PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、Bluetoothヘッドセットやキーボード、マウス、スピーカー、スマートフォンなどのデバイスをWindowsパソコンにペアリングする方法を解説します。Windowsのどのバージョンでも手順はとても簡単ですが、パソコンがBluetoothに実際に対応しているかどうかを確認しなければなりません。パソコンがBluetoothに対応していない場合は、USB Bluetoothアダプタで補うこともできます。パソコンにBluetoothが搭載されているかどうかわからない場合は、こちらの記事を参照しましょう。

方法 1 の 3:
Windows 10

  1. 1
    Bluetoothデバイスの電源を入れる BluetoothヘッドセットやスピーカーなどのアクセサリをWindows 10のパソコンに接続したい場合は、まず電源を入れましょう。
    • パソコンがBluetoothに対応していない場合は、USB Bluetoothアダプタで補うこともできます。アダプタをパソコンに接続したら、画面の指示に従ってインストールしましょう。

    注:電波が最も弱いBluetooth(Bluetooth 1.0)で最大約10メートル離れたデバイスに接続可能です。[1] Bluetooth 2.0になると、その範囲は約30メートルに拡大します。Bluetooth 3.0の範囲も最大約30メートルですが、Bluetooth 4.0は最大約60メートル離れたデバイスにも接続可能です。さらに、お使いのデバイスがBluetooth 5の場合は、最大約240メートル離れたデバイスにも接続することができます。

  2. 2
    Bluetoothアクセサリを検出可能にする デバイスが「検出可能」になれば、そのデバイスをパソコン側で検出して接続できるようになります。通常は、デバイスの電源を入れると、デバイスがすぐに検出モードになります。ただし、ボタン(またはボタンの組み合わせ)を押さないとデバイスが検出可能にならない場合もあります。[2]
    • 通常は、検出可能になると、デバイスのどこかにあるLEDインジケーターが点滅します。
  3. 3
    「アクションセンター」アイコンをクリックする タスクバーの時計の右側にある四角い吹き出しアイコンのことです。
  4. 4
    「Bluetooth」アイコン
    Macbluetooth1.pngというタイトルの画像
    をクリックして有効にする 
    蝶ネクタイのようなアイコンのことです。Bluetoothを有効にするとタイルの色が変わり、「未接続」と表示されるか、デバイス名が表示されます。Bluetoothが「オフ」になると、タイルには「Bluetooth」と表示され、タイルの色は灰色になります。
    • Bluetoothデバイスとパソコンをすでにペアリングしている場合は、これで自動的に接続されるはずです。
  5. 5
    接続タイルをクリックする Bluetoothアイコンのすぐ下にあるはずです。パソコンモニターにスマートフォンまたはタブレットが重なったアイコンをさがしましょう。これにより、範囲内で利用可能なBluetoothデバイスのスキャンが行われます。
  6. 6
    Bluetoothデバイスをクリックする デバイスには識別しやすいようなわかりやすい名前が付けられているかもしれませんが、場合によっては、わかりにくい文字や数字の組み合わせになっていることもあります。Bluetoothデバイスの名前は、取扱説明書を確認すればわかります。これで、デバイスとパソコンのペアリングは完了です。
    • 場合によっては、デバイスに表示されるコードを入力する必要があります。画面に表示される指示に従って、ペアリングを行いましょう。
    • デバイスが表示されない場合は、電源を切ってからもう一度入れ直してみましょう。
    広告

方法 2 の 3:
Windows 8.1

  1. 1
    Bluetoothデバイスの電源を入れる BluetoothヘッドセットやスピーカーなどのアクセサリをWindows 10のパソコンに接続したい場合は、まず電源を入れましょう。
    • 電波が最も弱いBluetooth(Bluetooth 1.0)で最大約10メートル離れたデバイスに接続可能です。Bluetooth 2.0になると、その範囲は約30メートルに拡大します。Bluetooth 3.0の範囲も最大約30メートルですが、Bluetooth 4.0は最大約60メートル離れたデバイスにも接続可能です。さらに、お使いのデバイスがBluetooth 5の場合は、最大約240メートル離れたデバイスにも接続することができます。

    ポイント:パソコンがBluetoothに対応していない場合は、USB Bluetoothアダプタで補うこともできます。アダプタをパソコンに接続したら、画面の指示に従ってインストールしましょう。

