Outlookのメールで、送信したメールを一定時間内であれば「取り消し」ができる機能を有効する方法と、その使用の仕方を紹介します。ただし、この「取り消し」機能はモバイル用アプリでは使用できません。

パート 1 の 2:
送信したメールの「取り消し」機能を有効にする

  1. 1
    Outlookのウェブサイトを開きます。すでにログイン済みであれば自分の受信トレイが表示されます。
    • ログインをしていなければ、サインインを選択し、自分のメールアドレス(または電話番号)とパスワードを入力してサインインをクリックします。
  2. 2
    ⚙️をクリックします。Outlookのページ右上にあります。
  3. 3
    オプションをクリックします。「歯車」型の設定アイコン下に出るドロップダウンメニューの下の方にあります。
  4. 4
    送信の取り消しをクリックします。Outlookウィンドウの左上の方にあります。「メール」タブのサブホルダーである「自動処理」の下にあります。
  5. 5
    「送信したメッセージの取り消しを次の時間だけ許可:」の丸を選んでクリックします。画面の上部中央の 「送信の取り消し」の下にあります。
  6. 6
    制限時間のボックスをクリックします。デフォルトでは「10秒間」ですが、自分で次のうち1つを選ぶことができます。
    • 5秒
    • 10秒
    • 15秒
    • 30秒
  7. 7
    制限時間を1つ選びクリックします。メールの「送信」をクリックした後に取り消しが可能な制限時間を設定します。
  8. 8
    保存をクリックします。画面上部にあります。これにより、今後送信するどのメールにも「送信の取り消し」機能が有効になります。
    広告

パート 2 の 2:
メールの送信を取り消す

  1. 1
    ← オプションをクリックします。オプションメニューの上の画面左上にあります。これをクリックすると自分の受信トレイが表示されます。
  2. 2
    新しいメールをクリックします。Outlook画面上部の「受信トレイ」の上にあります。これで、画面の右側に新しいメールのテンプレートが開かれます。
  3. 3
    メールに必要な情報を入力します。後に送信を取り消すのでこの段階で入力する内容はさほど重要ではありませんが、次の情報は適切な箇所に入力する必要があります。
    • 宛先
    • 件名
    • メッセージ本文
  4. 4
    送信をクリックします。メール画面の右下にあります。これで受取人にメールが送信されます。
  5. 5
    送信取り消しをクリックします。受信トレイの右上にこのポップアップオプションが表示されます。そのオプションをクリックするとメールの送信が休止され、そのメールが新しいウィンドウに表示されます。再度メールを編集するか、メール画面下部の削除をクリックして破棄することも可能です。
    広告

注意事項

  • 「送信取り消し」の制限時間を過ぎた後は、メール送信を取り消すことができません。
広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

画像のURLを取得する

How to

2台のルーターを接続する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

Outlookで投票ボタンを使う

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

閲覧履歴を確認する

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は4,272回アクセスされました。
カテゴリ: インターネット
このページは 4,272 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告