Snapchatが使えるように両親を説得する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

Snapchat(スナップチャット)とは、友人に送信した写真が数秒後に消えてしまうという楽しいSNSです。このアプリは楽しめるものの、場合によっては両親が危険性を感じたり、両親から見てあなたが利用するには年齢的に早過ぎると思うこともあります。Snapchatアプリをダウンロードしてもよいかどうかを丁寧にお願いし、妥協策を提案して両親を説得すれば、あなたがSnapchatを使うことに関して少しは安心してくれるはずです。

パート 1 の 2:
両親にお願いする

  1. 1
    責任感がある姿を両親に示す あなたが責任感に欠けていれば、両親はSnapchatを使わせてくれるはずがありません。よい振る舞いを両親に見せれば、Snapchatを使うことに関しても信用してもらえるでしょう。家事や宿題をこなし、家の雑用も手伝いましょう。このような行動により、あなたには責任感がありSnapchatを使う際にも適切に対処できることを両親に示せるでしょう。[1]
    • InstagramやFacebookに不適切な内容を投稿してはいけません。このような行為をしてしまうと、両親はあなたがSnapchatを使うには責任感が足りないと考えるかもしれません。
  2. 2
    適切なタイミングを見計らって両親にお願いする 適切なタイミングでSnapchatの話題を持ち出すようにしましょう。両親が忙しい時や半分寝ているような状態の時に頼んではいけません。両親に余裕がある時やストレスを抱えていない時を見計らい、適切なタイミングで聞いてみましょう。
    • 夕食時や車の中などで両親にお願いするとよいでしょう。
    • 「お母さんお父さん、ちょっと話せるかな?」と話しかけてみましょう。[2]
  3. 3
    落ち着いて丁寧にお願いする Snapchatを使ってもよいかを両親に聞く際には、必ず冷静になり礼儀正しくしましょう。駄々をこねる、泣く、またはすがりついてはいけません。お願いごとをする際に丁寧な接し方で理解力のある人に比べ、かんしゃくを起こすような人に対し、両親は反対する可能性が高いでしょう。
    • 「もしかして、Snapchatアプリをダウンロードしてもいいかな?」などと言ってみましょう。[3]
  4. 4
    ほしい理由を説明する Snapchatを使う正当な理由を考えます。Snapchatにより人との繋がりができ、友人グループの輪に加わることができる旨を両親に説明しましょう。Snapchatを利用すると友人と更に仲良くでき、学校で新たな繋がりを築けることを話しましょう。通常のメッセージ送信よりもSnapchatの方が相手の行動を確認できるため、人と連絡をとるには非常に便利である旨を説明しましょう。[4]
    • 「学校でほとんどの人がSnapchatアプリを使っているのに、自分は持っていないから会話や友人グループから外されている気がする。Snapchatがあったら人と繋がれるし、学校の他の生徒とも仲良くなれる」などと言ってみましょう。
  5. 5
    責任をもってSnapchatを使う旨を説明する 両親は、Snapchatの写真が瞬時に消えてしまうことを心配しているのかもしれません。写真が瞬時に消えるということは、大勢の人がSnapchatを利用してお互いに不適切な写真を送りあっていることを意味しています。不適切な写真は送信しないこと、そして写真は技術的に消えてしまうものの、写真をスクリーンショットで保存する人もいるというリスクがあることも把握している旨を両親に伝えましょう。[5]
    • 例えば、「責任をもってSnapchatを使う約束をするよ。不適切な画像を投稿したり送ったりしない。写真は消えるけど、自分が送った画像を誰かがスクリーンショットで保存するかもしれないこともわかってる。仲のいい友達とだけSnapchatを使うようにする」と言ってみましょう。
  6. 6
    あなたがSnapchatを使うのことに対して両親が否定的である理由を聞く 両親が反対するのであれば、落ち着いて理由を尋ねましょう。両親があなたにSnapchatアプリを使ってほしくない理由がわかれば、ダウンロードさせてもらえるように説得できる可能性も見えてくるでしょう。[6]
    広告

パート 2 の 2:
妥協策を提案する

  1. 1
    制限時間の設定について相談する Snapchatを長時間使い続ける可能性を不安視しているために両親がSnapchatを使わせたくないのであれば、制限時間を含めた妥協案を考えましょう。1日の決められた時間以外はスマートフォンに触らないルールを受け入れるべきです。授業中やベッドに入ってからは絶対に使わないと約束しましょう。
  2. 2
    両親に友人リストを管理してもらうように提案する 両親にSnapchatフレンドを管理してもらえば、このアプリをあなたが使うことに対して安心できるかもしれません。こうすれば、両親が知っている信頼できる人達だけとあなたがやりとりをしていることがわかります。両親が決めるルールには、性別が違う友人をSnapchatに入れない、または両親が会ったことのある友人のみをSnapchatに入れるなどが考えられます。両親が友人リストの確認をすることに同意し、必ずルールに従いましょう。
  3. 3
    Snapchatアプリの設定をプライベートに変えることを受け入れる 友人リストの中の人からだけ写真とメッセージを受け取れるようにアプリの設定を編集できることを説明しましょう。こうすれば、見知らぬ人からランダムにメッセージや写真を受け取ることはありません。
    • 両親が不安を感じる人をSnapchatでブロックできる旨を説明しましょう。[7]
  4. 4
    メディアが発信するSnapchatストーリーを見ないことを受け入れる 両親があなたにSnapchatを使わせたくない理由は、MTVやBuzzfeed(バズフィードジャパン  )などの報道機関が発信するストーリーが原因かもしれません。両親は、このようなストーリーで表示される不適切な内容に対して不安を感じている場合があります。Snapchatが使えるようになっても、このようなストーリーは見ないと約束しましょう。
    広告

ポイント

  • 両親はあなたを愛しており、ただあなたを守りたいだけであることを忘れないようにしましょう。
  • 両親が反対しても、その決断を尊重しましょう。そのことに関してしつこく言い続けてはいけません。
  • 冷静さを保ち、両親がSnapchatをダウンロードさせてくれない理由を聞いてみましょう。正当な理由があるかもしれないため、辛抱強く待ちましょう。
  • 責任感のある姿を両親に見せれば、そのうちにSnapchatを使わせてもらえるようになるはずですが、そうなるためには自分で制約を決めるのではなく、両親のルールに従う必要があります。
  • あなたが投稿している内容が適切かを確認してもらうため、両親にもSnapchatを使うようにお願いしましょう。
  • 知り合いだけをアプリに追加すると両親に伝えましょう。
  • 両親がSnapchatを確認して内容を確認できる旨を提案してみましょう。
  • 両親は何か理由があってSnapchatを使わせたくないのであり、あなたを守りたいだけだということを理解しましょう。
  • Snapchatを使いたい理由を全てリスト化して両親に渡しましょう。きょうだいがSnapchatを使っていれば、「〇〇が使っているんだから、私も使っていい?」と聞いてみましょう。
  • 年齢がまだ低すぎる場合は、Snapkidzを使ってもよいか聞いてみましょう。

広告

関連記事

この記事は役に立ちましたか?

広告