場合は起動する 「Notepad++」アプリ(白い用紙にアオガエルが描かれているようなアイコン)をダブルクリックします。
  2. 2
    「Notepad++」に表示されている文字列を削除する 通常は開発者コメントが表示されるので、選択して削除します。
  3. 3
    設定をクリックする 「Notepad++」ウィンドウの一番上にあるタブのことで、クリックするとドロップダウンメニューが表示されます。
  4. 4
    環境設定...をクリックする 「設定」ドロップダウンメニューにあるオプションのことで、クリックすると「環境設定」ウィンドウが表示されます。
  5. 5
    「Notepad++」の設定を確認する ウィンドウの中央にある設定を確認したり、「環境設定」ウィンドウの左側にあるタブをクリックして、表示されている設定のカテゴリを変更したりします。
    • これらの設定は好きなように変更することができますが、わからないものは変更しないように注意しましょう。
  6. 6
    閉じるをクリックする 「環境設定」ウィンドウの一番下にあるボタンのことで、クリックすると変更内容が保存されて、ウィンドウが閉じます。
  7. 7
    メニューボタンを確認する 「Notepad++」ウィンドウの上部には色付きのボタンが並んでおり、各ボタンにマウスを合わせると、各ボタンの機能の説明が表示されます。
    • 例えば、ウィンドウの左上にある紫色のフロッピーディスクの形をしたアイコンをクリックすると、プロジェクトの進行状況が保存されます。
  8. 8
    言語を決める この記事では、C++バッチHTMLのコーディング例を取り上げていますが、「Notepad++」ではほぼすべての言語を使うことができます。言語が決まったら、実際に「Notepad++」を使ってプログラムを作成していきましょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 5:
簡単なC++プログラムを作成する

  1. 1
    言語タブをクリックする ウィンドウの一番上にあるタブのことで、クリックするとドロップダウンメニューが表示されます。
  2. 2
    Cを選択する 「言語」ドロップダウンメニューにあるオプションのことで、クリックするとポップアップメニューが表示されます。
  3. 3
    C++をクリックする ポップアップメニューにあるオプションのことです。C++に初めて触れるときは、実行すると「Hello, World!(こんにちは、世界!)」という文字が表示されるプログラムを作成するプログラマがほとんどなので、今回もそのようにします。[1]
  4. 4
    プログラムにタイトルを付ける //の後にプログラムのタイトル(「はじめてのプログラム」など)を入力して、 Enterを押します。
    • 2つのスラッシュの後に入力した文字列は、コードとして読み込まれません。
    • 例えば、プログラムに「やあ地球」というタイトルを付けるには、「Notepad++」に//やあ地球と入力します。
  5. 5
    プリプロセッサコマンドを入力する 「Notepad++」に#include <iostream>と入力して、 Enterを押します。これは、次のコード行をプログラムとして実行するようにC++に指示するコマンドです。
  6. 6
    プログラムの関数を宣言する 「Notepad++」にint main ()と入力して、 Enterを押します。
  7. 7
    開き括弧を入力する 「Notepad++」に{と入力して、 Enterを押します。プログラムのメインコードは、この開き括弧と閉じ括弧の間に入力します。
  8. 8
    プログラムの実行コードを入力する 「Notepad++」にstd::cout << "こんにちは世界!";と入力して、 Enterを押します。
  9. 9
    閉じ括弧を入力する 「Notepad++」に}と入力します。これでプログラムの実行は終了です。
  10. 10
    コードを確認する 以下のようになるはずです。
    • //やあ地球
    • #include <iostream>
    • int main ()
    • {
    • std::cout << "こんにちは世界!";
    • }
  11. 11
    プログラムを保存する 「ファイル」をクリックし、ドロップダウンメニューから名前を付けて保存...を選択したら、プログラム名を入力して保存先を指定し、保存をクリックします。
    • C++を実行できるソフトがパソコンにインストールされている場合は、そのソフトで「こんにちは世界」のプログラムを開くことができるはずです。
    広告

