この記事では、オンラインまたはPayPalモバイルアプリで銀行口座から送金する、店舗で現金を使用する、または小切手を入金してPayPalアカウントに資金を追加する方法を紹介します。2020年3月現在、PayPalではパーソナル(個人)アカウントの所有者がPayPalアカウントに資金を保有する場合、PayPal Cash(PayPalキャッシュ)アカウントを持つことが義務付けられています。[1]

※以下のサービスは、海外でのみ利用できるサービスで、日本国内から利用はできません。

方法 1
方法 1 の 4:
店舗でPayPal Cashを使用する

  1. 1
    PayPal Cash Card(PayPalキャッシュカード)を申し込む PayPal Cash Cardは、PayPal残高を使用してクレジットカードやデビットカードで買い物をしたり、加盟店においてPayPal残高に少額の手数料で入金したりすることができるデビットカードです。[2] カードを入手したいときは、https://www.paypal.com/us/webapps/mpp/cash-card(英語のみ)にアクセスしてGet the Card(カードを入手)をクリックし、画面の指示に従いましょう。リクエストの処理が完了すると、PayPalからカードが送られてきます。
    • 2020年3月29日より前にPayPalのパーソナル(個人)アカウントを認証した場合は、すでにPayPal Cashアカウントを持っているので、カードが必要ない場合は申し込む必要はありません。この場合は、ステップ3に進みましょう。
    • 新しいアカウントを持っている場合は、PayPal Cash Cardを申し込むと、PayPalアカウントがPayPal Cashアカウントに自動的に変更され、PayPalアカウントに資金を追加・保有できるようになります。
  2. 2
    PayPal Cash Cardが届いたら有効化する カードが届いたら有効化する必要があります。方法は以下の通りです。
    • スマートフォンまたはタブレットの場合は、PayPalアプリを起動して右上の歯車アイコンをタップし、PayPal Cash Card(PayPalキャッシュカード)をタップして必要な情報を入力したら、Activate Card(カードを有効化)をタップしましょう。[3]
    • パソコンの場合は、https://paypal.com/activatecard(英語のみ)にアクセスしてログインし、Activate Card(カードを有効化)をクリックしたら、画面の指示に従って有効化を完了しましょう。
  3. 3
    スマートフォンまたはタブレットでPayPalアプリを起動する 青地に白い「P」の文字が入ったアイコンで、通常はホーム画面またはアプリドロワーにあります。[4]
  4. 4
    残高をタップする 画面中央付近の「PayPal balance(PayPal残高)」の下にあります。
    • このオプションはPayPal Cashアカウントを持っている場合にのみ表示されます。
  5. 5
    Add Money(資金の追加)をタップする 画面下部の青いボタンのことです。
  6. 6
    Add cash(キャッシュを追加)をタップする
  7. 7
    PayPal Cash Plusアカウントへのアップグレードを促すメッセージが表示された場合はアップグレードする PayPalアカウントに入金するのが初めてで、まだ入金していない場合は、PayPal Cash Plusアカウントへのアップグレードを促すメッセージが表示されます。利用規約を読み、Agree and Continue(同意して続行)をタップして確認しましょう。
  8. 8
    最寄りの店舗を選択する リストから店舗名を選択するか、右上のMap(地図)をタップして最寄りの店舗を探しましょう。最寄りの店舗は地図やリストから選択可能です。各店舗名の横には、その店舗のPayPal Cash手数料が表示されます。
    • 残りのステップは、その店舗に到着してから行うのが一番です。1時間だけ有効なバーコードを生成し、そのバーコードをレジに持って行くことになります。
  9. 9
    Generate Barcode(バーコードを生成)をタップする 画面下部にあり、タップするとそのPayPalアカウント専用のバーコードが表示されます。これは1時間有効です。
    • その店舗に到着するまでに1時間以上かかった場合は、新たなバーコードを生成しなければなりません。
  10. 10
    バーコードと現金を店舗に持って行く レジ係がバーコードを読み取り、現金と手数料の支払い手続きを行って、領収書を渡してくれます。PayPal Cash Cardを持っている場合は、それを店舗でスワイプして入金しましょう。約15分後にPayPalアカウントに入金が反映されます。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
モバイルアプリで銀行口座を使用する

