この記事では、PowerPoint(パワーポイント)をダウンロードする方法を紹介します。Microsoft PowerPointはMicrosoft Officeに含まれるプレゼンテーション作成アプリケーションで、パソコン、スマートフォン、タブレットにダウンロードできます。

方法 1
方法 1 の 3:
モバイルアプリをインストールする

  1. 1
    Google Playストア またはApp Store を開く Androidスマートフォンやタブレットを使用している場合はGoogle Playストア、iPhoneまたはiPadを使用している場合はApp Storeを利用します。
    • モバイルアプリには一部制限があります。例えば、画面サイズが12.9インチのiPad Proを使用している場合、iPadでデスクトップファイルの閲覧および表示を行うには、適切なOfficeプランを購入する必要があります。[1]
  2. 2
    PowerPointを検索する Google Playストアの場合は画面上部に検索バーがあり、App Storeの場合は画面下部に検索タブがあります。
  3. 3
    検索結果の一番上をタップする 通常、一番上に表示されるアプリが、Microsoft社が開発および提供を行う公式アプリです。
  4. 4
    インストール(Android)または 入手(iOS)をタップする このアプリは無料ですが、Microsoft Officeの有料プランに申し込むと、特定の機能が使用できるようになります。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
パソコンにPowerPointをダウンロードする

  1. 1
    https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/buy/microsoft-365から、Microsoft Officeの製品ページにアクセスする このページでは、PowerPointを始めとしたWindowsまたはMac向けのMicrosoft Office有料プランが紹介されています。
    • マルウェアのダウンロードを防ぐため、信頼できるウェブサイト以外からはプログラムをダウンロードしないようにしましょう。
  2. 2
    オプションを選択し、希望のOfficeパッケージを購入する 自宅のパソコン用にOfficeを一括購入するか、または1台以上のパソコンで利用したい場合は月額または年額料金のプランに申し込むこともできます。
    • 無料で試すをクリックすると、30日の試用期間のあいだは、PowerPointを無料で利用できます。試用期間が終了すると、登録したクレジットカードにOfficeの月額料金が請求されます。
    • すでにMicrosoft Officeを購入している場合は、https://setup.office.com/ からOfficeの設定ページにアクセスし、25文字のプロダクトキーを入力します。プロダクトキーは、Microsoft Office購入時に届く確認メール、またはOffice製品のパッケージ内に記載されています。
  3. 3
    Microsoftのログイン認証情報を使ってログインする PowerPointのダウンロードおよびインストールを行うには、Microsoftにログインする必要があります。
    • アカウントがない場合は、Microsoftアカウントを作成するオプションを選択し、画面の表示に従ってアカウントを作成しましょう。
  4. 4
    インストールをクリックする クリックしたら、Microsoft Officeのインストール用ファイルをパソコンに保存するオプションを選択します。
  5. 5
    Officeインストール用ファイルをダブルクリックする セットアップウィザードが開きます。これを使用して、パソコンでOfficeおよびPowerPointのセットアップを行います。
  6. 6
    Officeインストーラーの画面の表示に従う PowerPointはMicrosoft Officeに含まれているため、デフォルトでパソコンにインストールされます。
    • セットアップファイルのダウンロードが終わったら、パソコンのオペレーティングシステムに合わせて、以下を実行します。
    • Windows:セットアップファイルをダブルクリックし画面上の表示に従います。
    • Mac:セットアップファイルをダブルクリックし、必要に応じてインストールの検証を行います。PowerPointアプリのアイコンを「アプリケーション」フォルダにドラッグし、画面上の表示がある場合はそれに従います。
    • Windowsパソコンでダウンロードやインストールに問題が発生した場合は、印刷スプーラーサービスを停止します。Officeのセットアップが80~90%で停止してしまう原因の多くは、印刷スプーラーサービスの問題が原因だからです。印刷スプーラーサービスを停止するには、スタートメニューのロゴをクリックし、検索ボックスに「services.msc」を入力します。クリックして「印刷スプーラー」を開き、停止をクリックします。[2]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
パソコンのトラブルシューティング

