PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ここでは、PDFファイルをMicrosoft Word文書に変換する方法を説明します。PDFファイルを DOCXファイルや DOCファイルに変換すると、必要に応じてファイルに変更を加えることができます。変換すると特殊なフォーマットが失われる可能性もありますが、Wordで修正できるでしょう。

方法 1
方法 1 の 3:
Microsoft Wordを使う

  1. 1
    開きたいPDFファイルを右クリックする Macを使用していてマウスに右ボタンがない場合は、「Control」キーを押しながらPDFファイルをクリックしましょう。こうすると、コンテキストメニューが表示されます。
  2. 2
    プログラムから開く(このアプリケーションで開く)を選択する これは、コンテキストメニューの上のほうにあります。選択すると、サブメニューが表示されます。
  3. 3
    WordまたはMicrosoft Wordをクリックする クリックするとWordが開き、PDFファイルを表示しようとします。
  4. 4
    OKをクリックしてファイルを変換する こうすると、PDFファイルがWord文書に変換され、文書が表示されます。大きいファイルを変換する場合は、数分かかるかもしれません。
  5. 5
    Word文書を編集する 変換した文書は、改行、改ページ、図などが原因で、ページが完全に一致しない場合もあります。必要に応じて編集しましょう。
    • PDFファイルをインターネットからダウンロードした場合は、編集を有効にするかを尋ねるダイアログボックスが文書の上部に表示されます。文書を編集するには、[編集を有効にする]をクリックしましょう。
  6. 6
    変換した文書を保存する 変換したファイルをWord文書として保存する準備が整ったら、次の手順で保存しましょう。
    • Windows:[ファイル]、[名前を付けて保存]、 [このPC] の順にクリックして、ファイル名を入力しましょう。画面左側で保存先を選択し、[保存]をクリックします。
    • Mac:[ファイル]、[名前を付けて保存]の順にクリックします。ファイル名を入力して保存先を選択し、[保存]をクリックしましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
Googleドキュメントを使う

  1. 1
    コンピューターのインターネットブラウザで https://docs.google.com にアクセスする Googleアカウントにログインしている場合は、Googleドキュメントの画面が表示されます。
    • まだログインしていない場合は、ダイアログボックスが表示されたらメールアドレスとパスワードを入力しましょう。初めに、画面中央の[Googleドキュメントを使ってみる]をクリックする必要があるかもしれません。
    • Googleドキュメントを使ってPDFファイルを変換する際の注意点は、GoogleドキュメントではPDFファイルの画像が一切保存されないことです。
  2. 2
    アップロードアイコンをクリックする アップロードアイコンは、ファイルリストの右上隅、またはテンプレートギャラリーに表示されている最後のテンプレートのすぐ下にあります。
  3. 3
    アップロードをクリックする [アップロード]は、「ファイルを開く」ウィンドウの上部にあります。
  4. 4
    デバイスのファイルを選択をクリックする ウィンドウ中央の青いボタンをクリックしましょう。
  5. 5
    PDFファイルを選択して、開くをクリックする こうすると、PDFファイルがGoogleドライブにアップロードされ、 アップロードが完了するとプレビューウィンドウが表示されます。
  6. 6
    アプリで開くをクリックする [アプリで開く]は、プレビューウィンドウの上部中央にあります。
    • [アプリで開く]のドロップダウンボックスが表示されない場合は、マウスカーソルをウィンドウの上のほうへ移動させてみましょう。
  7. 7
    メニューのGoogle Docsをクリックする こうすると、GoogleドキュメントでPDFファイルが開きます。
    • ドロップダウンメニューの選択肢に[Googleドキュメント]がない場合は、追加することができます。[その他のアプリを接続]をクリックし、 googleドキュメントを検索してインストールしましょう。
  8. 8
    PDFファイルをWord文書として保存する GoogleドキュメントでPDFファイルを開いたので、Microsoft Word文書として保存してコンピューターにダウンロードしましょう。手順は次の通りです。
    • Googleドキュメント画面の左上にある[ファイル]をクリックします。
    • [ダウンロード]を選択します。
    • フォーマットとして[Microsoft Word (.docx)]を選択し、クリックしましょう。
    • 保存先を選択し、ダイアログボックスが表示されたら[保存]をクリックします。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
Adobe Acrobat DC Proを使う