  1. 1
    スマートフォンまたはタブレットでPayPalアプリ起動する 青地に白い「P」の文字が入ったアイコンで、通常はホーム画面またはアプリドロワーにあります。
    • 自分の銀行口座からの送金は無料です。
  2. 2
    PayPal CashまたはPayPal Cash Plusアカウントを持っていることを確認する 2020年3月より、PayPalではパーソナル(個人)アカウントの所有者がPayPalアカウントに資金を保有する場合、PayPal Cashアカウントを持つことが義務付けられました。[5] PayPalにログインしたら、下にスクロールして「PayPal balance(PayPal残高)」という項目を探しましょう。
    • 2020年3月29日より前にアカウントを認証した場合やPayPal Cash Cardを持っている場合は、PayPalアカウントがPayPal Cashアカウントに自動的に変更されており、残高が表示され、銀行口座やその他の方法で入金することができます。
    • それ以降にパーソナル(個人)アカウントを作成した場合や「PayPal balance(PayPal残高)」という項目が表示されない場合は、PayPal Cashアカウントを持っていないことになります。銀行口座やクレジットカード、デビットカードを登録して送金や支払いの受け取りを行うことはできますが、PayPal アカウントに資金を追加して保有することはできません。
    • PayPal Cashアカウントを持っていないが、PayPalアカウントに資金を保有できるようにしたい場合は、以下の2つの方法があります。
      • 誰かに頼んで自分のPayPalアカウントに送金してもらいます。送金してもらったら、PayPalでその取引をタップし、Keep it in PayPal(PayPalに資金を保有)を選択しましょう。画面の指示に従って個人情報を入力すると、入金できるようになります。
      • PayPal Cash Cardを申し込み、有効化します。申し込み方法については、店舗でPayPal Cashを使用する方法を参照するか、https://www.paypal.com/us/webapps/mpp/cash-card(英語のみ)にアクセスしましょう。
  3. 3
    まだ銀行口座を登録していない場合は、銀行口座を登録する まだ銀行口座をPayPalアカウントに登録していない場合は、以下の方法で登録しましょう。
    • 右上の歯車アイコンをタップします。
    • Banks and Cards(銀行とカード)をタップします。
    • すでに銀行口座が表示されている場合は、ステップ3に進みましょう。
    • 銀行口座を追加するには、下部のLink a Card or Bank Account(カードまたは銀行口座を登録する)をタップし、Bank account(銀行口座)をタップします。
    • 一覧に表示されている銀行口座をタップします。表示されていない場合は、上部の検索バーに名前を入力して検索しましょう。
    • 銀行を選択したら、画面の指示に従ってログインしましょう。銀行口座は自動的に認証されます。
    • 検索しても銀行が見つからない場合は、Enter Your Bank Details(銀行情報を入力)をタップし、画面の指示に従って銀行口座情報を送信しましょう。3営業日以内にPayPal から自分の銀行口座に少額の入金が2回行われます。
    • 入金を受け取ったら、PayPalアプリのBanks and Cards(銀行とカード)という項目に戻り、銀行を選択して入金額を確認しましょう。確認後、銀行口座からPayPalアカウントに送金することができます。
  4. 4
    PayPal残高をタップする 画面中央付近の「PayPal balance(PayPal残高)」の下にあります。
  5. 5
    Add Money(資金の追加)をタップする 画面下部の青いボタンのことです。[6]
  6. 6
    Add from your bank(銀行から追加)をタップする ダイアログが表示されたら、送金に使用したい銀行口座の名前をタップします。
  7. 7
    PayPal Cash Plusアカウントへのアップグレードを促すメッセージが表示された場合はアップグレードする PayPalアカウントに入金するのが初めてで、まだ入金していない場合は、PayPal Cash Plusアカウントへのアップグレードを促すメッセージが表示されます。利用規約と手数料に目を通しましょう。最後まで目を通したら、Agree and Continue(同意して続行)をタップして確認します。
  8. 8
    金額を入力し、次へをタップする 確認画面が表示されます。
  9. 9
    Add to Your Balance(残高に追加)をタップする 3~5営業日以内にPayPalアカウントに送金が反映されます。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
パソコンで銀行口座を使用する