  2. 2
    Bluetoothアクセサリを検出可能にする デバイスが「検出可能」になれば、そのデバイスをパソコン側で検出して接続できるようになります。通常は、デバイスの電源を入れると、デバイスがすぐに検出モードになります。ただし、ボタン(またはボタンの組み合わせ)を押さないとデバイスが検出可能にならない場合もあります。
    • 通常は、検出可能になると、デバイスのどこかにあるLEDインジケーターが点滅します。
  3. 3
    「スタート」ボタン
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    をクリックする 
    通常は、ホーム画面の左上または左下にあります。[3]
  4. 4
    検索バーにBluetoothと入力する
  5. 5
    検索結果からBluetooth設定を選択する
  6. 6
    「Bluetooth」のスライダーを「オン」(青色)にする このスイッチが青色になっているときは、パソコンが検出可能で、他のBluetoothデバイスに接続できるような状態です。これにより、検出可能なBluetoothデバイスのスキャンが行われ、デバイスの一覧に表示されます。
  7. 7
    Bluetoothデバイスをクリックする デバイスには識別しやすいようなわかりやすい名前が付けられているかもしれませんが、場合によっては、わかりにくい文字や数字の組み合わせになっていることもあります。Bluetoothデバイスの名前は、取扱説明書を確認すればわかります。
  8. 8
    ペアリングをクリックする Bluetoothデバイスとパソコンのペアリングが行われます。
    • 場合によっては、デバイスに表示されるコードを入力する必要があります。画面に表示される指示に従って、ペアリングを行いましょう。
    • デバイスが表示されない場合は、電源を切ってからもう一度入れ直してみましょう。
    広告

方法 3 の 3:
Windows 7およびVista

  1. 1
    Bluetoothデバイスの電源を入れる BluetoothヘッドセットやスピーカーなどのアクセサリをWindows 10のパソコンに接続したい場合は、まず電源を入れましょう。
    • 電波が最も弱いBluetooth(Bluetooth 1.0)で最大約10メートル離れたデバイスに接続可能です。Bluetooth 2.0になると、その範囲は約30メートルに拡大します。Bluetooth 3.0の範囲も最大約30メートルですが、Bluetooth 4.0は最大約60メートル離れたデバイスにも接続可能です。さらに、お使いのデバイスがBluetooth 5の場合は、最大約240メートル離れたデバイスにも接続することができます。
    • パソコンがBluetoothに対応していない場合は、USB Bluetoothアダプタで補うこともできます。アダプタをパソコンに接続したら、画面の指示に従ってインストールしましょう。
  2. 2
    Bluetoothアクセサリを検出可能にする デバイスが「検出可能」になれば、そのデバイスをパソコン側で検出して接続できるようになります。通常は、デバイスの電源を入れると、デバイスがすぐに検出モードになります。ただし、ボタン(またはボタンの組み合わせ)を押さないとデバイスが検出可能にならない場合もあります。
    • 通常は、検出可能になると、デバイスのどこかにあるLEDインジケーターが点滅します。
  3. 3
    「コントロールパネル」を開く 「スタート」メニューをクリックし、「コントロールパネル」を選択します。
  4. 4
    「ハードウェアとサウンド」の下にあるデバイスの追加をクリックする 「コントロールパネル」ウィンドウの右側にあります。これをクリックすると「デバイスの追加」ウィザードが開き、利用可能なBluetoothデバイスの検索が自動的に試みられます。

    注:このオプションが表示されない場合は、「スタート」メニューに戻って、デバイスとプリンターを選択し、デバイスの追加をクリックしましょう。

  5. 5
    デバイスを選択して、次へをクリックする デバイスには識別しやすいようなわかりやすい名前が付けられているかもしれませんが、場合によっては、わかりにくい文字や数字の組み合わせになっていることもあります。Bluetoothデバイスの名前は、取扱説明書を確認すればわかります。これで、デバイスとパソコンのペアリングは完了です。
    • 場合によっては、デバイスに表示されるコードを入力する必要があります。画面に表示される指示に従って、ペアリングを行いましょう。
    • デバイスが表示されない場合は、電源を切ってからもう一度入れ直してみましょう。
    広告

関連記事

USBメモリーに音楽を入れるUSBメモリーに音楽を入れる
ノートパソコンのカメラで写真を撮るノートパソコンのカメラで写真を撮る
HPでスクリーンショットを撮るHPでスクリーンショットを撮る
特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する
ファンクションキーを解除するファンクションキーを解除する
Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行するWindows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する
CapsLockを解除するCapsLockを解除する
パソコンにヘッドセットを接続するパソコンにヘッドセットを接続する
Chromeでタブを切り替えるChromeでタブを切り替える
ゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させるゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させる
大容量の動画ファイルをメールで送る大容量の動画ファイルをメールで送る
ワイヤレスで印刷できるようにノートパソコンを設定する
パソコンのRAMを確認するパソコンのRAMを確認する
マウスの代わりにキーボードでクリックするマウスの代わりにキーボードでクリックする
広告

このwikiHow記事について

Nicole Levine, MFA
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Nicole Levine, MFA. ニコール・レヴィンはwikiHowに勤務するテクノロジーライター兼編集者です。技術文章の作成に関し20年以上の経験があり、現在まで大手のウェブホスティング会社やソフトウェア開発会社のチームリーダーを務めてきました。ポートランド州立大学にてクリエイティブライティングの修士号を取得し、様々な教育施設にて作文、小説創作、Zine(個人制作の冊子)の作り方について講義を行っています。 この記事は1,894回アクセスされました。
このページは 1,894 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告