このwikiHowでは、RARファイルを解凍する方法をご紹介します。RARファイルの実体は、ファイルのデータ容量を節約するために圧縮された複数のファイルを含んだフォルダです。iPhone、Android、WindowsパソコンやMacパソコンでは、無料のソフトウェアを使ってRARファイルを解凍し、開くことができます。

方法 1 の 4:
iPhoneの場合

  1. 1
    iZipをダウンロードしましょう。iZipは、RARファイルを開くことができる無料アプリです。以下の要領でダウンロードしましょう。
    • App Store」を開きます。
    • 検索」をタップします。
    • App Store」の検索バーをタップします。
    • izip」と入力し、「検索」をタップします。
    • 入手」をタップします。
    • Apple IDのパスワードを入力するか、Touch IDによる認証を行いましょう。
  2. 2
    RARファイルを開きましょう。RARファイルが保存されているアプリを開き、当該ファイルをタップします。タップすると、そのRARファイルの名前が中央に表示された灰色の画面が開きます。
    • iPhonesにはファイルマネージャーがないため、RARファイルは、ほとんどの場合、メールアプリまたはクラウドストレージアプリに保存されています。
  3. 3
    画面左下にある矢印が付いた四角のアイコン
    Iphoneblueshare2.pngというタイトルの画像
    をタップしましょう。
    タップすると、ポップアップメニューが表示されます。
  4. 4
    右端までスクロールしましょう。メニューの一番上にあるアプリの一覧を右から左にスワイプします。すると、iZipフォルダのアイコンが表示されるはずです。
  5. 5
    アプリの列の最後の方にある黄色フォルダのアイコン iZipにコピー をタップしましょう。タップすると、iZipでRARフォルダが開きます。
    • このオプションが見当たらない場合は、「」をタップします。そして、「iZip」の右にあるスイッチをタップし、「完了」をタップしてiZipが表示されるようにしましょう。
  6. 6
    確認画面が表示されたら OK をタップしましょう。これで、RARファイルが解凍され、中身のファイルにアクセスできるようになります。
    • ファイルが解凍されない場合は、次の操作を行いましょう。
      • RARフォルダの中の各ファイルの左にある丸をタップします。
      • 画面の下部にある「解凍」をタップしましょう。
    広告

方法 2 の 4:
Androidの場合

  1. 1
    AndroidにRARファイルをダウンロードしましょう。RARファイルがAndroidのハードディスク上にない場合は、ファイルをダウンロードしなくてはなりません。RARファイルが保存されているアプリ(GmailやGoogleドライブなど)を開き、RARファイルを見つけてダウンロードしましょう。
    • RARがすでにAndroid上に保存されている場合は、次の手順に進みましょう。
  2. 2
    WinZipアプリをダウンロードしましょう。WinZipは、RARファイルをはじめ、さまざまな種類の圧縮ファイルを開くことができる無料のアプリです。WinZipをダウンロードする手順は次のとおりです。
  3. 3
    WinZipアプリページの上部付近にある緑の 開く をタップしましょう。タップするとWinZipが開きます。
  4. 4
    WinZipホーム画面の一番下にある 開始 をタップしましょう。
    • 最初に表示される広告を左にスワイプする必要があるかもしれません。
  5. 5
    RARファイルの場所を開きましょう。SDカード」または「内部ストレージ」をタップして、RARファイルが保存されているフォルダに移動します。
    • RARファイルをダウンロードした場合は、「ダウンロード」フォルダをタップし、ダウンロードしたアプリケーションのフォルダをタップしましょう。
  6. 6
    RARファイルをタップして長押ししましょう。1秒程度でポップアップメニューが表示されます。
  7. 7
    ポップアップメニューの一番上にある …に解凍する をタップしましょう。
  8. 8
    RARファイルを解凍する場所を撰択しましょう。以下の解凍先の中から1つを選びタップします。
    • 保存領域 - RARファイルをAndroid上の撰択したドライブやフォルダに解凍します。
    • マイファイル - RARファイルをAndroid上の「マイファイル」に解凍します。
    • Google Drive - RARファイルを「Google Drive」のフォルダに解凍します。
    • Dropbox - RARファイルをDropboxのアカウントに解凍します。Dropboxのアカウントを持っていない場合は、まずアカウントを作る必要があります。
  9. 9
    画面右下にある ここに解凍する をタップしましょう。タップすると、RARファイルが開き、中身のファイルが指定したフォルダに展開されます。これで、RARファイルの内容を確認できるはずです。
    広告