  1. 1
    https://www.paypal.comにアクセスし、PayPalアカウントにログインする まだログインしていない場合は、右上のLog In(ログイン)をクリックして今すぐログインしましょう。自分の銀行口座からの送金は完全に無料です。
  2. 2
    PayPal Cashアカウントを持っていることを確認する 2020年3月より、PayPalではパーソナル(個人)アカウントの所有者がPayPalアカウントに資金を保有する場合、PayPal Cashアカウントを持つことが義務付けられました。PayPalアカウントにログインしたら、下にスクロールして「PayPal balance(PayPal残高)」という項目を探しましょう。
    • 2020年3月29日より前にアカウントを認証した場合やPayPal Cash Cardを持っている場合、PayPalアカウントはPayPal Cashアカウントに自動的に変更されています。ログインすると残高が表示され、銀行口座やその他の方法で入金することができます。
    • それ以降にパーソナル(個人)アカウントを作成した場合や「PayPal balance(PayPal残高)」という項目が表示されない場合は、PayPal Cash Cardを持っていないことになります。銀行口座やクレジットカード、デビットカードを登録して送金や支払いの受け取りを行うことはできますが、PayPal アカウントに資金を追加して保有することはできません。
    • PayPal Cashアカウントを持っていないが、PayPalアカウントに資金を保有できるようにしたい場合は、以下の2つの方法があります。
      • 誰かに頼んで自分のPayPalアカウントに送金してもらいます。送金してもらったら、PayPalでその取引をタップし、Keep it in PayPal(PayPalに資金を保有)を選択しましょう。画面の指示に従って個人情報を入力すると、入金できるようになります。
      • PayPal Cash Cardを申し込み、有効化します。申し込み方法については、店舗でPayPal Cashを使用する方法を参照するか、https://www.paypal.com/us/webapps/mpp/cash-card(英語のみ)にアクセスしましょう。
  3. 3
    Wallet(ウォレット)タブをクリックする ページの一番上にあります。
  4. 4
    まだ銀行口座をPayPalアカウントに登録していない場合は、銀行口座を登録する 「Wallet(ウォレット)」ページに銀行口座は表示されていますか?表示されている場合は、次のステップに進みましょう。表示されていない場合は、送金する前に銀行口座を登録して認証する必要があります。通常、銀行口座の登録と認証は数分で完了しますが、銀行によっては最大3日かかる場合もあります。[7] 方法は以下の通りです。
    • Link a card or bank(カードまたは銀行を登録する)をクリックします。
    • Link a bank account(銀行口座を登録)をクリックします。
    • 利用している銀行が表示されている場合は、その銀行名をクリックし、画面の指示に従ってログインしましょう。ログインすると口座が認証され、送金ができるようになります。
    • 利用している銀行が表示されていない場合は、上部の検索バーで検索してみます。見つからない場合は、Enter Your Bank Details(銀行情報を入力)をクリックし、画面の指示に従って銀行口座情報を送信しましょう。3営業日以内にPayPalから自分の銀行口座に少額の入金が2回行われます。
    • 入金を受け取ったら、PayPalアカウントに再度ログインし、Wallet(ウォレット)タブをクリックします。
    • 銀行を選択し、入金額を確認しましょう。確認後、PayPalアカウントに送金することができます。
  5. 5
    Transfer Money(資金の移動)またはAdd Money(資金の追加)をクリックする アカウントの種類に応じて現在の残高の下にこのいずれかのオプションが表示されます。
  6. 6
    Add money to your balance(残高に資金を追加)をクリックする
  7. 7
    銀行を選択し、送金したい金額を入力する 銀行口座から送金したい金額を「Amount(金額)」欄に入力します。
  8. 8
    パーソナル(個人)アカウントの場合はAdd(追加)、ビジネスアカウントの場合はTransfer(移動)をクリックする 確認画面が表示されます。
  9. 9
    Add $XX(〇〇円を追加)をクリックして確認する 3~5営業日以内にPayPalアカウントに送金が反映されます。[8]
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
小切手を現金化する

