このwikiHowでは、PCまたはMacでMicrosoft Officeを有効化する方法を紹介します。Office365のサブスクリプション型を使用している場合はOfficeの有効化は必要なく、Mcrosoftアカウントを使ってサインインをすればよいだけです。買い切り型のOfficeを購入した場合は、パッケージに同梱されている25桁のプロダクトキーが必要になります。このプロダクトキーを使って、Officeアプリで、あるいはOfficeのウェブサイトを使用してOfficeを有効化することができます。

方法 1 の 3:
Microsoftアカウントを使う

  1. 1
    スタート
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    タスクバーの左下にあるWindowsマークがスタートボタンです。
  2. 2
    Office製品をクリックする WordやExcelなどの製品をクリックし、プログラムを起動させましょう。
  3. 3
    ライセンス認証をクリックする 鍵のアイコンの下にあります。
  4. 4
    サインインをクリックする 「ライセンス認証」のオプション項目にあります。
  5. 5
    Microsoftアカウントでサインインする Microsoftアカウントに関連付けたメールアドレスとパスワードを入力します。
  6. 6
    ダイアログに従い、次へをクリックする これで有効化が完了です。
    • サブスクリプションで許可されているインストール数を超過している場合は、他のパソコンのインストールを無効化する必要があるかもしれません。
    広告

方法 2 の 3:
Officeアプリでプロダクトキーを使う

  1. 1
    Office製品をクリックする WordやExcelなどの製品をクリックし、プログラムを起動させましょう。
    • プロダクトキーを持っていて、パソコンにMicrosoft Officeがインストールされていない場合は、Officeのウェブサイトを使う必要があります。
  2. 2
    ライセンス認証をクリックする 鍵のアイコンの下にあります。
  3. 3
    プロダクトキーを入力をクリックする 「ライセンス認証」のオプション項目にあります。
  4. 4
    プロダクトキーを入力して、続けるをクリックする 25桁のプロダクトキーを、ダッシュなしで入力しましょう。
  5. 5
    オンラインで引き換えをクリックする 「このキーをアカウントに追加する」のボックス内にあります。
  6. 6
    サインインまたは新しいアカウントの作成をクリックする Microsoftアカウントをすでに持っている場合は、アカウントに関連付けたメールアドレスとパスワードを使ってサインインします。アカウントを持っていない場合は、「新しいアカウントの作成」をクリックし、ダイアログに従ってアカウントを作成しましょう。
  7. 7
    ライセンス認証の完了をクリックする 有効化が完了し、プロダクトキーがMicrosoftアカウントに結び付けられます。
    広告

方法 3 の 3:
Officeのウェブサイトでプロダクトキーを使う

  1. 1
    ウェブブラウザで https://setup.office.com/ を開く このウェブサイトでMicrosoft Officeの有効化、ダウンロードが行えます。
  2. 2
    サインインをクリックする 手順①の赤いボタンです。
    • Microsoftのアカウントを持っていない場合は、「新しいアカウントの作成」をクリックします。アカウントの作成には、メールアドレスの入力とパスワードの作成が必要となります。また、姓名の入力も必要です。
  3. 3
    Microsoftへサインインし、次へをクリックする Microsoftアカウントに関連付けたメールアドレスとパスワードを使います。
  4. 4
    入力欄に25桁のプロダクトキーを入力する プロダクトキーは、Microsoft Officeに同梱されていたカードに記載されています。あるいは、領収証に記載されていることもあります。
  5. 5
    国または地域、言語を選択し、次へをクリックする プロダクトキーの入力欄の下にあるドロップダウンメニューを使い、該当する言語、国または地域を選択しましょう。完了したら「次へ」をクリックします。
  6. 6
    自動更新にチェックを入れ、次へをクリックする スイッチを使って、自動更新の有効、無効を切り換えましょう。デフォルトでは、自動更新が有効になっています。
  7. 7
    クレジットカード情報を入力し、次へをクリックする 自動更新を有効にしている場合、クレジットカード情報の入力が必要になります。有効期間が終了し、Microsoft Officeの更新が必要になった際に、自動的にクレジットカードに請求されます。
  8. 8
    次へをクリックする クリックするとMicrosoftアカウントのウェブページが開き、そこからMicrosoft Officeをダウンロードすることができます。
  9. 9
    インストールをクリックする インストール可能数を表示しているボックスの下にあります。クリックするとインストール情報を表示するページに移動します。
  10. 10
    インストールをクリックする インストール情報の反対側にあります。クリックすると、Microsoft Officeのセットアップファイルのダウンロードが開始されます。セットアップファイルを使用して、Officeをインストールしましょう。
    広告

関連記事

How to

EXEファイルをMacで開く

How to

スマートTVにアプリを追加する

How to

MacBookに画像を保存する

How to

MacでSafariをアップデートする

How to

Macで画面を拡大する

How to

Macで右クリックする

How to

iCloudミュージックライブラリをオフにする

How to

MacBook Proをリセットする

How to

Macターミナルからアプリケーションを起動する

How to

iPodに音楽を入れる

How to

Macでプログラムをアンインストールする

How to

Macでコマンドラインを起動する

How to

iCloudにサインインする

How to

Macを強制終了する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,314回アクセスされました。
カテゴリ: Mac/Appleシステム
このページは 1,314 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告