パート 4
パート 4 の 5:
簡単なバッチプログラムを作成する

  1. 1
    言語タブをクリックする ウィンドウの一番上にあるタブのことで、クリックするとドロップダウンメニューが表示されます。
  2. 2
    Bを選択する 「言語」ドロップダウンメニューにあるオプションのことで、クリックするとポップアップメニューが表示されます。
  3. 3
    Batchをクリックする ポップアップメニューにあるオプションのことです。バッチは「コマンドプロンプト」で使うコマンドを改良したものなので、バッチファイルはすべて「コマンドプロンプト」で開きます。
  4. 4
    「echo」コマンドを入力する 「Notepad++」に@echo offと入力して、 Enterを押します。
  5. 5
    プログラムにタイトルを付ける 「Notepad++」にタイトル文字列と入力して、 Enterを押します。「タイトル文字列」という部分は任意のタイトルに置き換えましょう。
    • プログラムを実行すると、タイトル文字列が「コマンドプロンプト」ウィンドウの一番上に表示されます。
  6. 6
    表示文字列を入力する 「Notepad++」にecho文字列と入力して、 Enterを押します。「echo文字列」という部分は「コマンドプロンプト」に表示させたいものに置き換えましょう。
    • 例えば、「コマンドプロンプト」に「人間は優れている!」と表示させる場合は、「Notepad++」にecho 人間は優れている!と入力します。
  7. 7
    プログラムを停止する 「Notepad++」にpause入力して、プログラムの終了を示します。
  8. 8
    コードを確認する 以下のようになるはずです。
    • @echo off
    • タイトル コマンドプロンプトを改良したもの
    • echo 人間は優れている!
    • pause
  9. 9
    プログラムを保存する 「ファイル」をクリックし、ドロップダウンメニューから名前を付けて保存...を選択したら、プログラム名を入力して保存先を指定し、保存をクリックします。
    • プログラムを実行する場合は、そのプログラムを保存場所から探してダブルクリックするだけで、実行することができます。
    広告

パート 5
パート 5 の 5:
簡単なHTMLプログラムを作成する

  1. 1
    言語タブをクリックする ウィンドウの一番上にあるタブのことで、クリックするとドロップダウンメニューが表示されます。
  2. 2
    Hを選択する 「言語」ドロップダウンメニューにあるオプションのことで、クリックするとポップアップメニューが表示されます。
  3. 3
    HTMLをクリックする ポップアウトメニューにあるオプションのことです。一般的に、HTMLはウェブページに使われるものなので、今回は基本的なウェブページの大見出しと小見出しを作成していきます。[2]
  4. 4
    文書のヘッダーを入力する 「Notepad++」に<!DOCTYPE html>と入力して、 Enterを押します。
  5. 5
    「html」タグを入力する 「Notepad++」に<html>と入力して、 Enterを押します。
  6. 6
    「body」タグを入力する 「Notepad++」に<body>と入力して、 Enterを押します。これは、文字列などの本文情報部を入力することを示すものです。
  7. 7
    ページの見出しを入力する 「Notepad++」に<h1>文字列</h1>と入力して、 Enterを押します。「文字列」という部分は任意のページ見出しに置き換えましょう。
    • 例えば、見出しを「私の沼へようこそ」にするには、「Notepad++」に<h1>Welcome to my Swamp</h1>と入力します。
  8. 8
    見出しの下に文字列を挿入する 「Notepad++」に<p>文字列</p>と入力して、 Enterを押します。「文字列」という部分は任意の文字列(「どうぞごゆっくり!」など)に置き換えましょう。
  9. 9
    「html」タグと「body」タグを閉じる 「Notepad++」に</body>と入力して Enterを押し、</html>と入力します
  10. 10
    コードを確認する 以下のようになるはずです。
    • <!DOCTYPE html>
    • <html>
    • <body>
    • <h1>私の沼へようこそ</h1>
    • <p>どうぞごゆっくり!</p>
    • </body>
    • </html>
  11. 11
    プログラムを保存する 「ファイル」をクリックし、ドロップダウンメニューから名前を付けて保存...を選択したら、プログラム名を入力して保存先を指定し、保存をクリックします。
    • 保存する前に言語を選択しておけば、「Notepad++」で正しいファイル形式が選択されます。
    • HTMLファイルは、どのブラウザでも開くことができるはずです。
    広告

ポイント

  • 「Notepad++」では各種コンテンツがタブに格納されているので、もしクラッシュしても、おそらく「Notepad++」を再度開けば引き続き作業することができます。
広告

注意事項

  • 間違ったプログラミング言語を選択すると、プログラムを実行しようとしたときにエラーが発生します。
  • 他人に見せる前に必ずプログラムのテストを実行しましょう。これで問題点を修正したり、必要な調整を行ったりすることができます。
広告

関連記事

画像をJPEGに変換する画像をJPEGに変換する
Dellパソコンでスクリーンショットを撮るDellパソコンでスクリーンショットを撮る
Spotifyの再生時間を確認するSpotifyの再生時間を確認する
Cheat Engineを使用するCheat Engineを使用する
ペイントで背景を透明にするペイントで背景を透明にする
7 Zipでファイルを高圧縮する7 Zipでファイルを高圧縮する
DWGファイルを開くDWGファイルを開く
Adobe Illustratorでハイパーリンクを挿入するAdobe Illustratorでハイパーリンクを挿入する
画像ファイル(JPEG)のサイズ変更画像ファイル(JPEG)のサイズ変更
WinZipを使わずにZIPファイルを開くWinZipを使わずにZIPファイルを開く
Excel でアルファベットの小文字を大文字に一括変換する
OutlookからログアウトするOutlookからログアウトする
UbuntuソフトウェアをアンインストールするUbuntuソフトウェアをアンインストールする
GZファイルを解凍するGZファイルを解凍する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,712回アクセスされました。
カテゴリ: ソフトウェア
このページは 1,712 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告