  1. 1
    スマートフォンまたはタブレットでPayPalアプリを起動する 青地に白い「P」の文字が入ったアイコンで、通常はホーム画面またはアプリドロワーにあります。
    • 入金したい小切手をまだ裏書きしていない場合は、裏書きしてから次のステップに進みましょう。
    • PayPalアカウントへの小切手の入金は無料ですが、処理に最大10営業日かかる場合があります。[9] 処理を早めたい場合は、少額の手数料を支払って数分で資金を受け取ることも可能です。
  2. 2
    PayPal Cashアカウントを持っていることを確認する 2020年3月より、PayPalではパーソナル(個人)アカウントの所有者がPayPalアカウントに資金を保有する場合、PayPal Cashアカウントを持つことが義務付けられました。PayPalにログインしたら、下にスクロールして「PayPal balance(PayPal残高)」という項目を探しましょう。
    • 2020年3月29日より前にアカウントを認証した場合やPayPal Cash Cardを持っている場合は、PayPalアカウントがPayPal Cashアカウントに自動的に変更されており、残高が表示され、PayPalアカウントに小切手を入金することができます。
    • それ以降にパーソナル(個人)アカウントを作成した場合や「PayPal balance(PayPal残高)」という項目が表示されない場合は、PayPal Cash Cardを持っていないことになります。銀行口座やクレジットカード、デビットカードを登録して送金や支払いの受け取りを行うことはできますが、PayPal アカウントに資金を追加して保有することはできません。
    • PayPal Cashアカウントを持っていないが、PayPalアカウントに資金を保有できるようにしたい場合は、以下の2つの方法があります。
      • 誰かに頼んで自分のPayPalアカウントに送金してもらいます。送金してもらったら、PayPalでその取引をタップし、Keep it in PayPal(PayPalに資金を保有)を選択しましょう。画面の指示に従って個人情報を入力すると、入金できるようになります。
      • PayPal Cash Cardを申し込み、有効化します。申し込み方法については、店舗でPayPal Cashを使用する方法を参照するか、https://www.paypal.com/us/webapps/mpp/cash-card(英語のみ)にアクセスしましょう。
  3. 3
    残高をタップする 画面上部にあります。
  4. 4
    Add Money(資金の追加)をタップする 画面下部にあります。
  5. 5
    メニューのCash a Check(小切手の現金化)をタップする
  6. 6
    PayPal Cash Plusアカウントへのアップグレードを促すメッセージが表示された場合はアップグレードする PayPalアカウントに入金するのが初めてで、まだ入金していない場合は、PayPal Cash Plusアカウントへのアップグレードを促すメッセージが表示されます。利用規約と手数料に目を通しましょう。最後まで目を通したら、Agree and Continue(同意して続行)をタップして確認します。
  7. 7
    詳細を確認し、Get Started(はじめる)をタップする
  8. 8
    アプリに位置情報とカメラへのアクセスを許可する 画面の指示に従ってPayPalアプリに位置情報とカメラへのアクセスを許可しましょう。アクセスを許可すると、プライバシーポリシーが表示されます。
  9. 9
    プライバシーポリシーを確認し、Accept(同意)をタップする
  10. 10
    利用規約を確認し、Accept(同意)をタップする
  11. 11
    個人情報を入力し、Agree and Continue(同意して続行)をタップする 生年月日、社会保障番号、電話番号を入力し、次のステップに進みます。
  12. 12
    確認画面でDone(完了)をタップする これで、小切手に関する情報を入力することができます。
  13. 13
    小切手の金額を入力する 画面上部の「$0.00」をタップし、小切手の合計金額を入力します。
  14. 14
    Front of check(小切手の表面)をタップする カメラ画面が表示されます。
  15. 15
    小切手の表をガイドに合わせる 小切手の表面が撮影されます。
  16. 16
    Back of check(小切手の裏)をタップする カメラ画面が再び表示されます。
  17. 17
    小切手を裏返し、ガイドに合わせる 小切手の裏面が撮影されます。
  18. 18
    Next(次へ)をタップする 画面下部にあります。
  19. 19
    送金にかかる時間を選択する 数分以内に送金を受け取りたい場合は、$5.00 fee(手数料500円)オプションを選択しましょう。10日かかっても構わない場合は、No fee(手数料無料)をタップすると小切手を無料で現金化することができます。
  20. 20
    Confirm(確認)をタップする 小切手に問題がなければ10日以内にPayPalアカウントに残高が無料で反映されることを通知する確認メッセージが表示されます。[10]
  21. 21
    I Accept(同意)をタップして同意する PayPalの小切手サービスが小切手の有効性を確認します。この処理は数秒で終わるはずですが、場合によっては最大5分かかることもあります。小切手の有効性が確認されたことを示すメッセージが表示されたら、次のステップに進みましょう。
  22. 22
    小切手を無効にし、証拠を提出する 小切手を無効にするように促すメッセージが表示されるまで、小切手を無効にしてはいけません。メッセージが表示されたら、太めのマジックで小切手の表面に「VOID(無効)」と記入し、画面の指示に従って小切手の表面を撮影し直しましょう。処理が完了すると、確認メッセージが表示されます。
    広告