  1. 1
    PowerPoint以外のすべてのOfficeアプリケーションを利用している場合は、Microsoft Officeのセットアップ手順を繰り返す PowerPointはMicrosoft Officeのすべてのバージョンにデフォルトで含まれていますが、初回のOfficeインストール時にPowerPointをインストールしない選択をした場合は、インストールされません。以下のトラブルシューティングの手順はすべて、WindowsおよびMacのどちらのパソコンにも使用できます。
    • パソコンのMicrosoft Officeフォルダに移動して、セットアップファイルをダブルクリックし、セットアップウィザード画面の表示に従い、PowerPointをパソコンにインストールします。
  2. 2
    Officeのインストール中に94%で停止してしまった場合は、パソコンを再起動する これはインターネットからOfficeのダウンロードやインストールを行う際に、よく起きるトラブルとして知られています。
  3. 3
    セットアップが途中で停止した場合はOfficeを修復する これは、WindowsおよびOffice間に発生している問題を解決するための方法です。
    • コントロールパネルを開き、プログラムと機能を開きます。
    • 「プログラムのアンインストールまたは変更」ウィンドウでPowerPointを選択します。
    • 変更をクリックし、オンライン修復を選択したら、修復をクリックします。
  4. 4
    PowerPointのインストールに問題がある場合は、オペレーティングシステムやパソコンをアップグレードする VistaおよびXP、またmacOS最新版から3つまでのバージョンより古いもの等に対するMicrosoft Officeのサポートは終了しています。[3]
  5. 5
    「インストール」をクリックしてもOfficeをインストールできない場合は、ブラウザのアドオンとプラグインをすべて無効にする アドオンおよびプラグインは、Officeのインストールの妨げとなる場合があります。
    広告

ポイント

  • Officeパッケージを一式購入・インストールしたいわけではない場合は、PowerPointではなく、Apache OpenOfficeまたはGoogleスライドの利用を検討してみましょう。OpenOfficeとGoogleスライドは無料で誰でも利用することができ、PowerPointと同じような機能を備えています。
広告

関連記事

Microsoft Officeを別のパソコンに移行するMicrosoft Officeを別のパソコンに移行する
Wordで空白ページを削除する
Wordで文字を曲げるWordで文字を曲げる
メモ帳をExcelに変換するメモ帳をExcelに変換する
Microsoft Wordでパンフレットを作るMicrosoft Wordでパンフレットを作る
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
PowerPointのファイルサイズを縮小するPowerPointのファイルサイズを縮小する
2ページ目以降のヘッダーを削除する2ページ目以降のヘッダーを削除する
2つのExcelファイルを比較する2つのExcelファイルを比較する
Outlook 365でSMTPサーバーを確認するOutlook 365でSMTPサーバーを確認する
ExcelでシートをリンクさせるExcelでシートをリンクさせる
CSVファイルの作成CSVファイルの作成
Microsoft Wordにフォントを追加するMicrosoft Wordにフォントを追加する
WordでXバー(平均値の記号)を入力するWordでXバー(平均値の記号)を入力する
広告

このwikiHow記事について

Luigi Oppido
共著者 ::
パソコン・ITスペシャリスト
この記事の共著者 : Luigi Oppido. ルイージ・オピドはカリフォルニア州サンタクルーズ市のパソコン修理専門店「Pleasure Point Computers」経営者です。25年以上にわたりパソコン修理全般、データ復元、ウイルス除去、アップグレードなどのサービスを請け負っています。また、カリフォルニア中部でKSCOにて放送中の番組、「Computer Man Show! 」の司会者も務めています。 この記事は2,542回アクセスされました。
カテゴリ: オフィス
このページは 2,542 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告