方法 3 の 4:
Windowsの場合

  1. 1
    Windowsのビット数を確認しましょう。お使いのWindowsが32ビットか64ビットかにより、ダウンロードすべきファイルが若干異なります。
  2. 2
    WinRARのダウンロードページ https://www.rarlab.com/download.htm を開きましょう。WinRARは、WindowsでRARファイルの表示ができる無料の高機能ツールです。
  3. 3
    該当するビット数のダウンロードリンクをクリックしましょう。64ビットであれば、ページの上部付近にある「WinRAR x64 (64 bit) 5.61」をクリックし、32ビットであれば、64ビット向けリンクのすぐ上にある「WinRAR x86 (32 bit) 5.61」をクリックします。リンクをクリックすると、WinRARのセットアップファイルがパソコンにダウンロードされます。
    • ダウンロードを開始する前に、「保存」をクリックするか、ダウンロードの確認を行う必要があるかもしれません。
  4. 4
    WinRARのセットアップファイルをダブルクリックしましょう。セットアップファイルは、お使いのパソコンの規定のダウンロード場所にあるはずです。ファイルをダブルクリックすると、WinRARのセットアップ画面が開きます。
  5. 5
    WinRARをインストールしましょう。インストール手順は次のとおりです。
    • 確認画面が表示されたら「はい」をクリックします。
    • インストール」をクリックします。
    • 画面左上の「RAR」のボックスにチェックが入っていることを確認しましょう。
    • OK」をクリックします。
    • 完了」をクリックします。
  6. 6
    RARファイルの場所を開きましょう。RARファイルがデスクトップにあれば、準備完了です。もしデスクトップにない場合は、次の操作を行いましょう。
  7. 7
    RARファイルをダブルクリックしましょう。ダブルクリックすると、ファイルが自動的にWinRARで開くはずです。
    • ポップアップリストの中から「WinRAR」を選び、「OK」をクリックしてWinRARを開く必要があるかもしれません。
    • WinRARの初回起動時、ライセンス購入画面が表示される可能性があります。画面右上の「X」アイコンをクリックして、画面を閉じましょう。
  8. 8
    解凍したいファイルを撰択しましょう。WinRARウィンドウの真ん中にあるRARフォルダの名前をクリックして、ファイルを撰択しましょう。
  9. 9
    WinRARウィンドウの上部左側にあるフォルダの形をしたアイコン フォルダに解凍 をクリックしましょう。クリックすると、ポップアップウィンドウが表示されます。
  10. 10
    保存先を撰択しましょう。ポップアップウィンドウの右側で解凍したファイルの保存先として使用したいフォルダ(デスクトップなど)をクリックします。
  11. 11
    ウィンドウの右下にある OK をクリックしましょう。クリックすると、RARファイルの中身が撰択した場所に展開されます。解凍が完了すると、通常のフォルダと同じように解凍されたフォルダを開き、内容を確認できるようになります。
    広告

方法 4 の 4:
Macの場合

  1. 1
    The Unarchiverアプリをダウンロードします。ダウンロードする手順は次のとおりです。
    • Macの「App Store」を開きます。
    • ウィンドウの右上にある検索バーをクリックします。
    • 検索バーに「the unarchiver」と入力して Return を押します。
    • The Unarchiverアプリの下にある「入手」をクリックしましょう。
  2. 2
    Spotlight
    Macspotlight.pngというタイトルの画像
    を開きましょう。
    画面の右上にある虫眼鏡の形をしたアイコンをクリックします。クリックすると、検索バーが表示されます。
  3. 3
    Spotlightに unarchiver と入力し、Mac内でThe Unarchiverアプリを検索しましょう。
  4. 4
    Spotlightの検索結果に表示される The Unarchiver をクリックしましょう。クリックすると、ポップアップウィンドウが表示されます。
  5. 5
    解凍先の指定に関する確認画面が表示されたら、 毎回確認 をクリックしましょう。これで、RARファイルを解凍するたびに解凍先のフォルダを指定できるようになります。
  6. 6
    RARファイルの場所を開きましょう。MacのDockにある青い顔の形をしたアイコンをクリックしてFinderを開き、Finderウィンドウの左側のRARファイルが保存されているフォルダをクリックします。
    • 該当のRARファイルを開くために、いくつか別のフォルダをクリックする必要があるかもしれません。
  7. 7
    開きたいRARファイルを撰択しましょう。FinderウィンドウでRARファイルをクリックしてファイルを撰択しましょう。
  8. 8
    画面の左上にあるメニュー ファイル をクリックしましょう。
  9. 9
    「ファイル」ドロップダウンメニューの中の このアプリケーションで開く をクリックしましょう。クリックすると、ドロップダウンメニューの右側にポップアップメニューが表示されます。
  10. 10
    ポップアップメニューの中の Unarchiver をクリックしましょう。RARファイルがThe Unarchiverで開きます。
  11. 11
    解凍先を撰択しましょう。ウィンドウの左側でフォルダをクリックします。このフォルダにRARファイルの中身が展開されます。
  12. 12
    The Unarchiverのウィンドウの右下にある 展開 をクリックしましょう。これにより、指定された解凍先でRARファイルがアクセス可能なフォルダに変換されます。解凍が完了すると、通常のフォルダと同じように解凍されたフォルダを開いて内容を確認できるようになります。
    広告

ポイント

  • 厳密には、WinRARの無料試用期間は40日間で、その後は購入を促されます。しかし、多くの試用版ソフトウェアと違い、必ずしも購入しなくても使用継続が可能です。

広告

注意事項

  • RARファイルに含まれているファイルの多くは、スマートフォンやタブレットで開くことができません。
広告

関連記事

How to

画像をJPEGに変換する

How to

Dellパソコンでスクリーンショットを撮る

How to

Adobe Flash Playerのブロックを解除する

How to

Word文書をJPEGに変換する

How to

Excel でアルファベットの小文字を大文字に一括変換する

How to

Illustratorにフォントを追加する

How to

画像ファイル(JPEG)のサイズ変更

How to

Photoshopにフォントを追加する

How to

PDFに画像を挿入する

How to

Microsoft Word文書に電子署名をする

How to

iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる

How to

PDFに文字を書き込む

How to

Adobe Illustratorでハイパーリンクを挿入する

How to

WinZipを使わずにZIPファイルを開く
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は22,929回アクセスされました。
カテゴリ: ソフトウェア
このページは 22,929 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告