ポイント

  • 銀行口座からの送金手続きが完了してから1週間経ってもPayPalアカウントに入金されない場合は、PayPalカスタマーサービスに電話またはメールで問い合わせましょう。カスタマーサービスがPayPalアカウントに入金されていない理由を特定し、解決策を案内してくれます。PayPalのウェブサイト(https://www.paypal.com/selfhelp/home?action=callus)にアクセスして「Call us(電話で問い合わせる)」または「Email us(メールで問い合わせる)」を選択し、画面の指示に従ってPayPalに問い合わせましょう。
広告

関連記事

画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
深層Webにアクセスする深層Webにアクセスする
Googleドキュメントを保存するGoogleドキュメントを保存する
Google PlayのアプリをパソコンにダウンロードするGoogle Playのアプリをパソコンにダウンロードする
Googleに問い合わせるGoogleに問い合わせる
Discordで動画を送るDiscordで動画を送る
YouTubeでチャンネル登録者を削除するYouTubeでチャンネル登録者を削除する
Webページを保存するWebページを保存する
2台のルーターを接続する2台のルーターを接続する
ブロックされたウェブサイトにアクセスするブロックされたウェブサイトにアクセスする
画像のURLを取得する画像のURLを取得する
YouTubeの制限付きモードをオフにするYouTubeの制限付きモードをオフにする
トレントのダウンロード速度を上げるトレントのダウンロード速度を上げる
リンクをコピーアンドペーストするリンクをコピーアンドペーストする
広告

このwikiHow記事について

Nicole Levine, MFA
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Nicole Levine, MFA. ニコール・レヴィンはwikiHowに勤務するテクノロジーライター兼編集者です。技術文章の作成に関し20年以上の経験があり、現在まで大手のウェブホスティング会社やソフトウェア開発会社のチームリーダーを務めてきました。ポートランド州立大学にてクリエイティブライティングの修士号を取得し、様々な教育施設にて作文、小説創作、Zine(個人制作の冊子)の作り方について講義を行っています。
このページは 346 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告