PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

古くて地味なTシャツを新たに生まれ変わらせるには、ブリーチ加工(別名、アシッドウォッシュ、ケミカルウォッシュなど)が最適です。古いTシャツと漂白剤を少量使用すれば、今どき風のタイダイ柄のような模様を作り出すことができます。ブリーチ加工のTシャツを作るのは簡単です。スプレーボトルを使用して漂白剤の溶液をTシャツに部分的に吹きかけたり、Tシャツをゴムで縛ってから漂白剤と水の溶液に浸すこともできます。どの方法を使用するにしても、作業中は常に目、皮膚、衣服、作業場の表面を保護するようにしましょう。 

方法 1
方法 1 の 3:
スプレーボトルを使う

  1. 1
    漂白剤と水の溶液をスプレーボトルに入れる スプレーボトルを使ってブリーチ加工のTシャツを作るには、まず漂白剤と水の溶液をスプレーボトルに入れる必要があります。[1] 同量の漂白剤と水を使用して溶液を作りましょう。[2]
  2. 2
    物が何も入っていないシンクかコンクリートの上にTシャツを置く 重要なのは、漂白剤で変色する可能性のあるものに触れない場所にTシャツを置くことです。シンクの中や屋外のコンクリート板の上にTシャツを置くのが最適でしょう。[3]
    • Tシャツはクシャクシャにせず、シワが寄っていない状態で平らに置くようにします。こうすると、可能な限り広範囲でTシャツに溶液を吹きかけることができるでしょう。
  3. 3
    Tシャツの好きな場所に溶液を吹きかける Tシャツを適切な場所に置いたら、漂白剤の溶液を吹きかけます。Tシャツ全体に溶液を吹きかけますが、部分的に漂白剤をかけないようにします。特定の箇所の色を他の部分よりも明るく仕上げたい場合は、その箇所を集中的に漂白剤の溶液を拭きかけましょう。[4]
    • Tシャツに溶液を吹きかける際は、デザインを考えるよりも適当なパターンで吹きかけましょう。こうすると、ブリーチ加工したTシャツが特徴的な汚れた感じのデザインに仕上がります。
  4. 4
    漂白剤の効果が出るのを待つ 溶液を吹きかけた部分に漂白剤の効果が現れるまでには少々時間がかかります。[5] 長く放置するほど、Tシャツの特定箇所が明るい色になります。最低10分間は放置して、漂白剤の効果が現れるのを待ちましょう。[6]
    • 必要に応じて10分後に再度Tシャツに溶液を吹きかけ、さらに10分間置いてからすすいで洗ってもよいでしょう。こうすると、ブリーチ加工したTシャツに立体感が出ます。
  5. 5
    Tシャツをすすいで洗う Tシャツに溶液を吹きかける作業が終わり、しばらく放置して漂白液の効果が現れたら、Tシャツをすすいで洗う必要があります。十分な量の水を入れたシンクかバケツにTシャツを入れてから絞ります。[7]
    • 再度すすぐ場合は、同じ水を使用してはいけません。1度すすいだ後の水には漂白剤が多く残っているため、同じ水にTシャツを入れるとデザインが損なわれる可能性があります。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
バケツと輪ゴムを使用する

  1. 1
    Tシャツをひねるかクシャクシャにして輪ゴムで固定する バケツを使用する方法はシャツの絞り染めに似ていますが、輪ゴムを複雑な形で固定したり、Tシャツを特定の形にしてからねじる必要はありません。ただ好きなようにTシャツをクシャクシャにしたりねじってから、ボール状にして輪ゴムで固定しましょう。[8]
  2. 2
    漂白剤と水をバケツに入れて混ぜ、溶液を作る ブリーチ加工のTシャツを作るには、同じ割合の漂白剤と水の溶液が必要になります。バケツの中で溶液を混ぜましょう。[9]
  3. 3
    Tシャツを溶液に浸す 次に、クシャクシャにしたTシャツを溶液に入れて完全に沈めます。Tシャツが溶液に浸っているかどうかを確認しましょう。[10]
  4. 4
    Tシャツを溶液から取り出して干す Tシャツを溶液から取り出し、輪ゴムを外します。次に、屋外や溶液が垂れてもよい場所に干して乾かしましょう。[11]
    • 漂白剤により損傷を受ける可能性のある場所の上にTシャツを干してはいけません。溶液が滴り落ちても構わない場所に干すようにしましょう。
  5. 5
    デザインを引き立てるには、漂白剤の原液を吹きかける 漂白剤の効果をどれほど出したいかにもよりますが、Tシャツを干した後は10~20分間程度乾燥させます。次に、漂白剤の原液をキャップ1杯分(または大さじ数杯)、Tシャツの前面に振りかけましょう。[12]
    • さらにデザインを引き立てるには、この工程を複数回行います。漂白剤を振りかけてから10分間放置し、再び漂白剤を振りかけてからTシャツをすすいで洗いましょう。
  6. 6
    Tシャツをすすいで洗い、乾燥させてから着用する Tシャツに漂白剤の効果が出た後は、バケツかシンクに十分な量の清潔な水を入れてからTシャツを浸して絞り、洗濯機に入れて通常コースで洗います。洗濯後にTシャツを乾かせば、いつでも着用できます![13]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
安全を確保し、最高の仕上がりにする

  1. 1
    保護具を着用する 漂白剤は苛性であるため、目、皮膚、肺を刺激する恐れがあります。さらに衣服、カーペット、家具、その他の物の表面が変色する可能性もあります。作業を始める前には必ず保護メガネ、手袋、着古しの服を着用するようにしましょう。[14]
    • また、床や他の場所の表面を保護するために古新聞やキッチンタオルを置くようにしましょう。
    • 屋外で作業する場合は、漂白剤が地面についても問題ないでしょう。
  2. 2
    換気のよい場所で作業する 漂白剤の臭いを吸い込むと肺が刺激され、頭痛を引き起こす可能性もあります。屋内で作業する場合は窓を数ヶ所開け、扇風機などをつけて換気をしましょう。[15]
    • 屋外は風通しがよいため、外での作業を検討するとよいかもしれません。
  3. 3
    濃い色や大胆な色のTシャツを選ぶ この作業では、色付きのTシャツを使用することが重要です。白いTシャツを漂白してもさらに白くなるだけです。Tシャツの色が濃いほど、印象的な仕上がりになります。
    • 黒、青、赤、紫、オレンジ、緑などのはっきりとした濃い色を選択するようにしましょう。
    • ラベンダー色、淡青色、薄ピンク、クリーム色、ライトグレーなどの薄い色合いやパステルカラーは避けるようにしましょう。
    広告

必要なもの

スプレーボトルを使用する場合

  • スプレーボトル
  • 漂白剤
  • 物が何も入っていないシンク、またはコンクリート板(作業場として使用するため)
  • 手袋
  • 保護メガネ
  • Tシャツ

バケツと輪ゴムを使用する場合

  • バケツ
  • 輪ゴム
  • 漂白剤
  • 手袋
  • 保護メガネ
  • Tシャツ

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
軽石を活用する軽石を活用する
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
生理を早める生理を早める
ワンピースのウエストを詰める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,525回アクセスされました。
このページは 2,525 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告