  1. 1
    Adobe Acrobat DC Proを起動する Adobe Acrobatの有料版があれば、それを使ってPDFファイルを Word文書に変換できます。このアプリは、WindowsのスタートメニューやMacのアプリケーションフォルダにあります。
  2. 2
    開きたいPDFファイルを右クリックする Adobe Acrobat Pro(Adobe Acrobatの有料版)があれば、それを使ってPDFファイルをWord文書に変換できます。コンピューターに保存されているPDFファイルを右クリックして、コンテキストメニューを表示しましょう。
    • Macを使用していてマウスに右ボタンがない場合は、「Control」キーを押しながらファイルをクリックしましょう。
  3. 3
    このアプリで開くをクリックする メニューの上のほうにあります。クリックすると、サブメニューが表示されます。
  4. 4
    Adobe Acrobat ProまたはAdobe Acrobat Pro DCを選択する こうすると、 Acrobat Proで PDFファイルが開きます。
  5. 5
    PDFを書き出しを選択する このツールは、画面の右側にあります。これを選択すると、PDF ファイルを書き出せる様々な形式が表示されます。[1]
  6. 6
    PDFを書き出す形式としてMicrosoft Wordを選択する こうすると別のサブメニューが表示されます。
  7. 7
    Word文書をクリックする 右側の一番上に表示される選択肢です。[2] これで、PDFファイルを変換する形式の設定が完了します。
  8. 8
    書き出しをクリックする こうするとPDFファイルが変換され、ファイル名を入力するダイアログボックスが表示されます。
  9. 9
    ファイルに名前をつけて保存をクリックする PDFファイルが Word文書として保存されます。Microsoft Wordで文書を開くと、編集することができます。
    広告

ポイント

  • 通常、変換後にWord文書を編集できないのは、PDFファイルの文字がテキストではなく画像だったことが原因です。
  • PDFファイルに機密性の高い情報が含まれていない場合は、「Smallpdf」などのオンラインサービスを使って、PDFファイルをWord文書に変換することも可能です。
広告

注意事項

  • PDFファイルをWord文書に変換すると、ほぼ間違いなく一部の書式が崩れてしまいます。 
広告

関連記事

Microsoft Officeを別のパソコンに移行するMicrosoft Officeを別のパソコンに移行する
Wordで空白ページを削除する
メモ帳をExcelに変換するメモ帳をExcelに変換する
Wordで文字を曲げるWordで文字を曲げる
Microsoft Wordでパンフレットを作るMicrosoft Wordでパンフレットを作る
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
PowerPointのファイルサイズを縮小するPowerPointのファイルサイズを縮小する
2ページ目以降のヘッダーを削除する2ページ目以降のヘッダーを削除する
2つのExcelファイルを比較する2つのExcelファイルを比較する
Outlook 365でSMTPサーバーを確認するOutlook 365でSMTPサーバーを確認する
ExcelでシートをリンクさせるExcelでシートをリンクさせる
CSVファイルの作成CSVファイルの作成
Microsoft Wordにフォントを追加するMicrosoft Wordにフォントを追加する
タブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストするタブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストする
広告

このwikiHow記事について

Luigi Oppido
共著者 ::
パソコン・ITスペシャリスト
この記事の共著者 : Luigi Oppido. ルイージ・オピドはカリフォルニア州サンタクルーズ市のパソコン修理専門店「Pleasure Point Computers」経営者です。25年以上にわたりパソコン修理全般、データ復元、ウイルス除去、アップグレードなどのサービスを請け負っています。また、カリフォルニア中部でKSCOにて放送中の番組、「Computer Man Show! 」の司会者も務めています。 この記事は82,229回アクセスされました。
このページは 82,229 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告